秋の定番・グレーカーディガンのコーディネートをご紹介します。ロング丈やショート丈など旬なグレーカーディガンコーデのお手本をピックアップしました!

【目次】

グレーロングカーディガンのコーデ


【1】アリュードのグレーロングカーディガン×黒スカート

リブ・ロング・ウエストイン計算された縦ラインで細見えスタイルを実現
アリュードのロングカーディガン・ステファノ モルタリのブラウス・アルトのスカート(三喜商事)、ネックレス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、傘(ヴァルカナイズ・ロンドン〈フォックス・アンブレラ〉)、靴(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グレーカーディガンのカジュアル度を軽減するには、全体を洗練配色にまとめることがいちばん。ブラウスをボトムインして、縦長シルエットを計算しました。

【2】ファビアナ フィリッピのグレーロングカーディガン×グレーパンツ

ライトグレーの気品を授けるソフトな色調の配色テクニック
トップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、カーディガン(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

グレーカーディガンとパンツの、グレーみを帯びた濃淡カーキを繊細になじませるライトグレーのトップス。丁寧に色を重ねたカーキスタイリングは、大人の気品が香るようなたたずまいです。

【3】クルチアーニのグレーロングカーディガン×グレーTシャツ

グレーTシャツを投入するだけで着こなしに抜け感が生まれる
クルチアーニのカシミヤTシャツ・カーディガン・パンツ・オリバー ゴールドスミスのサングラス・ミチノのバッグ・ニナ リッチの靴(ストラスブルゴ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

グレーのTシャツと、温もりのあるグレーの柄カーディガンの組み合わせが、休日らしいリラックス感を生んで。いつもならスポーティーなカットソーを合わせていたところを、カシミヤTシャツに変えるだけで、スタイリッシュかつ大人の余裕が感じられる着こなしに。ワイドクロップドパンツで抜け感を与えましょう。

ショートグレーカーディガンのコーデ


【1】ブルネロ クチネリのグレーショートカーディガン×白カットソー

1枚でも、はおっても映える!ブルネロ クチネリ「ショート丈カーディガン」
「チャコールグレー」のカーディガン・カットソー・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

前開きの深いVネックカーディガンも、実は鎖骨がいちばん美しく見えるバランスが計算されたもの。インナーの白いカットソーが効いて、グレートーンの着こなしに、軽やかな抜け感が生まれます。

【2】ブルネロ クチネリのグレーショートカーディガン×ウッドベージュブラウス

最旬のシック配色とタイトシルエットでつくる絶妙なモード感
「チャコールグレー」のカーディガン・ブラウス・スカート(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

チャコールグレーカーディガン×ウッドベージュブラウスの、コクのあるニュアンスカラー配色が、ひと目で旬を感じさせる装い。堅い印象になりがちなタイトスカートの着こなしに、艶やかなブラウスが優しさを添えてくれます。ボトムインして上半身をコンパクトにすれば、縦ラインがさらに際立って、都会的なキレのあるいい女に。

【3】ブルネロ クチネリのグレーショートカーディガン×カシミヤスカーフ

カシミアシルクの大判スカーフは、無造作な感じでざっくり巻くのがかっこいい!
スカーフ『カレジェアン』《H・オ・カレ》・ピアス(エルメスジャポン)、カーディガン・パンツ(ブルネロクチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

シックなグレーのカーディガンに合わせたいのは、キャメルとネイビーをベースに、オレンジを鮮やかに効かせた、すっきりとした柄ゆきのカシミヤシルクの大判スカーフ。ベーシックな配色で、服と色合わせがしやすく、使い勝手もいいので、おすすめです。素材のやわらかさを生かして、ふんわりとあしらいたいもの。マニッシュなウエスタン巻きに少しアレンジを加えた、ざっくりとした巻き方が、さりげなくてかっこいい。

グレーカーディガンのコーデ


【1】ファビアナ フィリッピのグレーカーディガン×大判スカーフ

0
スカーフ『カレジェアン』《軍神マルス》・ピアス(エルメスジャポン)、カーディガン・パンツ(アオイ〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ダーク目のグレーカーディガンに合わせたカシミヤシルクの大判スカーフのこなれ感は、まさに今の気分。質感を生かしてふんわりと巻くためには三角折りが最適です。やわらかなモノトーンにミントグリーンが爽やかなので、ニュアンスカラーで優しくまとめましょう。

【2】レリアンのグレーカーディガン×ネイビードロストパンツ

ドロストパンツなら、カーディガンジャケットにも違和感なく溶け込める!
カーディガンジャケット(レリアン)、ノースリーブトップス(レキップ)、パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、ピアス・ブレスレット(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ミチノ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ボトムに今どきのディテールが加わるだけで、スーツのボトムをはいているような堅さはいっさいなし! 上品なグレーカーディガンの持ち味も生かされて、リラックスしたオフィススタイルがかないます。

【3】ジョン スメドレーのグレーカーディガン×オレンジAラインスカート

配色のもつ効果や雰囲気が最大限生きるフレンチシックな装い
カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(プティローブノアー)、ブレスレット(ジュリーサンドラゥ アジア パシフィック)、バッグ(エストネーション〈ペラン〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

仕立て映えするダブルフュースのAラインスカートが、グレーのカーディガンをリフレッシュしてくれるコーデです。