「ロンドンに飽きた人は、人生に飽きた人だ」

18世紀のイギリスを代表する作家、サミュエル・ジョンソンの言葉である。確かに何度訪れても、ロンドンという街は、いつも新たな発見がある。

セント・ジェームズは一見ただのオフィス街のような、普通の建物が並ぶ地域だが、ここには英国紳士の文化を担ってきたジェントルマンズクラブの3分の2が集中している。スタイリッシュなレストランや、小さな画廊、洗練されたアンティークショップなどが点在しているが、いったい客がどこにいるのか? と心配になるくらいいつも閑散としているが、わかる人にしかわからないその格好良さ。それもロンドンの魅力である。

何でもない空気が英国らしいキャベンディッシュ・ホテル

ロンドンの魅力は訪れたものにしかわからない独特な空間である

ロンドン中心のジャーミンストリートとデュークストリートの角に位置する「キャベンディッシュ・ホテル」。向かいに、王室御用達の食品デパート「フォートナム&メイソン」、斜め向かいには「アルフレッドダンヒル」、同じ通りには同じく御用達店の「ターンブル&アッサー」「トリッカーズ」などが軒を並べる、まさに紳士の街のホテル。レストラン、バー、ラウンジがありアフタヌーンティーや観劇前のドリンクにも最適。全230室、1泊140ポンドから。時期によって宿泊料が変わるのでホームページで確認を。www.thecavendish-london.co.uk

キャベンディッシュ・ホテルも、同じような魅力を持ったホテルだ。ガイドブックに載ることのない、地味なホテル。外見はお世辞にも魅力的とはいえない、ただの近代的なビルである。

伝統的でも、モダンでもなく、サフィシェント(過不足ない)な空間。自らが決して主張することはないが、必要にして十分。そんなところが非常に英国らしいと思う。デザインやサービスが特段優れているわけでもない。だが、ここの「何とはない」空気感こそが重要なのだ。

ウィリアム王子のご成婚に際し、チャールズ皇太子は、伝統のサヴィル・ロウで仕立てるスーツではなく、あえてシャツで有名な「ターンブル&アッサー」の既製スーツをお選びになられた。これは、ご自身のスタンダード(価値基準)を世に知らしめた。

キャベンディッシュ・ホテルのような空間は男のステイタスである。

関連記事

※2011年夏号取材時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2011年夏号より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク