冬の定番・グレーパンツのコーディネートをピックアップ。人気のグレーチェックパンツ、グレーワイドパンツのコーディネートのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

グレーチェックパンツのコーデ


【1】ファビアナフィリッピのグレーチェックパンツ×グレーニット

アスファルトグレーのスポーティなセットアップは襟元のブローチで華やぎを
コート・ニット・パンツ・帽子・ブローチ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

袖と前身ごろがリブニット、背中側がジャージー仕立てのコートは、フロントのひとつボタン、両肩ラインにボールチェーンの意匠=ルーチェをあしらうなど、凝ったディテールにも注目。チェック柄のグレーパンツを合わせ、さりげなくメンズライクなロンドンテイストを香らせましょう。

【2】エミリオ・プッチのグレーチェックパンツ×グレーチェックジャケット

ウエストマークのデザインが新しい、落ち着きすぎない英国調チェック
ジャケット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ニット(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンチェッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

やや高めのウエスト位置に施された幅広ブラックのあしらいが、端正なチェックのジャケット&パンツから女らしさを引き出すアクセントに。しなやかなビスコース素材も、フェミニンムードを加味してくれます。このジャケット、実は、裏地が色鮮やかなプッチ柄に!

【3】ブルネロ クチネリのグレーチェックパンツ×白ブラウス

0
パンツ『プルアップ テーラードジョガー』・シャツ・ネックレス・ベルト・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

グレーのチェックパンツはゴム仕様のウエストにタックを入れた、程よいテーパード。股上が浅めで腰周りがすっきり見えます。

【4】ブルネロ クチネリのグレーチェックパンツ×白ブラウス

0
パンツ『ルーズ シガレットパンツ』・ネックレス・シャツ・ネックレス・ベルト・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

グレーのチェックパンツは股上が深いルーズフィットなテーパード。前面にだけチェックの装飾を施しています。

ライトグレーパンツのコーデ


【1】I ポール・スチュアートのライトグレーパンツ×ライトグレージャケット

いつものテーラードスーツもバンドカラーのブラウスで今の気分に!
ブラウス(三喜商事〈ピアッツァセンピオーネ〉)、ジャケット・パンツ(SANYOSHOKA〈I ポール・スチュアート〉)、ピアス・ネックレス(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

すっきりとクリーンなネックラインのシルクブラウスが、ベーシックなグレーのジャケット&パンツを新しい印象に。ブラウン×ブルーのバイカラーもおしゃれ感を添えてくれます。華やぎ感を高めたい日は、胸元にさりげなく煌めくジュエリーを。

【2】アクリスのライトグレーパンツ×グレージャケット

0
靴(セルジオロッシ)、ジャケット・パンツ・ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・リング・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

定番のグレーのジャケット&パンツには太く安定感のあるチャンキーヒールのパンプスを合わせると、スーツスタイルのバランスが一新! ワントーンコーディネートにもメリハリが生まれます。

【3】ポール カのライトグレーパンツ×ブルーコート

構築的なリボンデザインとドルマンスリーブが印象的
コート・パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

たっぷりしたドルマンスリーブに、少し丸みを帯びたコクーンシルエットが、モードなエッセンスを感じさせるコートをグレーパンツに合わせて。深みのあるブルーは、派手すぎず、しかも遠目からでもはっとするほど印象的です。襟元の立体的なリボンデザインを生かすように、フロントはスナップボタンですっきりと。

【4】GALERIE VIEのライトグレーパンツ×ライトグレーニット

ブラウン系となじむシックな派手色でベーシックに今年らしさを
エス マックスマーラのコート・マックスマーラのニット・サングラス(マックスマーラ ジャパン)、パンツ(GALERIEVIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)、バッグ(トリー バーチ ジャパン)、靴 (JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

肌なじみのいいライトグレージュのニットは、肩の部分にボタンが施されたデザインです。同系色のグレーのスティックパンツを合わせ、縦ラインをつなげたら、マリーゴールドのチェスターコートをサッとはおって。コニャックブラウンのバッグが、秋配色を盛り上げます。

【5】ストラネスのライトグレーパンツ×マリーゴールド色カーディガン

華やかなプリント柄のセットアップで脱無難なカジュアルを
カーディガン・ブラウス(オルドス ファッション ジャパン)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

シルクにプリントが施されたブラウス×マリーゴールド色のカーディガン。個性あふれるセットアップも、グレーのスキニーパンツを合わせれば、抵抗なく、色と柄とが取り入れられます。パンツの素材はストレッチ加工が施されたフェイクスエード。グレーの濃淡配色がおしゃれなローファーで、足元まで手を抜かずに。

【6】アニオナのライトグレーパンツ×グレーニット

リラックスしているのにエレガンスが漂うクラシカルな色合わせ
ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ラグランスリーブのタートルニットにケープをレイヤードしたかのようなデザインニットは、カシミヤ100%のうっとりするほどの肌触りが自慢です。細身のグレーパンツとのグレージュの濃淡に、さらなる品格を与えるのがこくのあるボルドーのワンハンドルバッグ。上品な配色、クラシカルな小物使いで、ワンランク上のリッチカジュアルが完成します。

【7】GALERIE VIEのライトグレーパンツ×ライトグレープルオーバー

ハイトーンのグレージュに色味はバッグだけ…というフレッシュな遊び心!
プルオーバー(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、パンツ(GALERIEVIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエールアルディ 東京)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

パールがかったグレージュの、気品漂う淡色グラデーションに、メタルの装飾をあしらったブルーバッグが、ワンポイントの差し色アクセントに。ライトグレーのパンツの足元は、グレースエードのフラットシューズで軽快に仕上げるのがコツです。

【8】アクリスのライトグレーパンツ×ダークグレージャケット

新型車発売に先駆けた顧客イベントのため出張へ。きちんとスニーカーで軽快に!
シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、靴(ピエール アルディ 東京)、トランク(サン・フレール〈ファブリカ ペレッテリエ ミラノ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

グレーのジャケット&パンツの背筋をぴんと伸ばしたくなるコーデ。ネイビー&グレーのシックカラーで端正にまとめたぶん、足元はスニーカーでフレッシュな抜け感を。レザーの白スニーカーなら、大人のきちんとした装いにも浮かず、1足あれば、幅広いシーンで頼りになります。

ライトグレーワイドパンツのコーデ


【1】アンスクリアのライトグレーワイドパンツ×ライトグレージャケット

カーディガン感覚で着られるノーストレスなジャケットで格好よく
ジャケット・パンツ(アマン〈アンスクリア〉)、ニット(トラデュイール)、M/G TASAKIのネックレス・TASAKIのバングル(TASAKI)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

袖下から腰位置にあるポケットまでの脇にダーツを施して、腰の丸みを強調するなど細かな配慮を取り入れた、女性らしいシルエットが絶妙のジャケット&パンツスタイル。温もりの漂うフランネル素材のグレーも、上品な印象を与えてくれます。

【2】アクリスのライトグレーワイドパンツ×白ブラウス

淡いグレージュの全身にオレンジ×黒の小物が大人の迫力を導いて
ジレ・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バングル・バッグ(ブルガリ ジャパン)靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

淡いグレージュのロングジレは、着心地のいいカシミヤジャージー。グレーの細身パンツを合わせれば、セットアップ風の着こなしが完成します。インナーをハリのあるコットン100%のブラウスにすることで、緊張感が生まれ、よりシャープな印象に。オレンジは、バッグの部分使いで、最小限にぴりっと効かせて! 

【3】ペセリコのライトグレーワイドパンツ×グレージュコート

グレージュトーンの微差を華やかにまとめるブロンズ小物マジック
ニットコート(コロネット〈アバティ〉)、ニット(オルドス ファッション ジャパン)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、カシミヤのストール(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

黄みグレージュのコートを主役に、赤みのモカグレージュパンツや、辛口のグレーストールを加えた上級センスの着こなし。そんな多色使いも、ブロンズ小物の輝きで華やかにまとまります。

グレーワイドパンツのコーデ


【1】ADOREのグレーワイドパンツ×グレーチェックコート

アドーアのグレンチェック柄コート
コート・パンツ(ADORE)、ニット(ブラミンク)、バッグ(サードカルチャー〈シモネッタ ラヴィッツァ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

上質なブランケットを思わせる、ソフトな起毛感のあるグレンチェック柄の生地をリバー仕立てにしたイタリア製素材のコート。軽くて暖かな着心地と、仕立てのよさから生まれるきちんと感のある表情で、オンオフ問わず活躍します。パンツ、バッグは濃い目のグレーをセレクトして、グレージュに奥行きを。

【2】サルヴァトーレ フェラガモのダークグレーワイドパンツ×グレージャケット

「新しいスーツ」を印象づける、今季を象徴する一着
ジャケット・パンツ・シャツ・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス(ダミアーニ銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

男性的でかっちりとした印象の強かったダブルブレストのジャケットが一新! ウエストシェイプが効いてモダンな印象を与えるダブルのジャケットとボリュームたっぷりのグレーのワイドパンツが、凛とエレガントな印象を醸し出します。

【3】ステラ マッカートニーのグレーニットワイドパンツ×グレーニット

自分へのご褒美にしたいのびやかにくつろぐ時間は、ニットのセットアップで
ニット・ニットパンツ(ステラ マッカートニー ジャパン)、リング(ブルガリ ジャパン)、クッション(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

オーバーサイズのニットとゴムウエストのたっぷりニット素材のワイドパンツは、やわらかで心地いいウール、アルパカ素材。自然と調和するような繊細なニュアンスカラーも、大人の女性を美しく見せてくれます。

【4】ファビアナフィリッピのグレーワイドパンツ×グレージュコート

マニッシュなグレージュコートを贅沢に、女らしく!
取り外し可能なファー襟付きウールカシミヤ混のコート・ニット・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

男前なチェスターコートを、グレージュで女らしい着こなしに。キャメルのバッグの黄色味から、パンツのチャコールグレーの青味まで、トーンの幅を広げつつ、ファー、カシミヤ、レザーのさまざまな質感を取り入れて表情豊かに盛り上げるのがポイントです。