初冬11月にぴったりな服装をピックアップ。ジャケット、コート、スカートやパンツなどのコーディネートのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

11月の服装におすすめのジャケット


【1】ジョルジオ アルマーニのジャケット×白ブラウス

ビジネススタイルにも最適な「ムートンコート」
コート・トップス・パンツ・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

こなれ感だけでなく、エレガントな雰囲気も備わっているので、11月の通勤時のコートとしても活躍のジャケット。ジャケットの軽快感に合わせて、クロップドパンツやフラット靴でカジュアルに仕上げる服装の着こなしもおすすめです。

【2】ebureのネイビージャケット×ネイビーパンツ

女性のさまざまなシーンで美しく着映えられるリアルに活躍する一着
ジャケット・パンツ(ebure)、シャツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス(ボンマジック サロン〈ボン マジック〉)バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈ワンドラー〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ジャケットに袖を通し、前を開けたときの深すぎないダブルの幅やボタンのバランス、肩がけしたときに自然で様になる袖の振りなど、シーンを想定しながら服装を決めたい時の一着に。11月の冬の時期でも心地よく着られるごく薄手のウール素材です。

【3】アクリスのグレージャケット×グレーパンツ

0
靴(セルジオロッシ)、ジャケット・パンツ・ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・リング・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

太く安定感のあるチャンキーヒールのパンプスを合わせると、初冬の11月でも、スーツスタイルのバランスが軽くなって一新! ワントーンコーディネートの服装にもメリハリが生まれます。

【4】ポール・スチュアートのジャケット×黒ブラウス

いつものテーラードスーツもバンドカラーのブラウスで今の気分に!
ブラウス(三喜商事〈ピアッツァセンピオーネ〉)、ジャケット・パンツ(SANYOSHOKA〈ポール・スチュアート〉)、ピアス・ネックレス(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

すっきりとクリーンなネックラインの黒のシルクブラウスが、ベーシックなジャケットを新しい印象にしてくれる服装。ブラウン×ブルーのバイカラーも11月におしゃれ感を添えます。華やぎ感を高めたい日は、胸元にさりげなく煌めくジュエリーを。

11月の服装におすすめのコート


【1】ファビアナフィリッピのローデングリーン・ミドルグレーコート×スカート

ローデングリーン×ミドルグレーの辛口配色がセンスのよさを証明
コート・タートルニット・スカート・ストール・グローブ・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ウールカシミヤのダブルフェースコートと同素材のひざ下丈スカートとのセットアップを主役にした11月にぴったりな服装。カーキに近いローデングリーンとミドルグレーの男前な配色に、さらにストールを加え、グレーの比率を上げることで、より都会的で大人の雰囲気に。足元は重めのブーツでカジュアルに外すのが今年の気分です。

【2】ボッテガ・ヴェネタのグレーコート×黒スカート

厳選された素材と丹念な仕立てでシンプル・ラグジュアリーを表現
コート・ニット・スカート・チェーンウォレット・リング・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

最高級のホワイトカシミヤだけが叶えるえもいわれぬニュアンスカラーと、軽く、しなやかに体に沿うシルエット…。ダブルフェースの生地が今年の11月にぴったりな1枚です。

【3】ジョルジオ アルマーニの黒コート×黒パンツ

メゾンの美学が宿る「ベルベットジャケット」
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ(ジョルジオ アルマーニジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

知的で品がよく、奥行きのある黒ジャケットは、11月に着たいアイテム。インの黒×白のシンプルな着こなしで華やかに仕上げましょう。

【4】マックスマーラのサンドベージュコート×ヒョウ柄スカート

0
マックスマーラのコート・スカート・バッグ・エス マックスマーラのニット(マックスマーラ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

クリーミーなサンドベージュのカシミヤコートは、襟元のグレージュファーが洗練の決定打! 個性の強いヒョウ柄さえ、グレージュトーンならば、こんなにもさりげなく着こなせます。青みが強めのグレージュバッグを投入すれば、より服装の表情が引き締まります。

【5】トラデュイールの黒チェスターコート×黒タイツ

トラデュイールのチェスターコート
コート(トラデュイール)・ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ストール(エルメスジャポン)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

大人の上質な日常服を提案するトラデュイールのつくるチェスターコートは、ドロップショルダーやコクーンシルエットのモダンな味付けが魅力。カシミヤの薄軽ダブルフェース生地だから、11月には、はおりもの感覚で着こなせます。合わせる服装を選ばない上品なダークネイビーのきれいめミモレ丈コート。

11月の服装におすすめのニット


【1】ファビアナフィリッピのブラウンニット×ブラウンパンツ

チェスナッツブラウン×フォックスファーで完成する垂涎のワントーン
ニット・シャツ・パンツ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

まるでマントのように体を覆う、オーバーサイズのローゲージニットは、襟元にフォックスファーをあしらったラグジュアリーなデザイン。シックなチェスナッツブラウンに、シルバーラメを加えているので、動くたびにさりげなく輝きを放ちます。マットなパンツ、艶のあるシルクシャツ…と11月らしく全身をブラウントーンの服装に統一し、それぞれの微妙な質感の違いを楽しみましょう。

【2】ファビアナフィリッピのブラウンニットカーディガン×ベージュパンツ

濃厚なマルサラブラウンにさらに濃淡のブラウンを絶妙に重ねて奥行きを演出
ベルト付きカーディガン・ベスト・ニット・パンツ・グローブ・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

タートルニット×ダブルジップのダウンベストといった完成されたカジュアルに、さらに上からマルサラブラウンのロングカーディガンをふんわりはおって。これぞ冬レイヤードの楽しさ全開! バッグや靴にいたるまで、ニュアンスあるブラウンの濃淡を、ていねいに重ねた着こなしで、11月の冬カジュアルな服装を満喫しましょう。

【3】エミリオ・プッチの黒ニット×ピンクパンツ

おしゃれの楽しさを呼び覚ます奥行きのあるピンクの威力
ニット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、椅子(hhstyle 青山ショールーム〈ClassiCon〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ほんのりスモーキーで絶妙なニュアンスのあるペールピンクのパンツを、控えめになりがちな11月の服装の主役に。ごくシンプルな黒タートルネックニットを合わせ、シャープに引き締めれば、甘いだけではなく洗練された大人の表情で着こなせます。

【4】アニオナのベージュニット×ベージュパンツ

リラックスしているのにエレガンスが漂うクラシカルな色合わせ
ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ラグランスリーブのタートルニットにケープをレイヤードしたかのようなデザインニットは、カシミヤ100%のうっとりするほどの肌触りが自慢。細身パンツとのグレージュの濃淡に、さらなる品格を与えるのがこくのあるボルドーのワンハンドルバッグです。上品な配色、クラシカルな小物使いで、ワンランク上の11月のリッチカジュアルな服装が完成します。

11月の服装におすすめのブラウス


【1】ジョルジオ アルマーニの白シルクブラウス×黒パンツ

主役級の存在感で魅せる「シルクブラウス」
ブラウス・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

着るとバルーンスリーブが空気をはらみ、動きに合わせて裾が揺れるので、とても優美な印象です。そのぶん、ボトルネックや手首に沿うカフ、細身の身幅で全体にメリハリをつけているため、スタイルがよく見えるのも、このブラウスの美点。スウィングピアスが繊細な女らしさを盛り上げます。

【2】MOGAの白ブラウス×黒タイトスカート

0
靴(JIMMY CHOO)、MOGA WASHABLEのジャケット・タイトスカート・ブラウス(MOGA)、ピアス(バーニーズ ニューヨーク〈ソコ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

甲の部分がV字にカットされたシューズは、着こなしにシャープ感を加えてくれる特効薬です。11月は、シンプルな黒のスーツの服装を、「新しい印象」にシフトさせる気持ちで。

【3】ジョルジオ アルマーニの黒ブラウス×黒マント

黒なのにこんなに軽やか!洗練の「ニットマント」
マント・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

黒のシンプルなブラウスには、裾を軽快に仕上げた一枚仕立ての黒マントを。足さばきがよく、歩く度にドラマティックなシルエットが描かれます。前立てにあしらわれたシルクサテンの直線的なラインは、服装の表情を華やかに見せるだけでなく、全身をほっそり見せてくれ、重々しくない11月の服装を演出してくれます。

11月の服装におすすめのパンツ


【1】TAE ASHIDAのツイードパンツ×ツイードジャケット

ウエストマークして着たいやわらかなツイードのスーツ
ジャケット・パンツ(ジュン アシダ〈TAE ASHIDA〉)、ニット (トラデュイール)、時計(DKSHジャパン.ベダ&カンパニー.)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

11月にぴったりなピンクやイエロー、オレンジの色味が入ったツイード素材のジャケットは、薄手でやわらかな風合い。分量感のあるワイドパンツも、落ち感がよく、軽やかでフェミニンな服装の印象に。ベルトでウエストマークするとメリハリが生まれ、さらなるスタイルアップがかないます。

【2】Theory luxeの白パンツ×白ジャケット

こなれ感と洗練を生むニュアンスホワイト
ジャケット・パンツ(Theory luxe)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ティー マット マサキ パリ〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、バングル(バーニーズ ニューヨーク〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZASI X)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

11月でも◎な薄手のウールストレッチ素材で落ち感がよく、体にしなやかに沿うパンツ&ジャケット。コンパクトな肩幅や袖周りが、ロングシルエットのジャケットをすっきりと印象づける服装です。

【3】アンスクリアのグレージャケット×グレーパンツ

カーディガン感覚で着られるノーストレスなジャケットで格好よく
ジャケット・パンツ(アマン〈アンスクリア〉)、ニット(トラデュイール)、M/G TASAKIのネックレス・TASAKIのバングル(TASAKI)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

袖下から腰位置にあるポケットまでの脇にダーツを施して腰の丸みを強調するなど細かな配慮を取り入れた、女性らしいシルエットが絶妙のパンツ。11月の時期に映える温もりの漂うフランネル素材のグレーも、服装に上品な印象を与えてくれます。

11月の服装におすすめのスカート・ワンピース


【1】REYCの黒スカート×黒ジャケット

ごくシンプルなのに表情豊か。大人かわいいブラックスーツ
ジャケット・スカート(REYC)、ブラウス(エストネーション.コル ピエロ フォー エストネーション.)、ネックレス(TASAKI 〈TASAKI〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ふんわりとした上質なウール素材の一着は、黒でもどこか優しい印象。ボタンのないジャケットは、むだを削ぎ落とした美しいシルエットで、11月にうれしいカーディガン感覚ではおれる軽やかさです。ドレープのたっぷり入ったタック入りスカートで、より華やいだ服装に。

【2】ebureのボルドースカート×グレージュニット

ボリュームニット×ひざ丈タイトが導くこなれたかっこよさが魅力
ニット(三崎商事〈チヴィディーニ〉)、スカート(ebure)、スカーフ・バッグ・バングル(ブルガリ ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ドロップショルダーのボリューミーなリブニットと、センタースリットがセクシーなタイトスカートを合わせて、憧れのヴィクトリア・ベッカム風のこなれ感を。まさに11月に旬のボルドー配色の服装で、カジュアルなローゲージニットもぐっと女らしく! 首からのぞかせたボルドーのスカーフで、顔周りをきりっと引き締めましょう。

【3】ニナ リッチの黒スカート×黒ジャケット

モードな黒にはアイコニックな赤を上品に効かせたい
バッグ『コンパ』・ジャケット・スカート・ブラウス(コロネット〈ニナ リッチ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

フレアの袖をあしらった、ボックスシルエットのエレガンスモダンな黒ジャケット&黒スカートに、アイコンバッグで上品な赤を添えれば、11月のパリモードの最旬エレガンスが香り立つ服装に仕上がります。

【4】ニナ リッチの水色サテンスカート×黒ブラウス

愛らしいフォルムのバッグが、優雅なしぐさを引き出す
パープルの水ヘビのバッグ『クティ』・シルクのブラウス・スカート・靴(コロネット〈ニナ リッチ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ドレープが美しいサテンのブラウス&スカートに、ころんとしたフォルムのかわいいバッグで、洗練された遊び心を感じさせる服装。個性的に見えて、どんな服にも似合うバッグ『クティ』は、デイタイムからパーティーまで11月も大活躍。ループハンドルをリングに通して軽くぶら下げたり、ループに手を通したり、クラッチのようにつかんだり…と、いろいろな持ち方ができるのも魅力です。

【5】アントネッリのオレンジワンピース×グレージュコート

オレンジワンピースの派手さを緩和するグレージュの品のよさ
コート(三喜商事〈イレブンティ〉)、ワンピース(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、グローブ(ebure)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ヘリンボーンのツイードコートは、クラシカルなマキシ丈。周囲の人を元気にするほどのパワーをもつオレンジ色とのメリハリ配色で、11月もフレッシュ感を印象づけたい。足元は一段ダークなグレージュのパンプスで引き締めるのがこの服装のポイントです。

【6】ソニア リキエルのマルチカラーワンピース×黒レザーパンツ

トレンドの赤を効かせた大胆なマルチカラーもパリシックなムードで包む
ニットワンピース・レザーパンツ・バッグ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

マルチカラーのボーダーニットでも、大胆な配色ながら黒ベースなので、大人の女性がシックに色柄を楽しめます。ワンピースから短めニットに、半袖に…と、身ごろも袖も、丈を自在に変えられる画期的なデザイン。本格的なニットの季節の11月こそ、ニットの服装のおしゃれの可能性を広げましょう。