冬の定番・ベージュカーディガンのコーディネートをピックアップ。ベージュカーディガンに合う、色とアイテムのコーディネートを一挙にご紹介します。

【目次】

ベージュカーディガンに合う色


【1】ステラ マッカートニーのベージュカーディガン×グレーパンツ

「グレージュ」の豊かさは大人のおしゃれの特権「グレージュ」の豊かさは大人のおしゃれの特権
カーディガン・ニット・パンツ・バッグ(ステラ マッカートニー ジャパン)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ふわもこ素材のベージュのパッチワークカーディガンの幸福感に満たされるコーデ。グレーのパンツでシックに引き締めたら、こっくりとしたキャメルを大ぶりなバッグで投入。インパクトのあるピンクゴールドのボールネックレスでゴージャスな艶を添えましょう。表情豊かなコーディネートが可能なグレージュは、やっぱり大人に許された特権です。

【2】Theory luxeのベージュカーディガン×赤系柄シルクスカーフ

きれい色のシルクスカーフ
カーディガン・ニット(Theory luxe)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スカーフ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ピアス・ブレスレット(ステディ スタディ〈ソフィー ビル ブラーエ〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

地味になりがちなベージュカーディガンでも、赤やオレンジ色が艶やかなスカーフがあれば、表情も明るくなります。

【3】Theory luxeのベージュカーディガン×オレンジミニスカーフ

オレンジのミニスカーフ
カーディガン・ニット(Theory luxe)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、スカーフ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

落ち着いたベージュカーディガンには、鮮やかなオレンジ色のスカーフをスパイス役として投入。いつでもすぐに取り外せるのも「巻き物」の魅力です。陽気なオレンジ色は、着こなしのカンフル剤になってくれます。

【4】ニナリッチのベージュカーディガン×黒バッグ

旬のボリュームシルエットで、上品モードな女らしさをまとう
ウールストレッチのコート・スカート・カシミヤのカーディガン・ベルト・黒×ベージュのバイカラーのバッグ・パンプス(コロネット〈ニナリッチ〉)、ピアス(コロネット〈アントニーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

カシュクール風にウエストマークしたカシミヤのベージュカーディガンが、まろやかな女らしさを添えてくれます。小物には、全体の引き締め役の黒を選ぶのがポイントです。

ベージュカーディガンに合うインナー


【1】ジョン スメドレーのベージュカーディガン×ベージュニット

配色のもつ効果や雰囲気が最大限生きるフレンチシックな装い
カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(プティローブノアー)、ブレスレット(ジュリーサンドラゥ アジア パシフィック)、バッグ(エストネーション〈ペラン〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

仕立て映えするダブルフュースのAラインスカートが、淡いベージュのメランジ調カーディガン×ニットのアンサンブルをリフレッシュしてくれます。

【2】ヴァレンティノのベージュカーディガン×ベージュニット

ジャッキースタイルのような上品なのにどこか新しいフェミニンカジュアル
ヴァレンティノのアンサンブルニット・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベージュのカーディガンとニットというアンサンブルは、それ自体はとてもコンサバティブ。そこに目新しさを感じさせるのが、モードなスタッズディテールです。こっくりとしたグレージュのスタッズ付きニットアンサンブルに合わせたのは、ほんのりくすんだニュアンスが秀逸なイエローのパンツ。スタッズとムートンバッグのチェーンのゴールドに、アクセサリー不要の華やかさが漂います。

ベージュロングカーディガンのコーデ


【1】チヴィディーニのベージュロングカーディガン×オリーブグリーンニット

深いグリーンでつなげたIラインの上下をグレージュが優しく包み込む
カーディガン(三崎商事〈チヴィディーニ〉)、ニット(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈グン ヨハンソン〉)、スカート(三喜商事〈アリュード〉)、ネックレス(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

リブニットのベージュロングカーディガンとタイトスカートを、上下オリーブグリーンでつなげることで、セットアップ風に着こなした上級テクニック。グラデーションとなったネックレスが、グレージュアウターとのつなぎ役になってくれます。

【2】アパルトモンのベージュロングカーディガン×ベージュファーベスト

ファーベストにロングカーディガンを重ね、軽快グレージュ・カジュアル
ロングカーディガン(アパルトモン 東京店〈アパルトモン〉)、ラビットファーのベスト・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、グローブ(ebure〈ガーラグローブ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ベージュのロングカーディガンとファーベストでアウターを2枚重ね。カジュアルな装いが、リズミカルに洗練されます。そんな鮮度を上げるレイヤードで、グレージュの新たな魅力に開眼!

【3】アニオナのベージュロングカーディガン×ベージュニット

ラグジュアリー素材のセットアップアイテムを効果的に装う羨望スタイル
カーディガン・プルオーバー・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・ペンダント・カフ(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(エイケイエイ トウキョウ〈アルカンターラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ミンクファーをあしらったスリーブレスのベージュのカーディガンと、編み地を変えたプルオーバーのカシミヤニットのセットアップは、素材のリッチ感と重ね着による華やかな量感を備えた優秀アイテムです。ミルキーホワイトのパンツをなじませるだけで奥行きが生まれ、豊かで心地のいい装いに。

【4】wbのベージュロングカーディガン×白ワイドパンツ

足首の抜け感を楽しみつつピリッと引き締めるのが旬ボトムをはく大人の常識
靴(アマン〈ペリーコ〉)、カーディガン・ニット(wb)、パンツ(ADORE)、バッグ(ユナイテッドアローズ 銀座店〈フルラ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ゆったりとエレガントなラインが女らしいワイドパンツは、足首ぎりぎりの9分丈が最旬バランス。ボトムにボリュームがあるぶん、足元はきゅっと引き締めることで一気に女らしさが高まります。淡いベージュのロングカーディガンを選んでさらに軽快さをプラスしましょう。

TAGS: