グランドセイコーおすすめメンズ腕時計まとめ。高級感と実用性を両立した日本の高級時計ブランド、グランドセイコー。今回はグランドセイコーのおすすめ腕時計を4選ピックアップしました。フォーマルにもカジュアルにも似合う飽きのこないデザインを、ぜひお楽しみください。

グランドセイコーのおすすめメンズ腕時計


■キャリバー9F

■キャリバー9F
●クオーツ ●ステンレススチール ●ケース径39mm ●デュアルタイム ●10気圧防水 ●SS製ブレスレット ¥370,000(税抜価格、2018年10月12日発売)※世界限定800本

伝統的な太い時分針も、そもそも「9F」の高トルクだからこそ駆動することができたものだ。さらに初めてのGMT針を追加しながら、標準では年差±10秒の時間精度を年差±5秒まで高めた特別精度のムーブメントを搭載。6時位置に掲げたゴールド色の五芒星マークはその証である。

洗練されたデザインが男を魅了する

チャコールグレーの文字盤にイエローの差し色には、従来の「グランドセイコー」観をいい意味で裏切る大胆さが見える。しかも1970~1980年代に高精度の証として採用されていたクオーツマークをモチーフにした、「GS9F」パターンをダイヤル全面に型打ちする、数量限定モデルならではの特別仕様。実は25分位置に一つだけ、25周年を祝う「9F25」の文字が隠れている。 

GMT機能が加わった「9F86」ムーブメント。

 グランドセイコー専用機種として誕生した高級クオーツムーブメントの代名詞「9F」の最新キャリバー。高トルクの「ツインパルス制御モーター」、カレンダーの「瞬間日送り機構」、秒針のふらつきを軽減する「バックラッシュオートアジャスト機構」など、数々の新機軸を盛り込んだ世界最高峰のクオーツムーブメントは、普段は見えなくとも、ゴールド色で美しく仕上げられている。

左/ブラック(SBGN003)と右/ネイビー(SBGN005)、2種の文字盤の通常モデルは3ヶ月遅れての発売が予定されている。GMT機能を持つ同じムーブメント「キャリバー9F86」を搭載。深い色味のダイヤルは美しく、こちらも必見。共通:●クオーツ ●ステンレススチール ●ケース径39mm ●デュアルタイム ●10気圧防水 ●SS製ブレスレット ¥330,000(税抜価格、2019年1月12日発売予定) 

「キャリバー9F86」を搭載した新作のSports Collection GMT、文字盤を彩るデザインを最小限にすることで時計本来の魅力を感じられる。

世界が絶賛した日本の技術力! グランドセイコーから、「キャリバー9F」25周年記念限定モデルが登場

■初代グランドセイコー リミテッドコレクション

■初代グランドセイコー リミテッドコレクション
●手巻き ●プラチナ999ケース×クロコダイルストトラップ ●ケース径 38㎜ ¥3,200,000(グランドセイコー専用ダイヤル)※世界限定136本、参考価格

初代モデルを最新技術で蘇らせたグランドセイコーのプラチナモデル。極めて純度の高いプラチナ999を採用し、ダイヤルには初代でもごく少数にのみ採用された凹型加工のロゴが手元を美しく輝かせてくれる。

ゴールドよりプラチナ時計がイケてるこれだけの理由

■メカニカルハイビートGMT

■メカニカルハイビートGMT
(セイコーウオッチお客様相談室〈グランド セイコー〉)

日本が世界に誇る腕時計の最高峰「グランドセイコー」は、岩手県盛岡市の「雫石高級時計工房」に機械式時計の生産拠点を構えている。写真のモデルのダイヤルには、工房から望む雄大な岩手山の山肌からインスパイアされた放射模様を採用。シンプルながらも叡智が集結した時計は世界中から注目されている名品である。

もの作り日本のすごい名品! 時計、メガネ、楽器ほか10選

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
TAGS: