ネイビーコートを使った冬の装いを、ラグジュアリーマガジン『Precious(プレシャス)』より19パターン集めました。シンプルでいて品よく見えるアウターだからこそ、肝心なのはINに着る服と小物合わせ。インナーやバッグなどの合わせ方もぜひ参考にしてみてください。

【目次】

レディース冬のネイビーコートコーデ


【1】ネイビーファーコート×ブラウス×グレーパンツ

【1】ネイビーファーコート×ブラウス×グレーパンツ
コート・ブラウス・パンツ・バッグ(フェンディ ジャパン〈フェンディ〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

極上のミンクファーが放つ、美しい艶と着映え力は、成熟した女性にこそふさわしい装い。落ち着いたネイビーのファーには、顔色をフレッシュに見せる力もあります。バッグも同色でそろえれば、澄んだ冬の空気に溶け込むような着こなしが楽しめます。

【2】ネイビーコート×ニット×黒スカート

【2】ネイビーコート×ニット×黒スカート
コート・バッグ『ラナウェイ』・別売りのブルーのハンドルストラップ・スカート・サングラス・ニット(フェンディ ジャパン)、ピアス・手袋/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

きちんと感を備えたネイビーコートは、底冷えする寒さの夜も、なめらかな肌触りのミンクファーの襟を立てれば、巻き物いらずの暖かさ。軽量で、アウトポケットなど機能性も満載の『ラナウェイ』バッグで、スマートな洗練を印象づけましょう。

【3】ネイビーコート×グレーニット×黒パンツ

【3】ネイビーコート×グレーニット×黒パンツ
ラメツイードのコート・ラメニット・パンツ・バッグ『モノグラム・サンローラン ミディアム・イーストサイド・YSLカバ』・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

質感のある大きめコートに、足首見せ細身パンツ、温かいローゲージのニットを合わせた、きれいめカジュアル。シンプルでクラシックなデザインの黒バッグを肩からかけて、軽快な着こなしに。

【4】ネイビーコート×キャメルニット×ベージュパンツ×ストール

【1】ネイビーコート×キャメルニット×ベージュパンツ×ストール
コート(トラデュイール)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ストール(エルメスジャポン)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

合わせる装いを選ばない上品なダークネイビーのきれいめミモレ丈コートは、ドロップショルダーやコクーンシルエットのモダンな味付けが魅力。カシミヤの薄軽ダブルフェース生地だから、はおりもの感覚で着こなせます。

【5】ネイビーコート×黒ニット×ベージュパンツ×ハット×ファーストール

【2】ネイビーコート×黒ニット×ベージュパンツ×ハット×ファーストール
アキラーノ・リモンディのコート・フォルテ フォルテのパンツ(コロネット)、ニット(ヴァルカナイズ・ロンドン〈&ドーター〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店)、ストール(CHIE IMAI) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ネイビーコートに今どきのたっぷりとしたワイドパンツを合わせたら、決して地味にならず、遠目からも映える着こなしに。無意識のうちに撫なでてしまうふわふわのロシアンセーブルのストールが、週末のカジュアルスタイルをリッチに輝かせて。

【6】ネイビーコート×グレーワンピース

【3】ネイビーコート×グレーワンピース
コート(ジョルジオ アルマーニジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ワンピース(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・リング(フレッド)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ミニマルなデザインに、カシミヤの最上級のクオリティーが際立つコート。オケージョンを選ばないうえ、38サイズで着丈108cmのロング丈なので、ボトムも選ばない万能選手です。ボタンの留め方を変えると、スタンドカラーコートに。

【7】ネイビーコート×白ニット

【4】ネイビーコート×白ニット
コート・トップス・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

極細繊維のウールを贅沢に使った、一枚仕立てのダブルフェースコート。着物のようなラップデザインで、合わせの部分にあしらわれたシルバー色のDリングがクールなアクセントになっています。軽くてしなやかな生地が体をすっぽりと包み込むミニマルなシルエットを引き立たせるために、合わせるアイテムは極力シンプルに。カットソーやジュエリーでクリーンな白を効かせましょう。

【8】ネイビーコート×ネイビーブラウス×ネイビーパンツ

【5】ネイビーコート×ネイビーブラウス×ネイビーパンツ
コート・ブラウス・パンツ・ベルト(コロネット〈ニナ リッチ〉)、バッグ・靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

なめらかな質感のブラウスと、シルクの繊細な艶が美しいパンツを、溶け込ませるようにレイヤード。深いネイビーの清潔感に加え、ブラウスにあしらわれたスカーフ調のディテールも相まって、かしこまった席にも自信をもって臨める凛々しさが生まれます。ブラウス×パンツと、インが正統なぶん、オーバーサイズコートやショートブーツなどで、ハンサムなアクセントを加えるのが、着こなしを無難に終わらせないコツです。

【9】ネイビーコート×黒ニット×グレースカート

【6】ネイビーコート×黒ニット×グレースカート
コート(ADORE)、ニット(コロネット〈アバティ〉)、スカート(東レ・ディプロモード〈コーニッシュ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、 リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ミモレ丈のノーカラーコートと、ジップアップ仕様の、中綿入りのフード付きジレを組み合わせた一着。セパレートでの着用も可能なので、着回し力も優秀です。コートは、優れた保温性を誇るウールやヤク混のブレンド生地を使用。ジレもセットで着ると、抜群の保温性を発揮! 極寒の日もおしゃれに防寒できます。

ネイビーコートに合わせるインナー


【1】ネイビーコート×レースブラウス

【1】ネイビーコート×レースブラウス
コート(Theory luxe)、ブラウス(レキップ)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ピアス(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ/三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

レザーのスカートを使った、気品漂うオールネイビーのコーディネート。端正なネイビーと、エッジィな表革を組み合わせた意外性が魅力のラップスカートに、ノーカラーのロングコーデと華やぎブラウスを合わせたスタイリングです。甘めのレースブラウスも、一気にモードな印象に!

【2】ネイビーコート×白Tシャツ

【1】ネイビーコート×白Tシャツ
クルチアーニのカシミヤTシャツ・ザ ハイアリンのコート・シヴィリアのデニム・スザンヌ カランのピアス・リング・スティーブン デュエックのリング(ストラスブルゴ)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

繊細なホワイトカラーのカシミヤTシャツは、とびきり贅沢なリラックス感を運んでくれるもの。さらりとはおったネイビーのコートが、カシミヤのナチュラルな美しさを引き出してくれます。

【3】ネイビーコート×グレーニット

【2】ネイビーコート×グレーニット
ニット(クルチアーニ銀座店)、コート(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、シヴィリアのパンツ・ソフィー ブハイのピアス・リング(ストラスブルゴ)、ストール(ウィム ガゼット 青山店〈バルミュール〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、時計(フランクミュラー ウォッチランド東京)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(シシ〈インポッシブル ポッシビリティ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

グレージュと合わせの色の差をはっきりと分けることで、互いの魅力が高まり合うコントラスト配色。定番のシックカラーから、冬の街並みに映える旬のきれい色まで網羅した配色テクニックが、リッチでいきいきとしたカジュアルスタイルへと導きます。グレージュの着こなしを今どきに更新する、錆びない配色センスを手に入れましょう!

【4】ネイビーコート×ネイビーニット

【3】ネイビーコート×ネイビーニット
スカート(アオイ〈マントゥ〉)、コート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ニット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、バングル・ブレスレット(ザ・ショーケース GINZA SIX店〈シェイスビー〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のスカートはシルク混の艶やかな素材感。足さばきのよいラップタイプのデザインです。ボトムスがコンパクトなシルエットだから、トップスにはボリュームのあるファーコートでリッチ感をプラス。タイツも深いネイビーを合わせ、全身をつなげるのが美しく着こなす秘訣。

ネイビーコートに合わせるバッグ


【1】ネイビーコート×アイボリーバッグ

【1】ネイビーコート×アイボリーバッグ
コート・ストール・バッグ『セレリア ピーカブー』・チャーム・ブラウス・パンツ(フェンディ ジャパン)、ピアス/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

新しい年を気持ちよく迎えるために、午前中はデスク周りの整理整頓。清々しい気分でオフィスをあとにして向かった先は上野。予約して、ずっと楽しみにしていた「フェルメール展」のアート鑑賞とディナーで締めくくる年末の至福の時間は、ファーストールでボリューム感のある華やぎを添えたコートスタイルで。

【2】ネイビーコート×シルバーバッグ

【1】ネイビーコート×シルバーバッグ
コート(ebure)、ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ストール (チェルキ〈ピノロッソ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

大人のバランスを意識したビッグシルエットのピーコート。生地は、メリノウールの、繊維の細い16番単糸を使った二重織りメルトンを、ビーバー仕上げにしたもの。クラスブランドも重用する、クオリティーの高いファブリックで、定番ネイビーのピーコートを今年らしくアップデートした自信作です。

【3】ネイビーコート×白バッグ

【2】ネイビーコート×白バッグ
ファビオ ガヴァッジのファーコート・マルセル セラフィーヌのバッグ(ADORE 六本木ヒルズ店)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ニット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

澄みきった冬空にも似たライトブルーで、おしゃれを活性化。ネイビーを合わせ、濃淡ブルーでまとめることで、こんなにも爽快な印象に。パンツルックの日こそ、上質なミンクファーのジャケットで、休日カジュアルをラグジュアリーに仕上げましょう。

【4】ネイビーコート×パープルバッグ

【3】ネイビーコート×パープルバッグ
コート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、トップス(キートン 銀座店)、スカート(コロネット〈アバティ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス(フレッド)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ミンクやレース、タフタ、ベルベットなど、ドレッシーな素材をちりばめても、品のいいネイビーならシックにまとまります。クラシカルなテイストの着こなしこそ、旬のオーバーシルエットのコートの威力で、今どきに仕上げましょう。

【5】ネイビーコート×ネイビーバッグ

【4】ネイビーコート×ネイビーバッグ
コート・ニット・バッグ・タイツ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

チュールブランドならではの巧みなカッティングで、ボディーの縦の切り替えだけで美しいメリハリをつくる、プリンセスラインのコート。流行の装飾的な太めストラップのバッグをアクセントに、ドレスのようなコートを気負わず着こなす、こなれ感が素敵です! 

【6】ネイビーコート×キャメルバッグ

【5】ネイビーコート×キャメルバッグ
コート・ニット・パンツ・マフラー・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

カシミヤ・フリースのしっとりとしなやかなテクスチャーで、未体験の着心地を楽しめるコート。ノーブルなムードに満ちた、オーセンティックなパンツスタイルを、ハイクラスのミラノマダム風に着こなして。バケットバッグやストールで、旬のブラウンを差し色にした配色テクニックも、今年らしさにつながります。