賑やかな夏のシーズンを終え、穏やかな秋から初冬の能登半島は大人の休暇にぴったり。立国1300年を迎えた能登の地で、112年の歴史をもつ老舗旅館「加賀屋」を訪れました。

プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で36年連続1位を達成している「加賀屋」に加え、2015年には別邸として「加賀屋別邸 松乃碧」を開業。こちらも早くもリピーターが続出しているのだそうです。本記事では広報の張原 滋さんに、2つの加賀屋の魅力と、秋冬の能登の楽しみ方を教えていただきます。

■1:贅をつくした華やかな「加賀屋」

穏やかな七尾湾に面する「和倉温泉 加賀屋」(写真提供:加賀屋)
―――まず出迎えてくれるのが、雄大な海と贅沢な空間ですね。

張原滋さん:海に囲まれていて、目の前の船着き場は江戸時代に海からチェックインしていた名残でして。館内では加賀友禅や輪島塗、九谷焼など、石川の伝統工芸をご覧いただけます。昭和56年能登渚亭新築当時は駆け出しだった作家の先生方も、今や人間国宝になられていて稀少な作品となりました。チェックイン後の16時と17時の2回、館内は美術館ツアーを実施してご案内していますので、よろしければお気軽にご参加ください。

チェックインは15時から。天女が舞う輪島塗を掲げるラウンジでひと息
香り豊かなコーヒーに、加賀ならではの金箔に浮かべて優雅な気分に
―――七尾湾を眺めながらのお風呂は格別ですね。特に朝風呂が気持ちよかったです。

張原さん:和倉温泉の開湯は1200年前。特に江戸時代以降、湯治で人気となりました。今も地下の花崗岩に含まれる水晶をくぐり抜け、透明なお湯が絶えることなく湧き出ています。〝海の温泉〟ならではの豊富な塩分が特長で、冷えの改善のみならず、傷や皮膚病に作用する殺菌効果、毛穴を引き締めて肌をなめらかにする美肌効果が女性のお客様に喜ばれていますね。

露天風呂のほか、大浴場からも海や能登島の風景を堪能(写真提供:加賀屋)
―――北陸は海鮮がおいしいと知っていたつもりでしたが、想像以上。遠方にはなかなか流通しないものもあって感動がありました。

張原さん:秋は甘エビやのどぐろなどの魚介に松茸が旬、冬はいよいよカニが解禁になります。寒ブリもぜひ召し上がっていただきたいですね。少し先ですが、春はフグが特におすすめです。フグといえば下関のイメージがあるかもしれませんが、実は漁獲量日本一は石川県でして。お肉好きの方には、黒毛和牛の能登牛もきめ細かい肉質と上品な脂で好評です。

料理イメージ。旬の地のものにお酒がすすみます(写真提供:加賀屋)
―――お部屋食のプランが多いと思いますが、割烹のカウンターで板前さんに食材や地域のことをいろいろ教えてもらって、お話ししながらいただくのもすごく楽しかったです。

張原さん:「お部屋ではプライベートな時間を大切にしたい、だから食事は別会場で楽しみたい」「メイン料理はそれぞれ好きなものを選びたい」といったお客様に向けて、この10月に割烹がリニューアルしました。お部屋食だけでなく、割烹での食事プランもご用意しています。

リニューアルしたばかりのメインダイニング「四季亭」(写真提供:加賀屋)
気に入った地酒があれば、館内の売店で買うことも可能
―――ちなみに寝具がエアウィーヴだからかすごく快適で…! いつも旅先では眠りが浅いのですが、恥ずかしながら、ベッドに入ってすぐ爆睡してしまいました。

高反発で寝返りがしやすいので、腰痛が気になる方にもご好評をいただいています。こちらは本館だけに全室導入していて、お布団のお部屋もあります。

■2:大人のための静謐な寛ぎ「加賀屋別邸 松乃碧」

松乃碧のエントランスギャラリーには、美しい工芸品の数々が
―――ひとり旅やふたり旅で、プライベート感を大事にしたい人には「加賀屋別邸 松乃碧」が人気だとか。たくさんの人で賑わって活気のある加賀屋本館とはまた違って、本当に静かで穏やかですね。

張原さん:「美術館に泊まる宿」をコンセプトにした31室の小規模な旅館で、ご利用は中学生以上の方限定とさせていただいております。加賀屋では到着からお見送りまでひとりの客室係が担当し、昔は「お帰りまでに10回のお茶は出すように」と言われたものですが、今の時代はプライバシーを守りたいというお客様も少なくありません。こういったお客様に合わせて、別邸である松乃碧はウェルカムドリンクはロビーで、お食事はお食事処で加賀屋流のおもてなしをご提供し、あえてお部屋でのサービスをなくしています。お部屋の中ではセルフで楽しんでいただけるものを充実させました。

また、インクルーシブスタイルで、お食事とのペアリングはもちろん、お部屋の飲み物やお茶室でのお抹茶のサービスまでご宿泊料金に含まれますので、追加代金のご心配なく過ごしていただけます。

開放感のあるラウンジ。目の前には国宝「松林図屏風」をモチーフとした庭園
飲み物もすべて含まれるインクルーシブスタイル。シャンパンやワイン、日本酒からソフトドリンクまで充実
おとなの塗り絵。日常を忘れて無心に!

 

―――その点、家族や大切な人へのプレゼントとしての宿泊時は特にありがたいですね。相手に気を遣わせずにすみます。お抹茶といえば、珍しい海を望むお茶室での体験は、墨絵のような景色に見とれてしまいました。別天地だなと。

張原さん:加賀藩主、前田家ゆかりの茶室を移築したものです。といっても、椅子もご用意していますし、作法はどうぞお気になさらず、お茶を体験していただき興味や学びのきっかけになればという思いです。この場所ならではの思い出ができると、娘さんから母娘旅の贈り物としてもお選びくださる方も多くいらっしゃいますね。

茶室からの景色。雨の日の墨絵のような風景も趣深い
前田家十四代藩主、慶寧公の四女・慰姫様のお行儀見習いの場だった茶室で、本格的な茶道を体験

 

モダンな和室。マッサージチェアや上質なアメニティ付きで心地いい(写真提供:加賀屋)
海と空に溶け込み、まるで穏やかな七尾湾に浮かんでいるかのような露天風呂(写真提供:加賀屋)
―――では、最後に能登ならではの見どころについて教えてください!

張原さん:能登は万葉集にも詠まれた歴史ある地で、2018年には能登国が誕生して1300年を迎えました。年度内は記念の「能登ふるさと博」を開催しており、神社仏閣の名宝の公開、神事やお祭り、白米千枚田のライトアップ、輪島のかにまつりなど各地でさまざまなイベントを実施しています。紅葉も見ごろですので、温泉や御朱印めぐりなどとあわせて、日ごろのお疲れを自然豊かな能登で解放していただけたらと思います。

関連記事

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
宮島直史
EDIT&WRITING :
佐藤久美子