最近、掲示板サイトやSNSで「職場にいる迷惑な人」というトピックが話題になっています。トピックを立てた人は、「先輩からマルチ商法に誘われて困っている」とのことで、「同じような方、いらっしゃいませんか?」と問いかけています。

仕事を教えてもらう立場である後輩からしたら、先輩の誘いを断って、雰囲気が悪くなったり仕事しづらくなったら……と思うと、ただただ困ってしまいますよね。

このように、職場で周囲を困らせてしまったり、知らず知らずのうちに迷惑をかけて不快にさせているようなことはないでしょうか? 当てはまることがないか、自分の行動をチェックしてみましょう。

実は職場で「迷惑に思われている人」の特徴6パターン

■1:噂好き

よく知らない人のことをしょっちゅう話題にしていない?

特に女性に多いのが、このタイプのよう。周囲の人のプライベートをあれこれと詮索したり、「ここだけの話なんだけど」と他の社員の噂話を始めるような人、いますよね。休んだ翌日に「あなたの悪口誰それがいってたよ!」とわざわざ教えに来る人や、辞めた人のその後を調べて発表する人もいるとか。

「人の噂は蜜の味」という言葉もあるように、噂話で盛り上がる側面もあるのかもしれませんが、そういった話ばかりしている人は、「自分のことも、誰かに話しているんだろうな」と思われ、敬遠されます。必要以上に人のことは詮索しないのが職場の大人同士のマナーです。

■2:愚痴や悪口ばかり言う

会社は何もかも思い通りになるところではない

仕事をしていれば、理不尽な目にあったり、苦手な人とやりとりしなければならないこともあります。だからといって、周囲に愚痴ばかりこぼしたり、特定の人の悪口ばかり言っていると、周囲をウンザリさせてしまいます。

あえて周りが揉めるように誰にでも陰口を叩く人や、「あの人のことはあなたも嫌いだよね?」といった感じで悪口の同調を求めてくる人もいますが、そこに乗っかってしまうと、同じように「陰口・悪口を言う人」と思われてしまうことも。うまくスルーすることを心がけたほうがよさそうです。

仕事で嫌なことが続いて、ついつい愚痴っぽくなってしまうときもあるかもしれませんが、周りが引いていないか、ときには客観的に自分の言動を確認してみましょう。

■3:機嫌の良し悪しが激しく、表に出る

誰でも気分の浮き沈みはあります。ですが、機嫌が良いとこちらの作業中でもお構いなくちょっかいを出してくるのに、機嫌が悪いと挨拶しても無視する……といった具合にあからさまに機嫌の良し悪しを態度に出されると、周囲はいい気持ちがしないですよね。

機嫌が良ければいいですが、機嫌が悪いことを全面に出されると困りもの。周囲に察してほしい「かまってちゃん」タイプなのかもしれませんが、大人社会でそれは通用しません。大人であれば、ある程度自分の機嫌は自分で処理してほしいもの。周囲に「面倒な人」認定されてしまう前に、自分の浮き沈みを態度に出し過ぎていないか、振り返ってみてください。

■4:生活音がうるさい、においが強い

キーボードは優しく叩いて

パソコンを叩く音、お菓子などを食べるときの音、袋を開けるときの音など、「その人が発する音がうるさい」と周囲に迷惑がられるケースもあるようです。バンとドアを開ける、ドタドタと音をたてて歩くなど、「ガサツすぎて行動のすべてがうるさい」と思われる人も。

「スメハラ(スメルハラスメント)」という言葉もありますが、香水のにおいがキツい、服の生乾き臭がする、夏場などに体臭がひどいなどといったにおい問題も。

これらは本人に自覚がないケースもありますが、周囲は不快に思っているよう。特に香水は、自分で思った以上に香りが強い場合もあります。自分が周囲に「くさい」「うるさい」と思われていないか、今一度チェックしてみましょう。

■5:職場で友達探ししている

友達探しはサークルでやろう

職場の人間関係が良好で、社員同士の仲がいいのはいいことです。しかし、行き過ぎると周囲に迷惑だなと思われてしまうことも。

やたらとLINEグループをつくりたがったり、休日に家に行きたがったりと、プライベートでのつながりまで求めてくる人には、「勘弁して」と思う人も多いようです。なかには、「大人なのに『トイレ一緒に行こう』って……」と学生のようなお誘いにドン引きしてしまった人も。

職場では節度をもった付き合いを心がけ、相手が望んでいないのにプライベートにまで踏み入ることのないよう、注意しましょう。

■6:業務時間なのに離席していることが多い

なんと、なかには「昼間からお酒を飲んだり仕事中に整体に行ったりする」「仕事中にお菓子を食べながらスマホでゲームしている」などという論外な人もいるようです。ここまでひどくなくとも、業務時間に仕事以外のことをするために離席している時間が長いと、周囲からの反感を買います。

「タバコ休憩が長い」「やたらとトイレに化粧直しに行く」「昼休憩に2時間かける」など、「サボっているのでは?」と思われると、仕事をしていない認定されてしまい煙たがられる対象に。適度な休憩は必要ですが、サボっていると思われる行動は控えたほうがいいでしょう。

今回ご紹介した6つのうち、自分もやってしまっていたかも……と自覚することがあれば要注意。職場で迷惑な人と思われている可能性があります。知らず知らずのうちに職場の人間関係を悪化させたり、周囲に不快感を与えないよう、気を付けましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
こばやしあさみ
TAGS: