「イタリアンマダムたちは、トレンドを独自の視点からキャッチすることに長けているように感じます」というのは、長年ミラノを訪れているスタイリストの大西陽一さん。最近では、「トートバッグ人口」が急増したことに驚いたといいます。

「これまではクラシックなバッグを相棒に添えていたようなミラノマダムたちが、一気にカジュアルなトートバッグをスタイリングの主役にしはじめたんです。アイテムチョイスも絶妙に面白いので、見ていきましょう」

「トートバッグブーム」がミラノにも到来!イタリアンマダムの心を掴んだのはどれ!?

世界的な一大トレンドとして注目されているのが「トートバッグ」。一見カジュアルな印象が強いアイテムでもありますが、ミラノの街でもひときわ目を引くオシャレなイタリアンマダムたちは、いつものスタイルに上手に組み込んでいました。ファッションプロに、おしゃれをグレードアップさせるコツを読み解いていただきます。

■1:どんなスタイルにもなじむGUCCIが再熱

コーディネートの主役は超ビッグサイズのトートバッグ

大西さんが見た瞬間に目が釘付けになったというのは、特大サイズのトートバッグをセレクトしたこちらのマダム。

「正直、こんなに大きなバッグをデイリーに取り入れるという発想がなかったので驚きました。写真ではわかりにくいかもしれませんが、彼女は長身でもありましたし、自身のボディーサイズとうまくバランスを取っていたという意味でも、センスが際立っていましたね」

GUCCI(グッチ)カラーがリバイバル

「単品で見るとインパクトのあるバッグですが、同系色のジャケットと合わせるなど、定番アイテムとコーディネートすることで違和感なくなじむ、それこそが、世界的ブームを巻き起こす“不滅のGUCCI(グッチ)カラー”の魅力なのかもしれませんね」

■2:スポーティーに着崩す定番のオンスタイル

バンダナ風味のスカーフがポイント

ハンドバッグを合わせがちなベーシックスタイルに、カジュアルなムードに方今転換させるトートバッグを合わせたこちらのマダム。

「すごくミラノらしいスタイルだなと思いました。定番を定番で着ずに、あえて独自のアレンジを効かせる、そのお茶目な遊び心が見ていて楽しいんですよね。彼女の場合は、バンダナ柄のスカーフを首元に巻くなど、ストリートトレンドを大人流に解釈している、その自由さが素敵だと思います」

■3:真逆なムードのテイストミックスで遊ぶ

ストリートトレンドを独自に取り入れる

「女性のなかで、ダブルのジャケットが流行っていますよね。クラシックなメンズの王道アイテムを、スニーカーやアメリカンコミック柄のバッグで外す、その感性が素晴らしいと思います。'70〜'80年代ブームを自分のスタイルのなかに落とし込んでいる、その玄人テクニックはさすがです」

フォーマルに真逆なムードのアイテムを合わせて共存させてしまう、そのセンスは、ミラノマダムから学びたいポイントです。

おしゃれなイタリアンマダムたちは、デイリーの着こなしにトレンドアイテムを組み込むことで、それぞれのスタイルをアップデートしていました。自由な発想でファッションを楽しむ彼女たちの着こなしを参考に、今年はハンドバッグではなくトートバッグを選んでみてください!

関連記事

この記事の執筆者
『メンズプレシャス』創刊時から携わる、ファッションスタイリスト。年2回行われる、メンズファッションの国際展示会・ピッティ ウオモやミラノ コレクションに行くなかで、気づけばストリートスナップの撮影がライフワーク化!? 最近では、男性目線で紐解く「ヨーロッパの素敵なマダム」の着こなし分析に夢中。
PHOTO :
大西陽一
EDIT&WRITING :
石原あや乃