著名なアーティストとコラボレーションするなど、常に最先端の取り組みで話題を集めるLOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)からは、ハッピーオーラ全開のポップな新作コレクション「LOUIS VUITTON NEW WAVE(ルイ・ヴィトン ニューウェーブ)」の財布が登場。

今回は、人気の高い「長財布・二つ折り財布・三つ折り財布」の3大スタイルにフォーカスしてご紹介します。これから訪れるクリスマスのギフト選びや、年末年始の買い替えの参考にしてみては。

見ているだけで心踊る「ルイ・ヴィトンのポップな財布」は音楽がテーマ、クリスマスギフトにも最適!

 LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)の新作財布

1854年の創業以来、長年継承されてきた「アート・オブ・トラベル(旅の美学)」という、メゾンの軸となる精神性が投影された「ルイ・ヴィトン ニューウェーブ」コレクションは、当時インパクトを与えた、波のようにうねる幾何学的なモチーフがあしらわれたトランクからヒントを得たといいます。

なめらかなウエーブがキルティング加工されたラムレザーのボディーに、1980年代の享楽的でカラフルなエッセンスが加わりモダンにアップデートされたのが、こちらのコレクション。フレッシュな見た目が目を引く財布シリーズは、現代的にアレンジされた機能美に長けた中身の仕様も高ポイントです。

ここでは、定番の長財布から人気急上昇中のミニサイズまで、気になる3タイプを比較していきます。

■1:クラッチにも変貌を遂げる「超万能な長財布」

長財布「LOUIS VUITTON NEW WAVE LONG WALLET(ルイ・ヴィトン ニューウェーブ ロング・ウォレット)」【縦10.5×横19×マチ2cm】¥118,000(税抜)

デイリー使いとして圧倒的に支持されているのは、カード類や領収書などが難なく収納できる、「超万能な長財布」です。着脱できるストラップがセットになった新作なら、仕事時のランチタイムや、気分を変えて出かけたいナイトシーンまで、それぞれのムードに合わせて使い分けられるのが女性の心をぐっと掴むポイント。
レインボーカラーで彩られた「Vuitton」のアクセントが、ハッピームードも運んでくれそうです。

仕様メモ
・ジップポケット1
・ガセットコンパートメント2
・フラットポケット2
・カードスロット12
*取り外し可能なストラップ付き

■2:ミニバッグにインできる「手のひらサイズの二つ折り財布」

二つ折り財布「LOUIS VUITTON NEW WAVE ZIPT COMPACT WALLET(ルイ・ヴィトン ニューウェーブ ジプト・コンパクト・ウォレット)」【縦8.5×横11×マチ2cm】¥71,000(税抜)

トレンドのミニバッグに忍ばせたいのは、「手のひらサイズの二つ折り財布」。お金もカードも、必要なものがコンパクトに収納できるデザインなので、ひとつもっておくことで、ミニバッグブーム最大の悩みとしてあげられる「財布が入らない問題」から逃れることができそう。

さらには中身がこぼれ落ちないジップアラウンドタイプなので、海外出張が多いキャリア女性も安心して使えます。ライフスタイルをサポートする強力な相棒として迎え入れてみては。

仕様メモ
・ガセットコンパートメント1
・カードスロット4
・フラットポケット2
・お札入れ1
・コイン入れ1

■3:ヴァケーション用に新調したい「高機能な三つ折り財布」

三つ折り財布「LOUIS VUITTON NEW WAVE COMPACT WALLET(ルイ・ヴィトン ニューウェーブ コンパクト・ウォレット)」【縦9.5×横12×マチ1.5cm】¥87,000(税抜)

年末年始のリゾート旅に持って行きたいのは、薄型で「高機能な三つ折り財布」。トロピカルなムードあるヴィヴィッドカラーが、旅気分を盛り上げてくれます。ポケットにも滑り込ませやすいので、荷物をコンパクトにまとめて過ごしたいビーチタイムや、ホテル周辺を手ぶらで散歩するときにもストレスフリーで出かけられそうです。

最高の思い出づくりにひと役買ってくれそうな財布を、今年こそは旅のお供に選んでみて。

仕様メモ
・カードスロット6
・フラットポケット2
・お札入れ1
・コイン入れ1

今回は、ルイ・ヴィトンの新作のなかから、高機能な3タイプの財布を比較してご紹介しました。キャリア女性の日常に寄り添うの才色兼備な財布は、ホリデーギフトに贈っても喜ばれそうです。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
木村 慎
EDIT :
佐野有紀
EDIT&WRITING :
石原あや乃