優しい印象のベージュと知的なグレーとの中間色・グレージュは、まろやかなトーンが温もりをアップするので休日のおしゃれに最適。ただ、取り入れ方を間違えると、まったり&ほっこりしすぎて全体的にゆるいコーデになってしまいがちです。

そこで、グレージュのアイテム着用時に重要なのが、装いにメリハリを生む小物使い。実は、小物でコクや煌めき、ニュアンスを加えることで印象が大きく変わるのです! きちんと感を出したいなら、ぜひ以下のグレージュを洗練させるテクニックをマスターしてみてください。

グレージュが最高に輝く「おしゃれ小物使いテクニック」6選

■1:「メンズライクなフェルトハット」を加えて装いにハッとさせる意外性を出す

ハット¥39,000(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店)、ニット¥85,000(ブラミンク)、ピアス¥122,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

例えばグレージュのカシミヤニットにジョガーパンツ。そんな気どらない休日の着こなしをおしゃれに盛り上げてくれるのが帽子です。絶妙な色にもフォルムにもセンスが宿る「フェルトハット」を合わせたら、美人力がアップします。

■2:「カジュアルシューズ×ビジューソックス」で足元から新しいセンスを漂わせる

ソックス¥26,000・パンツ¥59,000(IZA〈ヌメロヴェントゥーノ〉)、靴¥110,000(ヒラオインク〈クレジュリー〉)

余裕のある休日であればこそ、おしゃれ心を全開にして新しい着こなしにもトライしてみましょう。マンネリになりがちな足元のおしゃれも見直しを。遊び心たっぷりにマウンテンシューズに煌めくソックスを合わせたら、足元が軽やかになっておしゃれが断然、小粋に仕上がります!

■3:「黒の大ぶりペンダント」を効かせてリラックスコーデの中にモダンな華やぎを演出する

ペンダント¥25,000(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、リング¥13,000・ピアス¥24,000(ジョージ ジェンセン ジャパン)、ワンピース¥74,000(グルッポタナカ〈アプンティ〉)、Tシャツ¥8,500(サザビーリーグ〈ベアフット ドリームズ〉)

心地よさは抜群だけど、ややほっこりしすぎかも……。そんな「休日グレージュ」のコーディネートに切れ味を加えたいときの特効薬が、大ぶりの黒アクセサリー。存在感のあるロープ状のチェーンに大ぶりのサークルモチーフの付いたペンダントなら、洗練を約束してくれます。

■4:動くたびに光を放つ「ダイヤモンドバングル」を加えてリッチ感を高める

バングル¥1,590,000・リング¥285,000(ブルガリ ジャパン)、ニット¥86,000(ステラ マッカートニー ジャパン)

シンプルな「グレージュ」の装いに添えたいのが、着こなしに溶け込みながら白い光を放つ、ホワイトゴールド×ダイヤモンドのジュエリー。しなやかなテニスブレスレットより、むしろバングルのようなシャープで硬い光のほうが効果的です。その大きな効果を実感してください。

■5:「ニュアンスカラーのサングラス」を加えて知的なクール感を加味する

サングラス¥25,000(EDITION 表参道ヒルズ店、〈ブラン フォー エディション〉)、コート¥430,000(ロンハーマン〈カール ドノヒュー〉)、ニット¥46,000(コロネット〈アバティ〉)、ピアス¥110,000(ジョージ ジェンセン ジャパン)

「グレージュ」のやわらかな印象を壊さず、もう少しインパクトを加えたいという日は、まろやかな色味のサングラスを厳選しましょう。コンテンポラリーなデザインで、グレーのレンズ×モカのテンプルの組み合わせのこんなニュアンスカラーのサングラスなら理想的です。

■6:うっとりするほどフワフワの「ミンクファーバッグ」で着こなしをこっくりとリッチにする

バッグ¥270,000(ドゥロワー日本橋店<シモネッタ・ラヴィツア>)、ピアス¥24,000(ジョージ ジェンセン ジャパン)、ワンピース¥74,000(グルッポタナカ〈アプンティ〉)

マチなしのソフトなフォルムもかわいいミンクファーバッグは、さりげない艶と奥行きのあるチョコブラウン。この濃厚な色味とミンクのリュクスな風合いが「グレージュ」の着こなしにコクを授けてくれます。郊外の別荘から気軽なレストランやカフェを訪れるときの相棒にぴったりです。

ゆるすぎると、どうしてもだらしない印象になりがち。今年の冬は上手な小物使いテクニックを覚えて、ワンランク上のグレージュおしゃれを楽しみましょう!

PHOTO :
熊澤 透
STYLIST :
青木貴子(ホワイトボックス)
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
RINA
EDIT :
川村有希子