急激に気温が下がるとファーコートに手を伸ばしたくなりますが、何となく古さを感じ、クローゼットのなかで眠らせている人も多いのではないでしょうか。そんなときに参考にしたいのが、時代に合わせて着こなしをアップデートしているミラノマダムたちの着こなしです。今回は、長年ミラノを訪れているスタイリストの大西陽一さんに、定番アイテムを現代的にアップデートするコツを紐解いていただきましょう。

実は最先端!? 古く見えない「ファーコート」の着こなしテクニックとは

いつの時代でも洗練されて見えるミラノマダムたち。彼女たちの着こなしが整って見えるのは、トレンドをキャッチする感度の高さにありました。早速チェックしていきましょう。

■1:「スポーティー」に着崩す

旬なムードでトレンディにアップデート

街中でもひときわ目を引いたのが、ニューヨーカーのようなカジュアル感をまとったこちらのマダムだったと大西さん。「個性的なアイテムは使っていないのに、シャネルのバッグやスニーカー使いでトレンディーに魅せている。そして、最後に上質なファーコートを肩にかけてスタイルの格を上げる、そのバランス感覚は素晴らしいです!」

手元にあるアイテムを今年風味にアレンジするには、こちらのマダムのようにトレンドアイテムとミックスしたり、着方を変えるなど工夫すると良さそうですね。

■2:「ショート丈」でトレンディーに刷新

ブラック使いでスタイルアップ

「王道のようにも見えますが、ファーのボリュームを計算してボトムスをコンパクトにまとめたスタイルテクニックから、経験値の高さが伺えます」というのは、絵に描いたように美しい、エレガントな装いで登場したこちらのマダム。

「意識的にショート丈のアウターを選んで、今どきなセンスを薫らせているのも上手いですよね。さり気なく腕でかかえたクラッチ使いからも、スナップ常連の余裕を感じさせます」

素材の特性を熟知した、まさに玄人技は、今年参考にしたいスタイルのひとつです。

■3:「永遠のスタンダード」を貫く

自信こそがスタイルのすべて

凛としたスタイルで街中を颯爽と歩くのは、いわゆる超ベテランのイタリアンマダム。「彼女は、ヴィンテージのバッグと靴がすべてを物語っているといっても過言ではない! 地毛さえもファッションの一部として取り入れている自身ある佇いは、只者ではないオーラを放っていましたね。イタリア人にとっては大定番でもあるファーアウターも、今年らしいショート丈を見事自分のスタイルに引き込んでいました」

着慣れたアイテムを中心にコーディネートすることで、自分のスタイルを確立する、その技は盗みたいですね。

「ファーコート」といっても、着こなしも千差万別。まずは、自分のスタイルに馴染ませやすいテクニックを参考にしながら、「古く見えないファーコート」の着こなしを研究してみてください。

関連記事

この記事の執筆者
『メンズプレシャス』創刊時から携わる、ファッションスタイリスト。年2回行われる、メンズファッションの国際展示会・ピッティ ウオモやミラノ コレクションに行くなかで、気づけばストリートスナップの撮影がライフワーク化!? 最近では、男性目線で紐解く「ヨーロッパの素敵なマダム」の着こなし分析に夢中。
PHOTO :
大西陽一
EDIT&WRITING :
石原あや乃