「ミラノの街中では、オーバーサイズのシルエットが目につきました」というのは、長年イタリアを訪れているスタイリストの大西陽一さん。

今年は特に、スーパーロング丈のコートを選んでいる人が多いように感じたと言います。「バスローブがコートになったような、私からするとコートとは思えないような不思議なシルエットのアイテムを、一瞬で街中の視線を引きつけるほど、おしゃれに着こなしているんですよね。やはり、彼女たちのセンスは素晴らしい!」

大西さんも大絶賛するミラノマダムたちの着こなしとは、どんなものでしょうか。今回は、ミラノ発信の「コートトレンド」にフォーカスしていきます。

「スーパーロング丈のコート」がBOOM!ミラノマダム流おしゃれの法則とは?

「パジャマやガウンのような、ナイトウエアブームが、コートスタイルにも浸透している」と、大西さん。早速、イタリアンマダムならではの、独自のセンスが際立つコートスタイルを見ていきましょう。

■1:粋なセンスを放つ「スモーキーグラデーション」

色の駆け引きで一歩リード

男性のバスローブをはおったような、脱力感あるコートスタイルで登場したこちらのマダム。「あまりに意表を突かれたスタイルだったのもあり、一瞬で目を奪われちゃいました」と、大西さん。

「男性的なシルエットなのに、バーガンディーのハットやヒールブーティーなど、エレガントを携えた女性らしい小物選びが玄人ですよね。それから、トレンドを押さえたスモーキーな色使いもさすがです。一般人が真似すると怪我しそうですが、絶妙なワントーン仕立ては参考になりそうですね」

■2:定番を旬にアップデートした「素材の見極め力」

経験値で見分ける素材選び

「一見セオリー通りのブラックスタイルに思いがちですが、ボタンもない、流れるようなガウン仕立てのコートを選んだことで、今年らしくアップデートしています」と大西さん。定番のブラックスタイルをうまく着崩しているその理由は、ひと目でわかる上質素材が決め手だといいます。

「肌なじみの良いやわらかさのある素材が、シャープになりがちなブラックコーデを緩和しています。良いものを熟知しているマダムだからこそ成せる玄人技ですね」

■3:ストリートをエレガントに引き寄せた「鮮度ある女子力」

ストリート感を味方につけた究極のエレガンス

「とにかく、袖のボリューム感に驚きました!」と大西さん。「気になって、気になって……。男性のファッションでは、なかなか見られないシルエットですね。女性らしさがにじみ出る色使いや小物選び、そこまでは理解できるのですが、エレガントをカジュアルダウンさせた、ストリート感あるこのシェイプは新鮮! そこに、バランスよく厚底ヒールでスタイルアップしている、その女子力の高さに脱帽!」

今回は、世界的にも注目されているオーバーサイズのコートトレンドに注目しました。どんなアイテムでも独自のセンスで日常に取り入れてしまうミラノマダムたちは、定番アイテムの上に「スーパーロング丈」のコートをはおることで、今年風味にアップデートしていました。ミラノマダム流のおしゃれの法則をマスターして、いつもと違う着こなしを楽しんでみてください。

関連記事

この記事の執筆者
『メンズプレシャス』創刊時から携わる、ファッションスタイリスト。年2回行われる、メンズファッションの国際展示会・ピッティ ウオモやミラノ コレクションに行くなかで、気づけばストリートスナップの撮影がライフワーク化!? 最近では、男性目線で紐解く「ヨーロッパの素敵なマダム」の着こなし分析に夢中。
PHOTO :
大西陽一
EDIT&WRITING :
石原あや乃