「QLOCKTWO」は、デザイナーのマルコ・ビーゲルトとアンドレアス・フンクによって設立されたドイツのデザインエージェント、ビーゲルト&フンク社の、新しいブランドウォッチとして誕生した。数字などのインデックスを針で指し示すのではなく、文字によって時間を表示するというコンセプトは、2人が長年温めてきた『人々が会話するように時を伝える時計』というアイデアから生まれたものだ。時計工房をドイツのシュヴェービッシュ・グミュントに構え、2009年から掛時計。置き時計の製作を開始。2014年には腕時計に着手し、35×35mmの『W35』と、39×39mmの『W39』がリリースされた。

ドイツのモダンアートウォッチ「クロックツー」

ファインスチール ミラネーゼ

●ケース:ステンレススチール ●サイズ:39×39×9mm ●5気圧防水 ●ストラップ:レザー、ラバー、またはミラネーゼブレスレット ¥135,000

ブラックスチール ミラネーゼ

●ケース:ステンレススチール ●サイズ:39×39×9mm ●5気圧防水 ●ストラップ:レザー、ラバー、またはミラネーゼブレスレット ¥150,000 

カッパー レザー

●ケース:ステンレススチール ●サイズ:39×39×9mm ●5気圧防水 ●ストラップ:レザー、ラバー、またはミラネーゼブレスレット ¥140,000

「QLOCKTWO W」の外観の特徴は、文字盤である正方形のステンレスパネルにある。薄い板状の表面には、一つずつていねいにカットされた110個の文字を配置。一見すると、文字がランダムに並ぶマトリックスしか見えないが、サイドにあるボタンを押すと文字が点灯し、押した回数によって、時間、日付、秒数、電池残量が表示される仕組みだ。例えば現在の時刻が7時30分だとすれば、"IT IS HALF PAST SEVEN"と表示される。文字による表示は5分刻みであるが、文字盤のコーナーには小さなドットライトがあり、一つ点灯するごとに1分を加算していく。"IT IS HALF PAST SEVEN"の表示と同時に、コーナーのライトが4つ点灯していれば、7時34分ということになる。やや複雑に感じるかもしれないが、実際に使用すると直感的に時刻を読み取ることが可能。また、日付表示は月、日ともに、マトリックスを使って数字として表示するなど、ディスプレイは見ているだけでも楽しめる。

 今回のデザイン、機能のリニューアルとともに、新しいコレクションとして「ピュアホワイト」と「ピュアブラック」もローンチされた。

「ピュアホワイト」は、ステンレススチールのマトリックスにホワイトのラッカーを施し、外側にはPVD加工されたゴールド系のプレートを使用。「ピュアブラック」は、ブラックのラッカーが施されたマトリックスと、PVD加工されたゴールド系のプレートを採用している。ストラップはブラックをはじめ、ビビッドなフレッシュグリーン、ブライトオレンジ、ディープレッドを用意。オケージョンに合わせた選択ができる。

 針表示、デジタル、スマートウォッチとも異なるまったく新しい表示をもつ「QLOCKTWO W」。腕時計の新たな愉しみを教えてくれる。

ゴールドホワイト×レザーストラップ

¥107,000

ローズブラック×レザーストラップ

¥110,000

問い合わせ先

※価格はすべて税抜きです。
この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
TAGS: