みなさんは、刺身のツマを食べる派ですか? 食べない派ですか?

最近、SNSや掲示板サイトでは、余りがちな刺身のツマをおいしく食べきれるレシピが話題になっています。そのまま生でサラダ的にいただくものから、味噌汁に入れたり、何かと混ぜて焼いたりなど、意外にもアレンジは多種多様。

インターネット上では食べる派と食べない派で議論になっており、食べない派からは「魚の生臭さや血みたいなのがついていて食べたくない」「あれってお刺身の飾りでしょ?」「ツマをわざわざ食べるなんて貧乏くさい」など、否定的な意見が続出中。

しかし、これだけのアレンジができる万能選手のツマを使わない手はありません。ぜひ食べない派の人も必見です。この食べ方を知れば確実にハマるので、刺身を買ったとき以外でも大根の千切りを食べたくなるはずですよ!

インターネット上で話題になっている「刺身のツマを食べきる方法」10選

■1:大根餅にする

大根餅のイメージ

ツマのアレンジレシピで一番多く挙げられているのがこちらの大根餅。ツマは元々大根が細い千切りになっているものなので、大根餅をつくる上で時短にもなって楽ちんです。

つくり方は簡単、ツマを適当に短く切ってビニール袋やボウルに入れ、そこに塩コショウと片栗粉を混ぜ、熱したフライパンにゴマ油を入れ、ひとつかみ程度の大根を薄く引いて両面じっくりこんがり焼くだけ!

醤油やめんつゆをつけて召し上がってください。ニンジンや青ネギ、シーチキンやソーセージ、チーズなどを入れるレシピもあり、色々なアレンジを楽しむことができます。「モチモチでおいしい」「やみつきになる」と評判です。

■2:切り干し大根にする

切り干し大根のイメージ

ツマをネットに並べて1日干すだけで、糸のように細い切り干し大根ができるのだとか。切り干し大根ができあがったら、定番のお浸しにしたり、サラダや煮物に使ったりと料理の幅もぐーんとアップ! ツマのままよりも日持ちがするので、保存に適しています。

■3:揚げて天ぷらにする

ツマを天ぷらにすると、カリカリふわふわになるとか。ツマは水気を取り、適当な長さに切ってカニカマやオクラと和え、鶏ガラスープや粉チーズで味付けをして水で溶いた天ぷら粉と混ぜ、サラダ油で揚げたら完成! ハムや万能ねぎなどを混ぜてもおいしいです。

■4:揚げてチップスにする

チップスのイメージ

ちょっとしたおつまみ、おやつに最適なのがこのレシピ!

ツマを洗って水気を切り、適当な長さに切ったら、170~180度のオリーブオイルで揚げるだけ。茶色くなったら油から上げて、お好みでパラパラと塩を振りかければ完成です。オリーブオイルをココナッツオイルに替えて、塩を砂糖にすれば、甘いチップスも楽しめます。

■5:味噌汁の具にする

味噌汁のイメージ

最も簡単なのが、味噌汁の具材にするというもの。大根の甘みが出ておいしいそうです。定番のわかめとよく合います。油揚げや椎茸などを入れても美味です。具材のバリエーションで飽きずに楽しめます。

■6:ナムルにする

ナムルのイメージ

ツマを使ってナムルもつくれてしまいます。だし醤油、チューブにんにく、とうがらし粉もしくは一味とうがらし、ごま油、すりゴマを混ぜた液に、洗って水分を絞ったツマを和えるだけ。大根のツマだけでなく、ニンジンや海藻でもOK! おかずを一品足したいときにちょうどいいレシピです。

■7:サラダにする

サラダのイメージ

元々が大根なので、サラダにするのは違和感がないですよね。水菜を切って混ぜ、チョレギドレッシングをかけるとお店で出される大根サラダのようになるとか。ツナを入れても合います。ツマに元々海藻や大葉が入っている場合もありますが、それらもまとめて使用可能です。

■8:チーズをのせて焼く

焼きもののイメージ

大根餅よりもさらに材料が少なく簡単にできるおつまみレシピも。熱して油を引いたフライパンに、チーズ、ブラックペッパーを振ったツマ、チーズの順に乗せて焼くだけ。

チーズが途中で溶けていくので、形を整えながら焦がさないように焼くのがポイントです。チーズがカリッとしたら裏返し、両面が焼けたら完成。ビールとの相性も抜群! カレー粉やわさびマヨネーズを足してより大人なアレンジを楽しんでいる人もいるようです。

■9:炊き込みご飯に入れる

炊き込みご飯のイメージ

炊き込みご飯をつくる際にツマを入れて炊けば、かさ増し&栄養価アップに! ツマを捨てるのはもったいないけど、一品わざわざつくるのも面倒……というときにはおすすめのアレンジです。

食べやすい長さにカットしたツマと、鶏モモ肉、油揚げ、椎茸などをお米・分量の水と共に炊飯器に入れ、本だしや醤油、酒、みりん、砂糖、塩などの調味料を入れて普通の炊き込みご飯と同様に炊くだけ。大根の味はほとんどしないそうなので、大根が苦手でツマを捨てていた人でも楽しめます。

■10:ペペロンチーノにする

ペペロンチーノのイメージ

日本テレビの情報番組『ZIP!』でも紹介された意外なリメイクレシピがこちら。なんとツマでペペロンチーノがつくれるんです。

つくり方はまず、フライパンにオリーブオイル、鷹の爪、にんにくを入れて香りが立つまで炒め、ベーコンを入れて炒めます。ツマを投入して塩コショウで味を整え、お皿に盛ったら好みで黒コショウを振りかけて完成! 麺をツマに替えてつくるので、シャキシャキした食感。ダイエット中にもぴったりの食べ方です。

今までツマは捨てていたという人は、こんなにさまざまな食べ方があることに驚いたのではないでしょうか? ツマは単なる飾りではなく、抗菌作用、臭み消し、食中毒予防の意図があって元々食べることを想定して添えてあるもの。マナー的にも食べてはいけないものではなく、むしろ推奨されています。ぜひ、今回紹介したレシピで、余ったツマを活用してみてくださいね。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
こばやしあさみ