女性らしく可憐に着こなしたいブラウスのコーディネートを、カラー別(黒・白・ネイビー・グレー)にご紹介します。また、人気のボウタイブラウスを使ったコーディネートも取り上げていますのでチェックしてみてください。

【目次】

黒ブラウスコーデ


【1】ニナ リッチの黒ブラウス×水色スカート

【1】ニナ リッチの黒ブラウス×水色スカート
シルクのブラウス・パープルの水ヘビのバッグ『クティ』・スカート・靴(コロネット〈ニナ リッチ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ドレープが美しいサテンのブラウス&スカートに、ころんとしたフォルムのかわいいバッグで、洗練された遊び心を感じさせて。ふるまいが自然と女らしくなるブラウスコーデです。

【2】ミカコ ナカムラの黒ブラウス×グレーパンツ

【2】ミカコ ナカムラの黒ブラウス×グレーパンツ
ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ベルト(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス・イヤーカフ・バングル・ソフィー ブハイのリング(ストラスブルゴ)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

艶めくパンツを主役に、トレンド感が光る着映えスタイルを。ボトムが印象的なぶん、シンプルな黒のシルクブラウスでバランスをとりましょう。

【3】Vinceの黒ブラウス×グレーパンツ

【3】Vinceの黒ブラウス×グレーパンツ
ブラウス(Vince表参道店)、コート(wb)、パンツ(レキップ)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、イヤリング・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ふんわりと軽やかなシャギーコートをはおり、冬の街を颯爽と歩いて。ビルが立ち並ぶモダンな街並みになじむのは、色味を抑えたシックな着こなしです。黒カーキのとろみブラウスやグレーのパンツで、シックカラーの濃淡をつくれば、決して地味にならず、洗練されたスタイルができ上がります。

【4】ヴァレンティノの黒ブラウス×ベージュパンツ

【4】ヴァレンティノの黒ブラウス×ベージュパンツ
ヴァレンティノのブラウス・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・ピアスチェーン/片耳用・リング(フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

黒×ベージュのシックトーンで華やぎシーンに臨むときこそ、ディテールにこだわって。ベージュのパンツは、センタープレスがきいた、キリッとしたシルエットが見事。程よい緊張感が、華やぎシーンにふさわしいオーラを生み出すのです。パンツにハリ感があるからこそ、シルクブラウスのなめらかさも際立ちます。

【5】エンポリオ アルマーニの黒ブラウス×グレージャケット

【5】エンポリオ アルマーニの黒ブラウス×グレージャケット
ブラウス・ジャケット・パンツ・バッグ(ジョルジオアルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス(TASAKI〈M/G TASAKI〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

カシミヤウール混にストレッチの入ったダブルフェースのジャケットは、従来のダブルジャケットとは違う浅めの前合わせで、軽やかにはおれる一着。シンプルな黒のブラウスで、シックかつ軽快に着こなしましょう。

【6】エンポリオ アルマーニの黒柄ブラウス×赤スカート

【6】エンポリオ アルマーニの黒ブラウス×赤スカート
ブラウス・ファーストール(ジョルジオ アルマーニジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ (デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

落ち着いた黒のブラウスに、ビジューパンプスやブラックファーを味方につけて、華やかなオーラを。

【7】アストラットの黒ブラウス×ベージュスカート

【7】アストラットの黒ブラウス×ベージュスカート
ブラウス(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、スカーフ『バンダナ』《エクスリブリス》・ピアス(エルメスジャポン)、スカート(アオイ〈ポール カ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

黒地に白で馬車のモチーフをあしらったバンダナ柄の小ぶりなスカーフ。黒ブラウスのスタンドカラーの襟元に、なじませながらも、少し白が出るだけで、軽やかな表情に仕上がります。コンパクトに巻くときは、やわらかい素材がまとめやすいので、カシミヤシルクなどがおすすめです。

【8】アトランティックアスコリの黒ブラウス×グレーコート

【8】アトランティックアスコリの黒ブラウス×グレーコート
ラウス・スカート(スーパー エー マーケット〈アトランティックアスコリ〉)、ドゥロワーのコート・グーセンスのブローチ(ドゥロワー青山店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

シックなニュアンスカラーが美しいムートンにボルドーのラムレザーを施したノーカラーコートは、起毛面とスムース面の両面が楽しめるリバーシブル仕様。インに着た黒のブラウスが、大人の印象の引き出します。

白ブラウスコーデ


【1】ポロ ラルフ ローレンの白ブラウス×黒スカート

【1】ポロ ラルフ ローレンの白ブラウス×黒スカート
ブラウス(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ボリュームたっぷりの袖と、カフスのエレガントさで白ブラウスも存在感抜群。きりっとした細身のタイトスカートが素敵です。

【2】ピーカブー エッセンシャリーの白ブラウス×グレースカート

【2】ピーカブー エッセンシャリーの白ブラウス×グレースカート
ブラウス・スカート・バッグ『ピーカブー エッセンシャリー』・別売りのプレキシガラス付きショルダーストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

白ブラウスと黒のタイトスカートという定番スタイルには、トラペーズフォルムのミニバッグが最適。ショルダーストラップでカスタマイズして持つのが可愛く見せるポイントです。

【3】サード マガジンの白ブラウス×ネイビーストライプジャケット

【3】サード マガジンの白ブラウス×ネイビーストライプジャケット
ブラウス/共布ベルト付き(サード マガジン)、イヤリング・ネックレス・リング(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、ジャケット(Theory) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

まっさらなシンプル白ブラウスには、おしゃれに敏感な大人の間で人気を集めるフランス発の新鋭ブランド・シャルロット シェネのジュエリーを添えて。アート作品を思わせる、なめらかな曲線使いのフォルムをゴールドでコーティングしたジュエリーが、ベーシックなワードローブに旬の香りを運んでくれます      。

【4】ウィークエンド マックスマーラの白ブラウス×白パンツ

【4】ウィークエンド マックスマーラの白ブラウス×白パンツ
ブラウス(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ストール(ebure〈ebure〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

3種類のファーを組み合わせたコートはそれだけで絵になる存在。ふんわりと肩にはおり、颯爽と歩きましょう。インはクリーミートーンで清潔感を意識。

【5】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの白ブラウス×黒パンツ

【5】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの白ブラウス×黒パンツ
シルクのブラウス・バッグ『モノグラム・サンローラン ラージ・アップタウン・YSLカバ』・ジャケット・パンツ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

モードな白ブラウス&黒ジャケットのオンタイムコーデ。バッグはラージサイズのモノグラムが最適です。

【6】ジョルジオ アルマーニの白ブラウス×黒パンツ

【6】ジョルジオ アルマーニの白ブラウス×黒パンツ
ブラウス・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

バルーンスリーブが空気をはらみ、動きに合わせて裾が揺れるとても優美なブラウス。ボトルネックや手首に沿うカフ、細身の身幅で全体にメリハリをつけているから、スタイルがよく見えるのも、このブラウスの美点です。スウィングピアスが、繊細な女らしさを盛り上げてくれます。

【7】マックスマーラの白ブラウス×白コート

【7】マックスマーラの白ブラウス×白コート
ブラウス・コート・スカート・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

肌にしっとりと吸い付く、アルパカ・ウールのホワイトコートは、これ以上ないほどの品格が漂います。シルクブラウスやウールのスカートも同トーンの白でまとめて、冬に映えるクリーミー配色を実現。主役のアウターは、’80年代のマックスマーラのコートに用いられていた、素材を縮絨して保温性を高めるビーバー仕上げを採用しています 。

【8】ジョルジオ アルマーニの白ブラウス×黒ジャケット

【8】ジョルジオ アルマーニの白ブラウス×黒ジャケット
ブラウス・ジャケット・スカート・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

姿勢を美しく見せてくれ、知的な品の良さがあるから、ここぞという場面で自信を授けてくれるジャケット。奥行きのある黒なので、白ブラウスとのシンプルな着こなしも十分華やかになります。

ネイビーブラウスコーデ


【1】フェンディのネイビーブラウス×黒ワンピース

【1】フェンディのネイビーブラウス×黒ワンピース
ブラウス・スカート・バッグ『セレリア ミニ ピーカブー』・チャーム・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

深みのあるくすみ系のネイビーブラウスに合わせたいのは、深みのあるローズカラーのバッグ。ブラウスに合わせて、くすみニュアンスを含んだ、きれい色配色の着こなしを楽しみましょう。

【2】ブラミンクのネイビーブラウス×グレーパンツ

【2】ブラミンクのネイビーブラウス×グレーパンツ
ブラウス(ブラミンク)、スカーフ『ロザンジュ』《すべてはカレの中に》・ブレスレット・時計(エルメスジャポン)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ベルト(エ ストネーション〈メゾン ボワネ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

シンプルブラウスには、スカーフで華やかさを追加しましょう。小さめにあしらって、最大限の華やぎ効果を狙うのも旬のさりげなさです。菱形スカーフなら、剣先が細いのでまとめやすい。

グレーブラウスコーデ


【1】コル ピエロ フォー エストネーションのグレーブラウス×黒スカート

【1】エストネーション.コル ピエロ フォー エストネーション.のグレーブラウス×黒スカート
ブラウス(エストネーション〈コル ピエロ フォー エストネーション〉)、ジャケット・スカート(REYC)、ネックレス(TASAKI 〈TASAKI〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ふんわりとした上質なウール素材の一着は、黒でもどこか優しい印象。ボタンのないジャケットはむだを削ぎ落とした美しいシルエットで、カーディガン感覚ではおれる軽やかさです。なめらか素材のグレーブラウスで華やいで。

【2】アントネッリのライトグレーブラウス×黒スカート

【2】アントネッリのグレーブラウス×黒スカート
ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、スカート(マディソンブルー)、インナー(カドリールインターナショナル〈ランジェリーク〉)、ピアス・バングル(フレッド)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシジャパン)、タイツ/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ブラウス一枚でも冷えないよう、下にはハイゲージシルクカシミヤのVネックノースリーブを合わせて防寒。

【3】アントネッリのライトグレーブラウス×黒パンツ

【3】アントネッリのグレーブラウス×黒パンツ
ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、カーディガン(イーストランド〈コー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ストール(三喜商事〈イレブンティ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

グレーのブラウスできちんと感を意識した着こなし。トレンド感のあるグレンチェック柄のストールは、さりげないアクセントとして活躍します。

【4】アントネッリのライトグレーブラウス×グレースカート

【4】アントネッリのグレーブラウス×グレースカート
ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、コート(ebure)、スカート(yoshie inaba)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ネックレスチャーム・チェーン(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

上品なグレーグラデーションをまとったN.Y.マダムのように。モヘア混のコートはストライプ織りを選び、ライトグレーブラウスからのグレーの濃淡を楽しみましょう。

ボウタイブラウスコーデ


【1】アクリスの白ボウタイブラウス×白パンツ

【1】アクリスの白ボウタイブラウス×白パンツ
ブラウス・カーディガン・パンツ・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ボウタイブラウスにさり気なくはおりたいのは、最高級と称えられるモンゴル産のカシミヤ山羊の毛だけを用いてつくられる、軽くて暖かいアクリスのカシミヤニットのカーディガン。ルーマニアのアーティスト、ジェタ・ブラテスクの作品からインスパイアされたライン使いのデザインが、優しいニットスタイルをスマートに洗練させます。

【2】ebureの白ボウタイブラウス×グレースカート

【2】ebureの白ボウタイブラウス×グレースカート
ブラウス・スカート(ebure〈ebure〉)、コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ロンシャン・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ボウタイブラウスにひざ下丈タイトスカートを合わせた王道スタイルも、ロングコートで縦長シルエットを強調すれば、スタイリッシュなモード感が漂います。グレーのタイトスカート自体、落ち着いた雰囲気なので、同系色の小物を選び、大人っぽく上品にまとめるのがコツ。しかもスエードやファーなど表情豊かな小物で盛り上げると、さらなるおしゃれ度がアップします。

【3】ebureのグレーボウタイブラウス×グレーパンツ

【3】ebureのグレーボウタイブラウス×グレーパンツ
ブラウス・パンツ(ebure)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・リング(TASAKI〈 M/G TASAKI〉)、ファーストール(ADORE)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

シルクのボウタイブラウスは、さらりとひと結びして、クリーンな着こなしを。知的なグレーでまとめたら、パールジュエリーとパンプスで、煌めきを添えましょう。

ブラウスコーデの関連記事