「イタリアンマダムは、Borsalino(ボルサリーノ)のようなハットをかぶることが定番のスタイルだと思われがちですが、実は日本人のほうが帽子愛用者が多いように思います」というのは、コレクション毎にミラノを訪れているスタイリストの大西陽一さん。「そして、イタリアでも最近、帽子をファッション小物として取り入れる人が増えてきたように感じます。CHANEL(シャネル)やGUCCI(グッチ)など、ラグジュアリーブランドがコレクションのキーアイテムとして取り入れはじめたことがきっかけだったのでは」と、大西さんは読み解きます。

帽子はスタイルが決まらないときの助け舟としても最適なアイテムなので、デイリーに取り入れるヒントを探っていきましょう。

瞬時におしゃれが完成する「帽子」の取り入れ方とは?

ファッションアイテムとしてだけでなく日よけや防寒のためにかぶることも多い「帽子」は、日本でも馴染み深いアイテムのひとつ。女性の中には、髪型が決まらないときに頼るという人も、意外と多いのでは? 今回は、実用性に加え、かぶるだけでオシャレに魅せることのできるお役立ちテクニックを、イタリアンマダムの着こなしから盗んでいきましょう。

■1:意外に初心者でも取り入れやすい「セーラーキャップ」

スタイルを決める主役級の帽子

「シャネルのクルーズコレクションでも多数登場していた『セーラーキャップ』は、すごく男性的なフォルムの帽子ですが、実は女性がかぶっても不思議と可愛らしく馴染むのがいいですね。スタイルの方向性を決めてくれるテーマ性の強いアイテムは、もっておくと意外と活躍しますよ」と大西さん。

特徴的なアイテムではありますが、彼女のように「赤」や「ブルー系」の色味を足すことで、大人マリンのムードへと引き寄せることができます。キャッチーなアイテムこそ、スタイルを決める主役に抜擢するとファッションの幅が広がりそうですね。

■2:支持率が高い「ボルサリーノの王道ハット」

自分らしさを表現しやすい名品ハット

「ストリートでも目に飛び込んでくるのは、やっぱりボルサリーノのハットです」と大西さん。「数々の著名人を魅了してきた名品ハットは、生地がやわらかく、自分で形を整えることができます。スタイルを自分でつくっていけるという点でも、支持率の高さが伺えます」

微調整を繰り返しながら、自分に似合う角度や形を研究するのも楽しそうですね。ボルサリーノは色のバリエーションも豊富なので、日常に取り入れやすいアイテムを探してみると良さそうです。

■3:「個性派ハット」は習うより慣れろ!

挑戦すべき個性派ハット

アシンメトリーで着こなし方が難しいようにも思えるこちらのハットは、かなりの上級アイテム。「トーンや配色を計算しながら自分に合うバランスを見つけていくことで、スタイルが決まっていくと思います」と大西さん。「こういったアイテムは、“習うより慣れろ!”ですね! 髪がまとまらないときなどにかぶってしまえば、雰囲気づくりにも一役買ってくれますし、ワードローブにあると便利ですよ」

かぶり慣れていないと縁遠くも思える「帽子」ですが、実は、それひとつでおしゃれ偏差値を上げてくれるお助けアイテムでもあります。毎日のコーディネートが華やぐアイテムを迎え入れて、自分らしいスタイルを確立してみてください。

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
大西陽一
EDIT&WRITING :
石原あや乃