カルティエ「パンテール ドゥ カルティエ」ウォッチってどんな時計?

パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ ミニ¥4,540,000(税抜)[ピンクゴールド、パヴェダイヤモンド、クオーツムーブメント]

1983年に登場し、瞬く間に多くの女性を虜にした伝説の時計、「パンテール ドゥ カルティエ」ウォッチ。登場から30年以上を経て、2017年に劇的に現代へ甦りました。気品のある四角いケースにエレガントなチェーンはそのままに、'80年代当初はサテン仕上げ(マットな質感)とポリッシュ仕上げ(グロス感のある仕上げ)のコンビネーションのものもありましたが、新作はオールポリッシュとなり、より官能的な印象に。そして2018年5月2日(水)、さらに新たな「パンテール 」が発売になりました!

2018年、さらに進化した「パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ」

よりしなやかになったチェーンが、手首にやさしくエレガントに沿う PHOTO:Eric Sauvage © Cartier

今回の新作「パンテール」の最大の特徴は、二重巻き、三重巻きのブレスレットのピースが加わったこと。それに合わせ、コマの組み方や配置を変えることで、驚くほどブレスレットがなめらかに動く仕様に変更。時計のブレスレットといえば、「カクカク」と動くものをイメージする方が多いと思いますが、この「パンテール 」のブレスレットは、今までにない、腕へのフィット感に驚くはず。

本来の「パンテール」のルックスを持ちながら、より華やかに進化した今回の新作。ブレスレットの一重、二重、三重に加え、ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドと素材が選べるピースがあったり、サイズバリエーションも豊富。それぞれ、全く異なる印象を持つので、どれを選べばいいのか迷う方も多いはず。そこで、ラグジュアリーマガジン『Precious』で活躍中のスタイリストの押田比呂美さんに、新作「パンテール 」の選び方を教えてもらいました。

新作「パンテール」を公式サイトでチェック!

押田比呂美さん
スタイリスト
雑誌や広告で幅広く活躍。雑誌『Precious』では毎号、華やかさと知性を備えた大人の女性美を引き立てるスタイリングを提案。著書に『大人の女の「エレガンス」磨き』(小学館)ほか多数あり。 

もとよりカルティエの時計を愛用している押田さん。すでにお持ちなのはホワイトゴールドにダイヤモンドセッティングありの「パンテール」と、イエローゴールドケースにダイヤモンドセッティングありの「タンク アロンジェ」。

「『パンテール』に共通しているのは、大きすぎない絶妙なサイズ感と、なんともいえない知的な気品。腕時計って、必ず毎日見る相棒のような存在ですよね。今回ご紹介する3本は、どれも同じ『パンテール』ですが、それぞれ印象が全く違う。今の気分やライフスタイル、すでに持っている腕時計や、ジュエリーのコーディネートも考え合わせて選ぶのがおすすめです。」と押田さん。


■押田さんリコメンド1:華やかでエレガント。シンプルアクセ派は一点豪華主義で!

パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ SM¥7,800,000(税込)[ピンクゴールド、ブリリアントカット ダイヤモンド4.18カラット、ブレスレット、クォーツ] © Cartier
押田's RECOMMEND!
「ブレスレットにまでダイヤモンドがあしらわれ、今回ご紹介する3本の中では、一重でも一番華やか。こんなにダイヤモンドがついていたら普段付けられないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私はせっかく手にいれた時計は日常使いしてほしい派。『パンテール』は、大きすぎず、知的な華やぎがあります。この肌なじみのいいピンクゴールドならコーディネートも楽しみやすいはず。時計好きの方や、シンプルなアクセサリーが好きな方は、この時計で1点華やかさを投入してコーディネートの主役にするのがおすすめです。」(押田さん)

こんなコーディネートも素敵!

「ピンクゴールドは、私もよく愛用しているブラックパールのアクセサリーと、とても相性がいいんです。華やかな場にはホワイトパールのアクセサリーを足してもいいですね。」(押田さん)


■押田さんリコメンド2:ジュエリー好きは二重巻きのイエローゴールドがおすすめ!

パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ SM¥3,450,000(税込)[イエローゴールド、クォーツ] © Cartier
押田's RECOMMEND!
「私はダイヤモンド入りのホワイトゴールドの『パンテール』を既に持っているので、今買うとしたら、このダイヤモンドなしのイエローゴールドの二重巻きのものにします。ダイヤモンドセッティングがないモデルなので、カジュアルな着こなしにも好相性。もしダイヤモンドのもつ華やぎをコーディネートに効かせたいという場合には、ジュエリーで足すこともできるし、手持ちのジュエリーとの組み合わせを変えることで、楽しみがいがあるはず。私の年齢で買うなら、ダイヤモンドなしのシンプルな一重ブレスレットだと少し物足りない感じもあり、新作の二重ブレスレットのボリューム感がいいんですよね。」(押田さん)

こんなコーディネートも素敵!

「私だったら、カルティエの『トリニティ ドゥ カルティエ』のダイヤモンド入りのリングと組み合わせたいですね。『トリニティ』は、イエロー、ホワイト、ピンクの3種類のゴールドが使われたリング。これにイエローゴールドの『パンテール』を合わせることで、とても洗練された手元になると思います。」(押田さん)


■押田さんリコメンド3:ファッション好きなら迷わず、圧倒的なパンチ力のあるこちら!

パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ ミニ¥4,860,000(税込)[ホワイトゴールド、ダイヤモンド0.42カラット、クォーツ] © Cartier
押田's RECOMMEND!
「私がもし、ホワイトゴールドの『パンテール』を既に持っていなかったら、こちらを選んでいたと思います。三重巻きブレスレットのウォッチはかなりのパンチ力があるので、すでにカルティエの時計を持っている方が2個目や3個目に買うときや、おしゃれ上級者におすすめ。ひとつで手首にバングルのような存在感が出せるので、モードなファッションにもぴったりだし、スポーティさもあるので、ラグジュアリーカジュアルにもおすすめ。『パンテール』自体がエレガントだから、どんなコーディネートにしても品格ある雰囲気になるのがいいですよね。」(押田さん)

こんなコーディネートも素敵!

「普段なら、グレーのニットに、この時計とピンキーリングだけサラッと付けていても、素敵ですよね。そんな人がレジに並んでいたら、じっくり見ちゃう(笑)。セラミック素材やシルバーの辛口インパクトのあるアクセサリーと合わせても、スタイリッシュにきまりますね。」(押田さん)


「クラシックな文字盤やフェースの形、しなやかなブレスレット…。派手すぎず華やか、それでいて品があるから、どんなときにも付けられるのが、カルティエの魅力。せっかく手に入れたら、日常から特別な場まで愛用してほしいですね。私も、朝の準備中に『パンテール』を身に付けたら、その後は犬の散歩から帰ってパッと着替えてそのまま出かけて、夜の会食まで『パンテール』とずっと一緒です」と、押田さん。新たなモデルが加わり進化した「パンテール」で、あなたもぜひ、お気に入りの相棒を見つけてくださいね。

新作「パンテール 」を公式サイトでチェック!

問い合わせ先

この記事に関するアンケートにお答えください! お答えいただいた方の中から、抽選で1名様にAmazonギフト券をプレゼント。また、スタイリスト押田比呂美さんに、ファッションに関するご質問や、メッセージも受付中です!

アンケートはこちら

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
武田正彦(1枚目)
EDIT&WRITING :
安念美和子