その注目度、急上昇! 孤高の日本画家「渡邊省亭(わたなべ せいてい)」とは?

往年に偉大な業績を残したにも関わらず、日本美術界では長く忘れ去られていた日本画家が今、改めて注目を集めています。

その作家の名は、渡邊省亭(わたなべ せいてい)。1852年江戸に生まれ、輸出国策会社の社員としてパリに派遣された最初の日本画家です。パリでは、ドガやマネなど印象派の画家たちにも影響を与え、パリ万博では銅牌を受賞。帰国後は迎賓館赤坂離宮(旧東宮御所)の装飾にあたり、また挿絵画家としても活躍しました。

弟子を取らず、画壇にも属さず、ひたすら画業に専念した省亭の作品は、西洋風の表現を融合させた洒脱な作風が特徴。今、その画風と高い技術が、美術ファンのみならず、広く見直され脚光を集めているのです。

左/「牡丹之図」・中/「荻と兎」・右/「葡萄に鼠図」

パリに先駆け、2回目の渡邊省亭展を開催

2017年に開催された渡邊省亭の企画展は、大好評のうちに終了。待望の第2回「SEITEIリターンズ!!~渡邊省亭展~」が、2018年9月15日(土)~29日(土)の期間中、東京都中央区京橋にあるギャラリー、加島美術にて開催されます。

2018年10月には、パリのギメ東洋美術館にて『Meiji-Splendors of Imerial japan.(1868-1912)(明治―大日本帝国の光彩』への作品出陳も決まっており、世界的な注目度もさらに高まること必至の渡邊省亭。今回の企画展は、パリ出展に先駆け、渡邊省亭の作品を日本でまとめて見られる、絶好のチャンスなのです。

「SEITEIリターンズ!!~渡邊省亭展~」の見どころは?

「SEITEIリターンズ!!~渡邊省亭展~」のキービジュアルもかっこいい!

■見どころ1:圧巻!各月の花鳥画をテーマにした「十二ヶ月」が勢ぞろい

一月から十二月まで、それぞれの月をテーマに、格調高い筆致で描かれた花鳥画。今回の展示では、この十二幅対が勢ぞろいし、息をのむような美しさを目にすることができます。

「十二ヶ月」渡邊省亭画(12幅のうち3幅抜粋)

■見どころ2:迎賓館赤坂離宮の花鳥の間も彩る、七宝作品

渡邊省亭は、当時の七宝焼きの作家の最高峰といわれた濤川惣助(なみかわ そうすけ)の原画を担ったことでも知られています。このゴールデンコンビの最も有名な作品は、迎賓館赤坂離宮の花鳥の間を彩っています。今回の「SEITEIリターンズ!!~渡邊省亭展~」では、濤川惣助の七宝作品も展示され、ふたつの才能のコラボレーションを楽しむことができます。

■見どころ3:渡邊省亭が挿絵を描いた「パリ万博の図録」を展示!

1878年に開催された第3回パリ万博。その美術部門の図録『1878年万博美術傑作集』に、挿絵が掲載された渡邊省亭。その貴重な傑作集の現物も、本展では見ることができます。

■見どころ4:お土産にしやすいミニ図録や書籍も購入可能

図録と言えば、大きくて重いものが一般的ですが、本展の図録はバッグにも入れやすいミニサイズで登場! 省亭の作品が自宅でも楽しめ、気軽に購入しやすいのがうれしいですね。また、昨年出版された岡部昌幸氏監修の作品集『渡辺省亭―花鳥画の孤高なる輝き―』も展示会場で販売されるので、昨年展示された作品も併せて、省亭作品を一度に堪能することができます。

■見どころ5:より渡邊省亭への理解が深まる!トークイベントが2つ開催

雑誌「Precious」でも美術の連載をもつ、明治学院大学教授の山下裕二氏のトークイベントをはじめ、2つのトークセッションが、恵比寿と京橋で開催されます。どちらも事前予約制なので、気になる方はお問い合わせを。

A:スペシャルトークイベント

  • 日時/2018年9月21日(金)18:00~
  • 登壇者/美術史家・山下裕二氏×東京藝術大学美術館准教授・古田亮氏
  • 会場/日仏会館ギャラリー
  • 住所/東京都渋谷区恵比寿3-9-25
  • 参加費/¥2,000(税込) 
  • ※予約制
  • ※参加者にはミニ図録がプレゼントされます

B:ギャラリートークセッション

  • 日時/2018年9月23日(日)16:00~
  • 登壇者/泉屋博古館分館分館長・野地耕一郎氏×鳥博士・高橋雅雄氏×アートテラー・とに~氏
  • 会場/加島美術
  • 住所/東京都中央区京橋3-3-2(「東京メトロ 京橋駅」徒歩約1分)
  • 参加費/無料 
  • ※予約制
  • ※こちらのイベントは渡邊省亭facebook公式ページにてライブ配信されます。

イベント申し込み先

どちらのイベントも予約制です。電話かメールで、加島美術へお申し込みください。

「SEITEIリターンズ!!~渡邊省亭展~」開催概要

  • 開催期間/2018年9月15日(土)~29日(土)10:00~18:00 ※会期中無休
  • 会場/加島美術
  • 入場料/無料
  • TEL:03-3276-0700
  • 住所/東京都中央区京橋3-3-2(「東京メトロ 京橋駅」徒歩約1分)
  • 主催/一般社団法人  日本美術継承協会
  • 企画協力/SEI-RIN、加島美術
  • 後援/在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、日仏会館、フランス国立日本研究所

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
安念美和子