女性らしさを演出してくれる、ロングスカートを使ったコーデをご紹介します。ラグジュアリーファッション誌『Precious』のこれまでの記事から、黒・グレー・白・ネイビー(紺)・カーキ・ピンクなどのロングスカートを使ったコーデをピックアップしました。

オフィスにも最適なロングスカートも! 素敵な春のコーディネートを、このなかから見つけてみてくださいね。

【目次】

黒ロングスカートでつくるコーデ


【1】黒ロングスカート×白ブラウス

【1】の黒ロングスカート×
ジェニー・ウォルトン 撮影/©Runway Manhattan/アフロ BY:『Precious8月号』小学館、2018年

アーティスティックな個性が香るおしゃれが注目を集める、イラストレーターのジェニー・ウォルトン。ラフにロールアップしたそでや、歩くたびに黒ロングスカートのスリットからのぞく脚で、さりげなくセンシュアルに。

【2】ディオールの黒ロングスカート×黒ドットブラウス

【2】の黒ロングスカート×
ブラウス・スカート・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

「上半身はコンパクトに」は、いつだって小柄な体をバランスよく見せるための法則。ブラウスはスカートにインにして着こなし、適度にブラウジングすることで、シルエットに少しゆとりをもたせると、よりエレガントな雰囲気に。ハリのあるプリーツスカートが構築的なラインを描くので、ロング丈でもすっきりとした佇いが完成します。

【3】サポートサーフェスの黒ロングスカート×白シャツ

【3】の黒ロングスカート×
シャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(サポートサーフェス)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/淺井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

和の空間では、座り姿も美しい、ひざ下丈のフレアスカートが重宝。涼やかなメッシュ素材のロングスカートは、生地の重なり部分がフリルのようになったモダンなデザイン。存在感のあるスカートだから、白シャツを合わせるだけで印象的に。

【4】ハイアリンの黒ロングスカート×白ブラウス

【4】の黒ロングスカート×
アントネッリのブラウス・ハイアリンのスカート(ストラスブルゴ)、イヤリング・ブレスレット・時計(シャネル)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

甘くなりすぎるから…と躊躇していたロングプリーツスカートも、ピンストライプ柄がきいた「黒×白」配色ならば、海外セレブのようなクールな雰囲気さえ漂って。黒×白のバイカラーの透け感トップスやシルバーのバッグで、ひんやりとしたエッセンスを加えれば、春~夏らしいスカートスタイルが完成します。

【5】シクラスの黒ロングスカート×黒ブラウス

【5】の黒ロングスカート×
ブラウス(バイ マレーネ ビルガー GINZA SIX)、スカート(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(サードカルチャー〈エレナ ギセリーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

女らしくてかっこいい、辛口なブラックの着こなしは、ミーティングから会食シーンまで幅広く活躍。とろみのあるブラウスやソリッドな地金ジュエリーを合わせることで、オールブラックでも軽やかな印象に。スカートは歩くたびに揺れる、シルクオーガンジーのプリーツを施した、異素材ミックスのラップデザインです。

【6】ディオールの黒ロングスカート×黒コート

【6】の黒ロングスカート×
コート・スカート・バッグ『レディ ディオール』・ピアス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ブラック&ホワイトのチェッカー柄が、エレガントな『レディ ディオール』にレトロモダンという新鮮な個性をプラス。シンプルな黒の着こなしに、軽妙なリズムを授ける効果は必見!

【7】グッチの黒ロングスカート×オフホワイトブラウス

【7】の黒ロングスカート×
シルクブラウス・スカート・ネックレス・ブレスレット・バッグ『オフィディア』・サンダル(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

白ブラウスと黒ロングスカートというマキシスタイルに、エレガントなクラッチではありきたり…。アリゲーターのミニショルダーでリッチな抜け感を表現するのが、エレガンスを更新し続ける大人の美意識です。

白ロングスカートでつくるコーデ


【1】ebureの白ロングスカート×ネイビージャケット

【1】の白ロングスカート×
ジャケット・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ブランドニュース〈リーフェ ジュエリー〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

上質なテキスタイルを扱うイタリア「メンキ」社の、ハリとしなやかさを併せもつリネンを使用したジャケットには、白のロングスカートで甘さを加えて。

【2】白ロングスカート×黒ニット

【2】の白ロングスカート×
 撮影/©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ショートトップスとスニーカーで、エレガントなロングプリーツスカートを大胆にカジュアルダウン。

【3】白ロングスカート×黒ジャケット

【3】の白ロングスカート×
 撮影/©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

優雅な白のボリュームロングスカートで決めた圧巻のモノトーン。華奢サンダルで、足元まで女らしく。

【4】エイトンの白ロングスカート×黒カットソー

【4】の白ロングスカート×
カットソー(スローン)、スカート(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、バングル(TOMORROWLAND〈CATHS〉)、バッグ(ebure〈センシ スタジオ〉)、靴(ストラスブルゴ〈ブラク ウヤン〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

風をはらんで優しく揺れる、白のプリーツスカートを、甘く転ばせず、これほどまでにかっこよく着こなすことができたら、どんなに素敵でしょう。引き算の着こなしを楽しむように、トップスはごくごくシンプルなノースリーブを。そのぶん、足元にはモノトーンのグラフィカルなサンダルで、小気味いいアクセントを加えて。

【5】ブラミンクの白ロングスカート×黒ニット

【5】の白ロングスカート×
ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ハット(アングローバルショップ 表参道〈エクア アンディーノ〉)、バングル(ドレスアンレーヴ〈ペリーニ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店〈カルトガイア〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ほんのりとした透け感のある、コットンヴィスコース素材のやわらかなロングスカートは、分量感があっても軽やか。繊細なフリンジが上品になじみつつも、華やかな存在感を発揮!

甘くフェミニン度の高いマキシ丈スカートをカジュアルに着こなすには、濃い色のシンプルトップスを合わせるのが鉄則です。ナチュラルなストロー系の小物で、涼やかで優しい印象を加味。

【6】ステラ マッカートニーの白ロングスカート×白シャツ

【6】の白ロングスカート×
シャツ・スカート(ステラ マッカートニー ジャパン)、時計『セルペンティ スピーガ』・リング『ビー・ゼロワン デザイン レジェンド』(ブルガリ ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/KEI OGATA BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ハリのあるコットンシャツ地に、ギャザーをたっぷりと寄せたプルオーバートップス。首の後ろ側だけシャツ襟が立ち上がって、広く開いたデコルテを華麗に縁どる。フェミニンな白のロングスカートがモダンなスタイルに仕上げてくれます。

ネイビー(紺)ロングスカートでつくるコーデ


【1】シクラスのネイビーロングスカート×白ニット

【1】のネイビーロングスカート×
コットンのニット(オルドス ファッション ジャパン)、ネイビーのコットンシルクのスカート(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ペンダント・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(エストネーション〈ペラン〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ふんわり広がるフェミニンなロングスカートを、白とネイビーでシンプルに。仕上げに、クラシックで男前なローファーのなかでも、華やかなキルトタッセルローファーを選択。適度なボリューム感のある白で、絶妙なバランスを。

【2】ブルネロ クチネリのネイビーロングスカート×白Tシャツ

【2】のネイビーロングスカート×
カーディガン・Tシャツ・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリジャパン)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ソフトなガーゼ素材にプリーツ加工を施したロングスカート。知的で都会的なネイビーというカラーと洗練された素材に、どこかエスニックなニュアンスを感じさせるランダムなティアードが溶け合った、モードな一着。

一見ボリュームを感じさせるシルエットですが、ヒップ回りは程よくフィットしているため、ボディラインを美しく整えてくれます。シンプルなTシャツや、テーラードジャケットなど、メンズライクなアイテムとの組み合わせで、大人のロマンティックスタイルを楽しんで。

グレーロングスカートでつくるコーデ


【1】ebureのグレーロングスカート×グレーニット

【1】のグレーロングスカート×
ニット・スカート(ebure)、ピアス・バングル(チェリーブラウン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

生地本来の美しさを生かした洗練デザイン。優美なドレープに、レースのスカラップが引き立つロングスカートに、ボリュームあるトップスをINして、脚長効果のあるXシルエットに。

カーキロングスカートでつくるコーデ


【1】エストネーションのカーキロングスカート×カーキシャツ

【1】のカーキロングスカート×
シャツ・スカート(エストネーション)、ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

シャツ&ロングスカート、オールカーキのコーデには、フレッシュなグリーンをニット、バッグ、靴にちりばめて。仕上げは、ゴールドジュエリーをたっぷりと重ねづけ。

ピンクロングスカートでつくるコーデ


【1】リビアナ・コンティのピンクベージュロングスカート×白ニット

【1】のピンクロングスカート×
ニット(トラデュイール)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スニーカー・バッグ(トッズ・ジャパン)ストール(チェルキ〈カングラ〉)、サングラス(アイヴァン)ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

淡いアプリコットに、やわらかな白がとろけるフェミニンな春色コーディネート。スニーカーでカジュアルに、大人かわいく仕上げたい。ピンクベージュの繊細なカットワークレザーのスニーカー&ロングプリーツスカートで、ラグジュアリーな外しを。

ロングスカートコーデの関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。