大人の女性におすすめの、黒トップスを使ったコーディネートのまとめ記事です。ラグジュアリーファッション誌『Precious』のこれまでの記事から、ニットやレースの黒トップスのスタイルを厳選しました。この春のおしゃれは、黒トップスを主役にしてスマートに。

【目次】

黒ニットコーデ


【1】ボッテガ・ヴェネタの黒ニット×黒スカート

【1】ボッテガ・ヴェネタの黒ニット×黒スカート
バッグ・スカート・靴・ニット(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

シンプルな黒のコーディネートに、ブロックチェックのようなマキシイントレチャートが軽快な印象に。丹念に編まれたナッパなので、驚くほどしっかりとしています。

【2】ルイ・ヴィトンの黒ニット×グレースカート

【2】ルイ・ヴィトンの黒ニット×グレースカート
バッグ・ニット・スカート・時計(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

L字のクロージャーをツイストして、Vと重なったときにオープンできる、楽しい仕掛けで評判のバッグ『ツイスト』を黒トップス×グレースカートのモノトーンコーデに合わせて。清新な白のエピ・レザーやブルーのレザーが編み込まれたチェーンハンドル、赤いショルダーストラップと、細部にいたるまでオリジナリティーが満ちています。

【3】黒ニット×赤レーススカート

【3】黒ニット×赤レーススカート
撮影/Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年

クールな黒トップスに鮮やかな赤のスカートをまとったスタイルの女優・リース。黒レザーの『ピーカブー』をもつスタイルは、たびたび目撃されているコーディネートです。

【4】スローンの黒ニット×赤パンツ

【4】スローンの黒ニット×赤パンツ
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、ニット(スローン)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、スカーフ(ボータレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バングル(日本橋三越 ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

まとうだけで心ときめくトマトレッド色のパンツを主役に。こんな鮮やか色を街で着る日は、黒トップスと合わせ、小物の色も控えめに。メリハリがありながらも、おしゃれ感のある上品な印象が完成します。

【5】スローンの黒ニット×白パンツ

【5】スローンの黒ニット×白パンツ
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、ニット(スローン)、ネックレス(ボン マジック)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(アマン〈イルサンダロ オブ カプリ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

「甘×辛」ミックスの最もシンプルな方法は、装いに品格を加える黒のトップスと、颯爽としたムードを添える白のスティックパンツを合わせること。さらに小物で端正なハンドバッグと華やかなトングサンダルを合わせたら、きちんと感も抜け感もあるおしゃれが完成します。

レースの黒トップスコーデ


【1】デザインワークスの黒レースブラウス×キャメルワイドパンツ

【1】デザインワークスの黒レースブラウス×キャメルワイドパンツ
白のローファー『ダブルT ローファー』(トッズ・ジャパン)、レースのブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ジャケット(コロネット〈ボリオリ〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ネックレス(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

黒のレーストップスを使ったシックカラーのコーディネートを白ローファーで鮮やかに!

【2】ジャンバティスタ ヴァリの黒レースブラウス×ネイビーパンツ

【2】ジャンバティスタ ヴァリの黒レースブラウス×黒パンツ
パンツ(アパルトモン 青山店〈マディソンブルー〉)、ジャンバティスタ ヴァリのブラウス・マリア ブラックのピアス(ストラスブルゴ)、バッグ(セルジオ ロッシ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

繊細なレースのシースルーブラウスを女らしく着こなすには、ネイビー×黒の洗練配色で知性を香らせつつ、大ぶりのピアスやラフにまとめたヘアで外すのがポイントです。パンツは仕立ての美しいミドルライズのストレートパンツは、ジップフライとベルトループなしのすっきりとしたデザイン。

黒トップスとアウターのコーデ


【1】トラデュイールの黒ニット×グレーコート

【1】トラデュイールの黒ニット×グレーコート
コート(マッキントッシュ青山店)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、イヤーカフ・時計・バッグ(ブルガリ ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

洗練されたスタイルでありながら、透けるほどに薄いテクニカルナイロン素材で仕立てた一着は、今っぽくこなれた雰囲気。撥水性を備えているので、急な天候変化にも対応。黒トップ×黒パンツのオールブラックの装いに、スレートグレーがシックに映えます。

【2】スローンの黒カーディガン×カーキジャケット

【2】スローンの黒カーディガン×カーキジャケット
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カーディガン(スローン)、ジャケット(マディソンブルー)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、ペンダント・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

清潔感があって涼しげな白パンツは、春夏の定番。久々にダブルのジャケットを投入したら、きちんと感が加わって、着こなしもリフレッシュ。辛口メインの装いに、甘口の黒ニットを添えることで上品な印象に仕上がります。

【3】アバティの黒カットソー×グレージュジャケット

【3】アバティの黒カットソー×グレージュジャケット
カットソー(コロネット〈アバティ〉)、サヤカ デイヴィスのスカート・マリハのピアス・リング(showroom SESSION)、スカーフ(ADORE))、バッグ(wb)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

今年らしい量感がありながらも、すらりとした縦長シルエットを描くセミロング丈ジャケットを、黒のトップス&タイトスカートで引き立てて。

黒トップスに合うボトムとのコーデ


【1】theory luxeの黒トップス×白パンツ

【1】theory luxeの黒トップス×白パンツ
バッグ(JIMMY CHOO)ジャケット・パンツ(ebure)、ブラウス(theory luxe)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ブレスレット・チャーム(シャンテクレール 東京店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

黒トップス×白パンツのモノクロコーデに投入したのは、チェック柄の超軽量な生地のショッパー風トート。たたんで持つこともできるフレキシブルさが◎です。両サイドのフックをつなげて、上辺が短い台形にしても。

【2】黒トップス×デニムパンツ

【2】黒トップス×デニムパンツ
撮影/Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年

モデルのロージーは、ジバンシィのアイコンバッグ『GV3』を黒ブラウスから斜めがけ。ゴールドのハンドルや留め具が、黒ベースの着こなしに上品な艶を加えています。

【3】スローンの黒ニット×グリーンパンツ

【3】スローンの黒ニット×グリーンパンツ
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉、カーディガン・ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、時計・白のレザーストラップ(ヴァシュロン・コンスタンタン〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉)、バッグ(マルティニーク丸ノ内〈カパフ〉)、靴(クリスチャンルブタン ジャパン〈クリスチャンルブタン〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは裾に向かって細めに絞ったラインが美脚と評判のモデル。ハリのあるコットンストレッチ素材。着こなしはジャッキーをイメージしたパンツスタイル。遠目からでも印象的な色だからこそ、シックな黒のトップスと合わせてクラシカルにまとめるのがポイントです。

【4】ユナイテッドアローズの黒ブラウス×黒パンツ

【4】ユナイテッドアローズの黒ブラウス×黒パンツ
ブラウス(ユナイテッド・アローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、バングル・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

黒のラッフルトップス+黒デニムという全身黒の装いが重たくならないのは、ノースリーブで大胆に肌を見せ、足首をのぞかせているから。甘口のフリルトップス、ニュートラルなデニム、辛口のレザーバッグ…と黒でも多彩な表情や質感のものを合わせることで、華やいだ印象に仕上がります。

【5】REYCの黒トップス×白パンツ

【5】REYCの黒トップス×白パンツ
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

忙しい日常でもシーンレスに活躍するフェミニントップス+スティックパンツは、忙しい女性の定番の着こなし。この春なら、REYCの黒トップスとtheoryのパンツのモノトーンの装いが大活躍。この組み合わせをベースに、辛口のバッグと涼やかな甘口ジュエリーをトッピングしましょう。

黒トップスとワイドパンツのコーデ


【1】アリクアムの黒トップス×白ワイドパンツ

【1】アリクアムの黒トップス×白ワイドパンツ
アリクアムのトップス・メゾン ボワネのベルト・サイモン アルカンタラのペンダント(ストラスブルゴ)、パンツ・靴(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、バッグ(アマン〈アルテサーノ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

贅沢な艶を放つ白リネンのワイドパンツは、チュニックタイプの黒トップスを合わせ、辛口のエレガンスを狙いましょう。ポイントはウエストを引き締めるオーバーベルト。上半身をコンパクトに見せ、バランスを取るのがコツです。

【2】VINCEの黒トップス×白ワイドパンツ

【2】VINCEの黒トップス×白ワイドパンツ
トップス(VINCE 表参道店)、パンツ(ebure)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(フェンディ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

黒のノースリーブトップスで顔周りをシャープに演出したら、白ボトムで軽やかに。ウエスト位置に施された黒のラインが、モードな雰囲気をもたらしてくれます。パイピングが効いたバッグでリンクさせれば、さらにスタイリッシュな魅力が引き立ちます。

【3】ポロラルフ ローレンの黒トップス×黒ワイドパンツ

【3】ポロラルフ ローレンの黒トップス×黒ワイドパンツ
ニット・パンツ・ベルト(ラルフ ローレン〈ポロラルフ ローレン〉)、バングル・時計・リング・バッグ(ブルガリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

コンパクトニットにゆったりと優雅に揺れるワイドクロップドパンツを合わせて、モードなフィット&フレアシルエットを演出。黒の分量が多い着こなしには、ノースリーブやクロップド、ストリングス靴といった、効果的に肌を見せるトップスや小物で、セクシーに仕上げるN.Y.スタイルです。

黒トップスとスカートのコーデ


【1】レキップの黒ブラウス×グレージュロングタイトスカート

【1】レキップの黒ブラウス×グレージュロングタイトスカート
スカート(ebure)、ブラウス(レキップ)、ジャケット(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル(モーブッサン ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

黒のバンドカラーブラウスと澄んだグレーのハイウエスト・スカート。クールトーンの旬アイテムで仕上げた進化系ベーシックです。ブラウスのとろみとレザーのシャープな質感が、オフィスで浮かない凛とした色香を醸し出します。淡色のハンドバッグとスプリングツイードジャケットで、軽やかな気品も忘れずに!

【2】サルヴァトーレ フェラガモの黒シャツ×柄ロングスカート

【2】サルヴァトーレ フェラガモの黒シャツ×柄ロングスカート
シャツ・スカート・バッグ・時計(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

女性の多様なライフシーンを支えてくれると評判のバッグ『フェラガモ ストゥーディオ バッグ』が、最新の柄でアップデート。仕事にもプライベートにも重宝なクラシカルなシェイプと横向きの『ガンチーニ』のクロージャーが華やかなアクセントになっています。同柄のスリットスカートと黒トップスとの組み合わせで、黒のパワーをより高めて。

【3】サルヴァトーレ フェラガモの黒カーディガン×黒デニムロングスカート

【3】サルヴァトーレ フェラガモの黒カーディガン×黒デニムロングスカート
カーディガン・スカート・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

メタルボタンがアクセントの黒のトップスとデニムスカートを合わせた、上品に着映えるブラック・コーディネート。クルーネックのカーディガンは、シルクブレンドのしなやかさが女らしい逸品です。鮮やかなブルーで彩られたバッグは、程よい収納力がありながら、『ガンチーニ』モチーフがグラフィカルに艶めき、着こなしの要になります。

【4】レキップの黒ブラウス×グリーンスカート

【4】レキップの黒ブラウス×グリーンスカート
スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ブラウス(レキップ)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ルック〈フィラージュ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ピーコックグリーンがはっと目を引く台形シルエットのラッププリーツスカートに合わせたのは、黒地にベージュの小さなドットが浮かぶトップス。エアリーな風合いが着こなし全体にやわらかなニュアンスを授け、若々しさのなかにも大人の余裕が香る着こなしが完成します。

【5】ジョン スメドレーの黒ニット×白ロングスカート

【5】ジョン スメドレーの黒ニット×白ロングスカート
スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ハット(アングローバルショップ 表参道〈エクア アンディーノ〉)、バングル(ドレスアンレーヴ〈ペリーニ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店〈カルトガイア〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ほんのりとした透け感のあるコットンヴィスコース素材のやわらかなスカートは、分量感があっても軽やか。繊細なフリンジが上品になじみつつも、華やかな存在感を発揮します。甘くフェミニン度の高いマキシ丈スカートをカジュアルに着こなすには、黒などの濃い色のシンプルトップスを合わせるのが鉄則。ナチュラルなストロー系の小物で涼やかで優しい印象をプラスしましょう。

【6】エストネーションの黒ニット×マスタードロングスカート

【6】エストネーションの黒トップス×マスタードロングスカート
スカート(クルーズ〈ELIN〉)、ニット(エストネーション〈エストネーション〉)、ブレスレット・時計・リング(シャネル)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

程よくトレンドを楽しむなら、ラッフルのように生地を重ねた、華やぎのあるラップスカートにおまかせ。アシンメトリーなデザインで、角度によって表情を変える一枚は、トップスにシンプルな黒のVネックニットを合わせるだけで、おしゃれ上級者の風格が漂います。

【7】スローンの黒カーディガン×ベージュロングスカート

【7】スローンの黒トップス×ベージュロングスカート
スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、カーディガン(スローン)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・腕時計(カルティエ)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

大人の女性の気品や知性を際立たせる、黒ニットのトップスとベージュのフレアスカートの組み合わせ。フェミニン度の高い着こなしには、ワンハンドルバッグや端正な時計など辛口小物を添えると、引き締まってぐっと洗練されます。

黒トップスの関連記事