「異色のリーガルヒロイン」を演じる竹内結子さんの切れ味ある演技や、出演する女優さんたちとの掛け合いが楽しい!と毎週、大人の女性たちに注目を集めているフジテレビ系ドラマ『スキャンダル弁護士QUEEN』。

そんな竹内結子さん、2月27日にはご結婚を発表されました。おめでとうございます!

公私ともに順調な竹内さん、今週はどんな名演を見せてくれたのでしょうか? 第8回目(平均視聴率6.1%)のテーマは、大学内にはびこる男尊女卑問題。数年前、実際にあった論文不正事件を思い出させるような内容でした。

女性研究者の画期的な「発明」、それは本当か?嘘か?

学生ながら医療ベンチャー『フィニシス』を立ち上げた和久井純菜さん(森矢カンナさん)。髪の毛1本でさまざまな疫病が判別できる検査キットの開発に成功し、メディアから注目を集めていました。そんな彼女の過去の論文に不正があったと疑われ、検査キットも嘘ではないかとネット上で叩かれてしまいます。

鈴木法律事務所に所属する弁護士・氷見 江(竹内結子さん)たちは、まず和久井が在籍する帝都医大学を訪ねますが、そこでは男性優位で女性の研究の邪魔をする、悪しき習慣がはびこっていました。

同事務所のパラリーガル(法律事務)の真野聖子(斉藤由貴さん)は、和久井の論文に盗用があったことを突き止めます。そのうえで、今後の危機回避として、和久井にこの事実を記者会見で認めるように促します。

論文の盗用は認めつつ、研究を続ける道は?

いざ臨んだ記者会見で、記者の東堂裕子(泉 里香さん)から、フェニシスは資金が潤沢にあっても、当分検査キットは完成しないのではないか?と突き詰められます。共同研究者の柏木(伊藤麻実子さん)の証言動画まで暴かれてしまい、再び和久井は世間からのバッシングに。

絶望を感じていた和久井に、氷見の同僚の弁護士・与田知恵(水川あさみさん)は、あなたの願望は何か?と問いかけます。和久井は「フィニシス研究を続け、検査キットが実際に使われるようになる」と返答。

そこで、与田と氷見の同僚の弁護士・藤枝修二(中川大志さん)は、フィニシスの研究をアメリカで続けられるように画策。共同研究者の柏木を無事、アメリカに旅立たせることができたのです。

大学の男尊女卑問題で大逆転!

記者会見後、和久井はフィニシスの未来に絶望を感じていましたが、研究室に戻ると自分宛の封筒が。その封筒の中には、大学理事長の楽山(長谷川初範さん)が発した、女性を差別する会話が録音されたデータが入っていた。

それを元に、大学に女性差別があることを告発。これによって帝都医大の入学試験でも女性差別が行われていたことが公になり、理事長の楽山は退任。和久井は帝都医大の理事長に就任し、女性が本当に活躍できる大学に改革をスタートさせたのでした。

真野聖子(斉藤由貴さん)の魅力が爆発!

斉藤由貴さん演じる真野聖子。氷見たちの作戦を陰で支えるパラリーガールの真野は、今回はバランスボールに乗ったり、家政婦姿を披露したりしました。「真野さんのバランスボール運動、かわいすぎ!」「真野さんの家政婦姿、セクシーすぎ!」とSNSで話題に。回を重ねるごとに、真野聖子の魅力が増していきますね。

回を重ねるごとに魅力的になっていくキャラクター真野聖子。

竹内結子さんと水川あさみさんの仲良しコンビ、決裂!?

竹内結子さん演じる、氷見と水川あさみさん演じる与田の弁護士コンビ。ふたりでご飯を食べたり、わちゃわちゃしたりする場面が多く見られ、毎回視聴者たちに癒しを与えてくれていました。しかし、氷見がある議員と繋がりがあり、その議員の政治資金調達に手を貸しているのではないか?と疑う与田の疑惑が、ふくらんでゆきます。

今回のラストではついに、ふたりが対立する場面が見られました。これに「寂しい」という声が殺到。彼女たちが培ってきた絆は、今後どうなってしまうのでしょうか。

氷見はクライアントを利用して、政治家に政治資金を横流しする悪人なのか…。左/藤枝修二(中川大志さん)、右/与田知恵(水川あさみさん)

来週は、小出しにされてきた氷見の隠された過去がついに明らかになる模様。待ち遠しいですね!


斉藤由貴さん演じる真野聖子の着こなしの特徴3つ

さて、今週も主要キャラクターのファッションに注目していきたいと思います。まずは法律事務として2人の弁護士を支える真野聖子(斉藤由貴さん)の着こなしから。

■1:丸みを帯びたメガネに合う「ナチュラルなデザイン」のジュエリーが好きな様子

真野聖子(斉藤由貴さん)の「アイビーの葉」のペンダントが可愛い! それにしても与田は本当にオレンジ好きですね。

ネイビーのテーラードジャケットにプリーツスカート姿の真野聖子(斉藤由貴さん)が着用しているペンダントは、パリの街に生い茂るアイビーの葉を模した「リエール ドゥ パリ」というペンダント。自然のありのままの美しさをインスピレーション源にしてきた、ブシュロンらしいジュエリーです。透かし細工で、葉脈に至るまで繊細な表現が施されているため、実際に店頭で間近に見ていただきたいジュエリーです。

真野聖子(斉藤由貴さん) ブシュロン
リエール ドゥ パリ ペンダント…WG、ダイヤモンド ¥1,000,000

氷見 江(竹内結子さん) すべてブシュロン
キャトル ラディアント イヤリング…YG、WG、ダイヤモンド ¥510,000
キャトル クラシック ダイヤモンド リング ラージ… YG、WG、PG、ブラウンPVD、ダイヤモンド ¥1,010,000

与田知恵(水川あさみさん) すべてブシュロン
左手
キャトル ラディアント リング…PG ¥218,000
セルパンボエム リング XS …WG、ダイヤモンド ¥334,000
右手人差し指
エピュール リング…WG ダイヤモンド ¥291,000
右手中指
グログラン リング…PG ¥215,000

■2:いつもアニマルモチーフの指輪をつけている

中央の水川あさみさんのターコイズのネックレスも素敵です。

そしてこの第8話になって、真野聖子の指輪が変わっていることに気づいた方もいらっしゃるのではないでしょうか? いつもつけていて印象に残っていた「カメレオン」モチーフの指輪から、今回より優美な「孔雀」をモチーフにした指輪に変わっていました。何か意味があるのでしょうか? 紫のサテンブラウスの孔雀感に合わせたコーディネート?

指輪は、どちらもブシュロンのアニマルコレクションのもので、さまざまな暖色カラーのサファイアで彩られ、動物モチーフでありながら、人肌になじむように寄り添ってくれる工夫が施されています。

孔雀の表情が、なんとも優雅で美しいリングですよね♡

真野聖子(斉藤由貴さん) すべてブシュロン
セルパンボエム イヤリング…YG、シトリン   ¥1,260,000
セルパンボエム ペンダント スモール…YG、マラカイト  ¥228,000
ヘラ リング…サファイア、ダイヤモンド、イエローゴールド ¥2,550,000

氷見 江(竹内結子さん)すべてブシュロン
キャトル ラディアント イヤリング…YG、WG、ダイヤモンド ¥510,000
キャトル ラディアント ペンダント… YG、ダイヤモンド ¥750,000

与田知恵(水川あさみさん) すべてブシュロン
セルパンボエム ペンダント スモール…YG、ターコイズ ¥228,000
リフレ スモール …YG、ホワイトラッカーダイヤル、ローマンインデックス  ¥1,200,000
●ストラップ…オーストリッチ、SSベストバックル ¥29,000 *web掲載はない商品です

■3:お守りジュエリーとしても人気な「マザーオブパール」のイヤリングで、時に優美に

マザーオブパールのフェミニンなイヤリング。

真野聖子(斉藤由貴さん)が耳元で揺らしていたのは、1968年にブシュロンのアトリエで誕生し、神秘的な魅力を放ち続ける「セルパンボエム」。ゴールドビーズに囲まれたホワイトマザーオブパールのイヤリングは、品格ある女性を惹きつけ、フェミニニティを鮮やかに輝かせてくれるイヤリングです。マザーオブパールは、パワーストーンとしても人気で、災害から身を守ってくれるお守り的な意味を持つそうです。

真野聖子(斉藤由貴さん) ブシュロン
セルパンボエム イヤリング…YG、マザーオブパール ¥1,150,000

竹内結子さん演じる氷見 江は、胸元にデザイン性のあるトップスと耳元のイヤリングが印象的

最後に、今週印象深かった氷見の1シーンをご紹介します。珍しくまとめ髪にしていた氷見。胸元がつまったトップスを着るときには、髪をまとめたり耳にかけたりして、耳周りに抜け感をつくると、横顔がすっきり美しく見えるということが、この着こなしから伺えます。

すっかりキャトル ラディアント=氷見の印象に。

そして、ジュエリー的にはすっかり氷見 江=「キャトル ラディアント」の印象になりました。こちらは素肌にもタートルにも映えるペンダント。どんなファッションにも似合う、万能ジュエリーですね。

氷見 江(竹内結子さん)ジュエリーはすべてブシュロン
キャトル ラディアント イヤリング…YG、WG、ダイヤモンド ¥510,000
キャトル ラディアント ペンダント… YG、ダイヤモンド ¥750,000

今週は、真野聖子(斉藤由貴さん)のジュエリーを中心にチェックしてみました。来週は誰にフォーカスするのか、どんなファッションアイテムに注目するのかもお楽しみに。

※掲載した商品はすべて税抜です。

関連記事

番組詳細

  • スキャンダル専門弁護士 QUEEN
  • 次回/3月7日(木) 22:00~22:54 放送
  • 竹内結子主演!異色のリーガル・ヒロイン。セクハラ・パワハラなど主戦場は法廷でなく世間を騒がせるスキャンダルの裏側を水川あさみ他くせ者チームで解決する痛快劇。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
鬼石有紀