丸顔でもスッキリ、シャープな印象になれる髪型を教えてくれるのは、表参道にある美容院・ABBEYスタイリストの龍正也さん。

「オススメは、ワンレングスのボブスタイル。長めの前髪が輪郭をしっかりとカバーするので丸顔を小顔に見せる効果があります。このスタイルは頭の形が綺麗に見えるのも特長。後頭部がペタッとした絶壁の方にも似合います。悩みをカバーできるだけでなく、毛先に少し動きを出すと、大人の色気、女性らしさ、こなれ感のある雰囲気にも。アレンジ次第で見た目印象を変えることができます」(龍さん)

明るめのカラーもポイントなのだそう。

「カラーは赤みの出ないアッシュ系。インナーカラーを耳元にさりげなく仕込んで、顔まわりを明るく見せています。顔色がくすみやすい40代以降の方にぴったりです」(龍さん)

コンパクトなシルエットで小顔になれるだけでなく、明るめカラーで若々しい印象にも!トレンド感もある龍さんオススメの「ワンレンボブ」がこちら。

■髪型:毛先のニュアンスと透明感カラーでパッと明るい表情に

丸顔のショートヘア代表:生山アキさん(38歳/主婦)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

生山さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★
  4. うるおい(乾→潤)★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★

「ベースはワンレングス。前髪、サイド、襟足まで綺麗に切り揃えています。ただパツンと切ると動きが出ないので、髪の表面だけ軽さをプラス。スタイリングで毛先の動きが出やすいようにレイヤーを入れています」(龍さん)

■スタイリング:コテで耳周りの3箇所を外ハネにすれば完成!

「毛先の動きは、耳の上と前後の毛束を外ハネにすることでつくれます。耳周りに動きを与えるだけと簡単なので、忙しい日常でも手間になりません」(龍さん)

スタイリング前
スタイリング前

■1: 分け目をつけないようにドライヤーを当てる

頭頂部がペタッとしないよう根元を立たせる。指の腹でジグザグをつくるように地肌をこするのがコツ。
頭頂部がペタッとしないよう根元を立たせる。指の腹でジグザグをつくるように地肌をこするのがコツ。

■2: 後頭部、襟足を抑える

膨らまないように熱を当てながら手ぐしで抑えて。
膨らまないように熱を当てながら手ぐしで抑えて。

■3: 耳前後の毛束の毛先を外ハネにする

コテは26mmを使用。耳前後の毛束を細く取ってワンカールする。毛束は表面ではなく内側の毛束を巻くのがポイント。熱を与えすぎないようにコテはすべらせるように抜く。
コテは26mmを使用。耳前後の毛束を細く取ってワンカールする。毛束は表面ではなく内側の毛束を巻くのがポイント。熱を与えすぎないようにコテはすべらせるように抜く。

■4: 耳上の毛束も外ハネにする

耳上は表面の毛束の毛先をワンカールに。4同様に、コテはすべらせるように毛先にかけて抜く。
耳上は表面の毛束の毛先をワンカールに。4同様に、コテはすべらせるように毛先にかけて抜く。

〈丸顔ボブ スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■分け目、頭頂部はドライヤーで根元からふわっとさせる
  2. ■巻くのは3箇所だけ!すべて外ハネにする
  3. ■巻きすぎないように、コテは毛先にかけてすべらせて

「コテで巻く前に、毛束の中間から毛先に少しだけオイルをなじませると、乾燥防止やツヤ出し効果が期待できます。コテで巻くのは3箇所だけ。耳を中心に三角形をイメージして、三角形の先端にある毛束を外ハネにするとやりやすいですよ」(龍さん)

ABBEYスタイリスト・龍正也さん。インテリアに凝っているという龍さん。「家にある南国系の植物に毎日癒されています(笑)」
ABBEYスタイリスト・龍正也さん。インテリアに凝っているという龍さん。「家にある南国系の植物に毎日癒されています(笑)」

問い合わせ先

ABBEY
住所/東京都港区南青山5-7-23 始弘ビル 2F
TEL:03-5774-5774
営業時間:平日:11:00~21:00、土・日・祝日:10:00~19:30
定休日: 毎週月曜日・第2・3火曜日

骨格と毛流れを考慮した美しさ、毛量と髪質に合わせた再現性の高いデザインが魅力。
骨格と毛流れを考慮した美しさ、毛量と髪質に合わせた再現性の高いデザインが魅力。

 

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑