『フレッシュ デイ クリーム』―高機能「朝クリーム」の金字塔

紫外線やエアコンなどの外的ダメージにさらされる日中は、シワやたるみといったエイジングトラブルを生み出しがち。だからこそ取り入れたいのが、朝使用すると夜までずっと潤い続け、美肌を育むKANEBOの「朝クリーム」です。

老化の元凶である乾燥を寄せつけない、胎児を包んで守る「胎脂」から着想を得た"ベビーソフトオイル処方"が、潤いのカギ。朝クリームで肌が変わる、その実力を解き明かします。

「朝クリーム」を習慣にすることで、エイジングを忘れる夜までずっと潤い続ける美肌へ

紫外線や乾燥などの外的刺激から日中の肌を守る、朝クリーム。みずみずしい使い心地で肌を包んでしっとりなめらかに。メイク下地にも。カネボウ フレッシュ デイ クリーム 40mL SPF15・PA+++ ¥6,000

■美肌を育む理由1:夕方の疲れ顔から脱却。その秘密「胎脂」に着目した独自の処方にあり

朝、ていねいにスキンケアをしても、夕方には肌が乾燥してくすむ……。しかたがない、とあきらめるのは早計です。『フレッシュ デイ クリーム』なら、搭載された独自開発の"ベビーソフトオイル処方"で、驚くほど肌の潤いを守ってくれるから。

この処方は、赤ちゃんの「胎脂」という、羊水の中で赤ちゃんの体の表面を覆っている、白いクリーム状の物質からヒントを得たもの。

「胎脂」は羊水の中で肌がふやけるのを防ぐと同時に、生まれたあとの赤ちゃんの肌を、乾燥や外気の刺激から保護する役割も担っています。しかも成人の皮脂とは組成が異なり、潤いを保つ力も抱え込む力も別格。

カネボウ化粧品は、20年以上も前から「胎脂」の機能に着目し研究を重ね、このクリームに採用。朝から夕方メイクを落としたあとまで潤い続ける…。時間とともに潤いレベルが上昇する機能派なのです。当然、夕方の疲れ顔とも無縁というわけです。

■美肌を育む理由2:乾燥ダメージ、紫外線トラブル、荒れ肌を日中も改善していく​

「胎脂」のもつ、機能として潤いを抱え込む力は、成人皮脂の3倍。さらに、肌のバリアを回復する力も高く、キメが乱れた荒れ肌の改善にも効果大。オフィスではエアコンなどの乾燥ダメージ、外出すれば紫外線トラブルと、日中の肌は外敵に包囲されているも同然。

けれど"ベビーソフトオイル処方"があれば、潤いを保つ力はどんなに乾燥した環境であっても、しっかり潤う。しかも紫外線プロテクト機能も備わっているから、紫外線ダメージからも回避し、日中にエイジングケアしながら、みずみずしい肌に。まさに大人の肌に理想的な高機能です。

■美肌を育む理由3:密度の濃いケアを実感させる、テクスチャー変化も楽しみ

上質なテクスチャーの変化が、使う楽しみも呼び起こす

一般的なクリームは、肌になじませると徐々に肌におさまりますが、"ベビーソフトオイル処方"は、なじむ感触が2段階に変化。最初はみずみずしく、そしてふっと軽いタッチへ。

これは、抱水性の高い油剤が、なじむ際に水を抱え込みながら油分を放出するから。次に油層から液状の油がさーっと放たれ、肌をまろやかに包み込みます。肌と一体化するようなコク感が、心地いい。上質なテクスチャーであることも重要なポイントです。

■美肌を育む理由4:脳も肌もオンにする、香りの効能を解明

五感のなかでも、最も原始的な本能といわれる「嗅覚」は、脳に働きかけ、さまざまな効果をもたらすことが知られています。このクリームに採用されたのは、日本人の感性に響く茶花の香り。レモンやローズマリー、ジャスミンなども加わり、リフレッシュ効果が高いクリームなのです。

手のひらでやさしく肌を包み込むお手入れは、幸福満足感を高め、肌の質感も向上するという研究結果も。

問い合わせ先

※掲載した商品の価格は税抜です。

関連記事

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious4月号』小学館、2019年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
戸田嘉昭(パイルドライバー)
WRITING :
國藤直子(STRIPE)
EDIT :
五十嵐享子(Precious)
RECONSTRUCT :
安念美和子