太陽王と呼ばれたルイ14世が身につけていたような、悲劇の王妃マリー・アントワネットが愛したような、クラシックで豪奢なハイジュエリーがディオールから発表されました。

ディオール ア ヴェルサイユの「Appartements de Mesdames(王女たちの居室)」と名付けられたリングは¥50,000,000〜。手がけたのはディオール ファイン ジュエリーのクリエイター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ

ムッシュ・ディオールも愛したヴェルサイユ宮殿がモチーフとなっていますが、彼女がインスピレーションを得たのはその華麗なる建築ではなく、宮殿内のさまざまな装飾でした。シャンデリアに下がるクリスタルのドロップ、カーテンの留め飾り、「鏡の間」の木工細工、燭台や鏡のフレームetc.。

ヴィクトワールが描く精密なデッサン。©Pol Baril

まるでアンティークのように神秘的な存在感は、18世紀のジュエリー技法と、現代における最新の技術を組み合わせて生まれたもの。ヴィクトワールが描いたデッサンは、クレイ(粘土)で制作された後、パーツの一部をワックスで型取りします。一方、フレキシブルでつけ心地のいいジュエリーにするための連結構造などは、コンピュータで設計。

長い時を経てきたかのような深みは、ゴールドやプラチナだけでなく、あえて黒く酸化させたシルバーを使うことで表現しています。

ワックスで精巧に型取りされる。©Pol Baril

繊細なオープンワークや彫り、丹念な研磨は、パリでも指折りの職人が集まるディオール ファイン ジュエリーのアトリエの賜物。なかにはひとつのネックレスを仕上げるのに、1,000時間を超えるピースもあるのだそう。

写真の行程を経て完成するブローチは¥93,000,000

いちばん高価なもので2億4,000万円というため息の出るようなハイジュエリー。女性ならだれもが憧れるプリンセスのように、身にまとう夢を見てみたい。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.8.25 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
文/吉川 純