特別なお手入れをしなくても、ツヤやかでハリコシがあった20代に比べ、髪の老化やダメージが進み、お手入れに手間がかかる40代。とくにロングヘアは、髪質の変化から、「伸ばしても美しいまま維持できない」という声を多く聞きます。

パサつき、広がり、分け目の目立ち、この老け見えポイントを放置すると「痛いオバさん」「疲れていて貧相」と思われてしまうこともあるロングヘアですが、U-REALMのスタイリスト・瓜生智咲さんは、「いくつかのポイント押さえることで、まとまり・ツヤ・ボリュームのある若々しい印象になる」と言います。

「まずは分け目の根元を立ち上げるために、いつもの分け目と逆の方向から熱を当てましょう。次に、顔まわりの髪を外巻きにして華やかさを出しながら、パサついた毛先にオイルで潤いを与える。これだけで老け見えポイントは解決できます」(瓜生さん)

それでは、「見た目年齢マイナス5歳」が目指せる、40代のお手本ロングをご紹介します。

■髪型: ふわっと立ち上がる前髪と顔まわりの華やかなカールで、若々しさがあふれる印象に

面長顔のロングヘア代表:立川エリカさん(49歳/占星術カウンセラー)の場合

完成
サイド
バック

立川さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

面長顔で顔が縦長に見えるのが悩みだという立川さん。

「面長顔の場合、長めの前髪は顎よりも少し上くらいの長さに切るのがベスト。巻いたときに輪郭をカバーしてくれます。ハチ上には少しだけレイヤーを。巻いたときに動きが出やすく華やかな印象になります。

ただ巻くだけだと重い印象になりがちですが、所々に仕込んだハイライトがアクセントになり、軽やかで明るい印象に。毛先にはカールが長持ちするデジタルパーマを。自宅での再現性が高く、スタイリングがラクなのも特長です」(瓜生さん)

■スタイリング: 顔まわりは「隠すよりも出す」ことを意識して巻くのがコツ

「顔まわりをコテで外巻きにするときは、毛束の中間から毛先を巻くこと。根元から巻いてしまうと、失敗感のあるわざとらしいウェーブになってしまうので気をつけてください」(瓜生さん)

スタイリング前

■1: ドライヤーでフロント部分の根元を立ち上げる

前髪から頭頂部にかけて根元に熱風を当てる。

■2:コテで顔まわりを外巻きに

コテは26mmを使用。毛束の中間から毛先をリバース巻きにする。

■3:オイルを中間から毛先になじまてツヤを与える

パール粒くらいのオイルを手のひらになじませて、中間から毛先にかけてなじませる。

〈面長顔ロングヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■分け目と逆方向から熱風を当てる!
  2. ■リバース巻きで顔まわりの毛束を後ろに流す
  3. ■オイルは必須!必ず仕上げになじませて

「仕上げのオイルは、手のひらに薄く伸ばして、毛束の中間から毛先にしっかりとなじませてください。毛先にツヤとまとまりがあれば、髪の豊かさ、しなやかさにつながり、それだけで若々しく見えます」(瓜生さん)

U-REALMのスタイリスト・瓜生智咲さん。映画鑑賞は趣味だという瓜生さん。「相変わらず映画が大好きで、休日はDVDを鑑賞しています」。

問い合わせ先

  • U-REALM
  • 住所/東京都渋谷区神宮前5-6-13 ヴァイス表参道2F
  • TEL:03-5778-0529
  • 営業時間:平日12:00〜21:00/土・日・祝 10:00〜20:00
  • 定休日: 不定休
常に新しいスタイルを提案し続ける人気サロン。要望以上のクオリティで、満足度が高いのもうれしい。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑