大人の女性が理想とする知性・品格を備えた、全身をワントーンでまとめるコーディネートがこの春流行の兆しです。

やわらかさがあり女性らしいベージュだと、さらに品のよさが際立って大人の女性を美しくラグジュアリーに見せてくれます。それでは、上品で知的な4人の着こなしを見ていきましょう。

上品フェミニンな魅力十分!知性も漂うベージュのワントーンスタイル4選

■1:まろやかなピンク系の色味ならフェミニンムードを高めてくれる

全身ソフトなムードなので、キャッツアイ型のサングラスを投入して、ピリッと引き締めて。
全身ソフトなムードなので、キャッツアイ型のサングラスを投入して、ピリッと引き締めて。

大人世代で品のよいスタイリング上手の代表といえば、オリビア・パレルモ。ジレ×ニット×ワイドパンツというトレンドアイテム同士の合わせも、ピンクがかった色味をトータルで着こなすと、流行ど真ん中なのに落ち着いた印象にまとまります。

優しい女性らしさも香り、今どきのエレガンスが完成。深いグリーンの足元で辛口のスパイスを加えたのも大正解です。

■2:異素材をミックスすれば着こなしに立体感が生まれ、新鮮な着映えに

靴も淡いベージュのポインテッドトウのパンプスで統一。足先までヌードカラーにすればスマートさは格別です。
靴も淡いベージュのポインテッドトウのパンプスで統一。足先までヌードカラーにすればスマートさは格別です。

上質なアイテムを中心にベーシックスタイルを好むアンジェリーナ・ジョリーは、オールブラックをはじめワントーンのコーディネートがよく見かけられています。

この日は淡いベージュワントーンのシンプルシックな装いで登場。ダブルフェースのコートと、ふわっとしたシフォン素材のスカートを組み合わせて、ベージュをフラットに見せず全身に奥行き感をもたせ、おしゃれ上級者の着こなしを実現させています。

■3:カジュアルなアイテム合わせも、上品ベージュの力でリッチ感を高めて

黒の太ベルトをちら見せして、引き締め効果を狙えば、スマートな印象に仕上がります。
黒の太ベルトをちら見せして、引き締め効果を狙えば、スマートな印象に仕上がります。

ゆるっとしたニットを、センタープレスのパンツに合わせてリラックスムードに着こなしたモデルのポピー・デルヴィーニュ。パンツをニットよりちょっと淡いトーンにすることで、清潔感のあるヘルシーさが高まっています。

見るからに上質な風合いのニットだからこそ、ワンランク上の大人カジュアルが完成!

■4:ベージュをトーン違いで重ねて、確実に「知的に見える」効果を発揮

流行のワンハンドルバッグをダークカラーにしてアクセントに。バッグが小さめだから重たく見えず、むしろ差し色効果になってコーディネートに新鮮味をプラス。
流行のワンハンドルバッグをダークカラーにしてアクセントに。バッグが小さめだから重たく見えず、むしろ差し色効果になってコーディネートに新鮮味をプラス。

オンラインファッション誌の発行人で世界中にフォロワーをもつインフルエンサーのミラスロヴァ・デュマ。そのトレンチコート×パンツの装いをパリにてパパラッチ。

すべてのアイテムのトーンを絶妙にズラシた着こなしは、さりげなく全身をまろやかになじませ、カフェオレ系のベージュが知的なイメージを高めてくれます。パイソンレザーの靴も辛口フェミニンな味付けに。


ベージュワントーンのスタイリングといっても、異素材ミックスや絶妙なトーン合わせ、色味の違いによって上品さがベースにありながら、雰囲気はさまざま。アクセントになる小物使いなど細かな合わせ技にも、参考にしたいアイディアが詰まっていました。

ぜひ今後のおしゃれに取り入れて、センスのよいベージュのワントーンスタイルを楽しんでみてください!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀