カカオの産まれる大陸へのオマージュを仮面に込めて

イースターといえば、庭などに隠した卵を探すエッグハントが行われますが、こちらの卵は集めてギフトにしたくなる一品。1977年創業のラ・メゾン・デュ・ショコラの2019年イースターコレクションは「マスク ドゥ パック」。シェフ・パティシエ・ショコラティエのニコラ・クロワゾーさんによると今回はカカオを生産している3つの代表的な大陸のマスクを模ったのだそうです。

シェフ・パティシエ・ショコラティエのニコラ・クロワゾーさん

仮面にしつつも、イースターといっては避けて通れないのが卵なので、卵の形の仮面にしてイースターだということがわかるようにしたそうです。

約16×9.5cmの大きなチョコレートはすべて個別の箱で販売。

味のクリエイションはもちろん、表面の柄にもこだわったディテールにも注目!

「それぞれの国で取れたカカオ豆を使っていて。ブラジル産のカカオはちょっと酸味があって、イエローフルーツのような味わいがあります。柄はタトゥーをイメージしていて、その下に、キャラメリゼしたビスキュイ入りのアーモンドとヘーゼルナッツのプラリネをしき、カリカリ感を出すようにしています」(ニコラさん)

コレクション マスク ドゥ パック「マスク ブラジル」¥5,400

「アフリカの仮面は木製なので、木のような風合いにつくっています。カカオは68%のカカオで、非常にコクがあって、スパイシーな味。プラリネはピーカンナッツを使ったものを使用。なめらかなプラリネに、ピーカンナッツ自体もちりばめ、カリカリ感を加えています」(ニコラさん)

コレクション マスク ドゥ パック「マスク ガーナ」¥5,400

3つ目は、アジア大陸、インドネシアのジャワ島をイメージしたチョコレート。

「ジャワ島には火山があり、土壌が熔岩質。穴がぽこぽこあいたような熔岩石のイメージでつくりました。ミルクチョコレートですが、45%カカオでカカオ分は強め。カシューナッツのプラリネ。こちらはミルクチョコレートなので、プラリネ自体もまろやかなものを合わせています」(ニコラさん)

コレクション マスク ドゥ パック「マスク ジャワ」¥5,400

今回、仮面をモチーフに選んだ理由についてニコラさんは、カカオがいつも3つの大陸から来るので、オマージュを送りたいなと思っているそうです。

こちらのチョコレートはラ・メゾン・デュ・ショコラの各店舗にて現在販売中です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子