【目次】

【テイスト #1】「きれいめ」でオフィスでも活躍できるコーデに


カーディガンはきちんとした印象を持ち合わせているので、きれいめにまとめることでオフィスにもOKなコーディネートが出来上がります。上品にきめるための色選びや、着こなし術を早速チェック。

引き締め役は濃いブラウンで品よく

 

カーディガンにパンツ、そしてトレンチコートを合わせたクラシカルな魅力詰まったきれいめコーディネート。引き締め役の色を黒ではなく濃いブラウンにすることで、品の良いムードをまとうことができます。ニュアンス配色なので、真っ赤なルージュと真っ白なシューズで切れよくフィニッシュ。

シックな黒は水色で親しみやすさを加味

 

身体のラインにフィットするリブカーディガンは、黒を選んでシックに。小物も黒で統一しながら、すっきりとした水色のプリーツスカートを掛け合わせれば親しみやすさも演出できます。仕上げに、ベルトでウエストマークしてスタイルアップを図って。

アースカラーでまとめて大人の余裕を醸す

 

ハンサムなカーキパンツは、ざっくり編みのブラウンカーディガンでお堅さをなくして。アースカラーなので、洗練感が宿り大人の余裕を醸せます。パールネックレスやメッシュパンプスを加えれば、お洒落心感じるきれいめコーデが完成。

赤とネイビーのラインで無難にさせない

 

生真面目な黒のジャケット×パンツの組み合わせも、スリットパンツを選んだことで抜け感のあるきれいめコーディネートへと好転。インに忍ばせたベージュカーディガンは、赤とネイビーの切り替えカラーがアクセントになり、無難になりません。

オールベージュはカーディガンのリブが鍵になる

 

ノーカラージャケットとタイトスカートのコンサバスーツスタイルは、徹底的にベージュで統一することでお洒落なムードをアピール。ワンカラーがのっぺりしないよう、Vネックのリブカーディガンを取り入れて立体感を描いています。モダンなワンハンドルバッグやシャープなポインテッドトゥパンプスで、意志ある女性像を体現。

さっと肩掛けしてこなれ感を演出

 

たっぷりフレアがエレガントな黒のマキシワンピースに、同色のカーディガンをさらりと肩掛けしてこなれた雰囲気をメイク。オールブラックなので、ゴールドネックレスを添えて間延びをなくしています。

カーディガン×デニムで作るきれいめカジュアル

 

付かず離れずな黒カーディガンとブルーデニムパンツの組み合わせなら、オフィスカジュアルとしてもOKなコーディネートに着地。シンプルな上下なので、レオパード柄のフラットシューズをポイントに取り入れると物足りなくなりません。

【テイスト #2】「大人カジュアル」にもぴったり


ご紹介したきれいめコーディネートはもちろんのこと、カジュアルスタイルにもハマる頼りがいのあるカーディガン。手抜きにならず、大人らしさを両立した着こなしをお届けします。

シンプルワンツーは小物で飾り付ける

 

カーディガンのシルエットにゆとりを持たせ、カジュアルなリラックス感を醸したコーディネート。黒パンツとのシンプルワンツーなので、チェーンストラップのバッグやシルバーネックレス、キャップで飾り付けるとマンネリしません。ベーシックカラーでまとめ、大人らしさを意識。

スカーフでワンランク上のカジュアルを作る

 

ちょうど腰丈のカーディガンなら、裾をパンツにインせずとも脚長に見せることができます。ライラックのカーディガンとブルーデニムパンツで、キャッチーな色合わせを実現。仕上げに首元にスカーフをあしらえば、ワンランク上のカジュアルルックが楽しめます。

白T×デニムの王道ルックをブラッシュアップ

 

幾度となく着てきた白Tシャツとデニムパンツの王道な組み合わせを、ざっくり編みのグリーンカーディガンを使ってブラッシュアップ。トグルボタンなので、より立体感が加わります。カジュアルになりすぎないよう、黒ベルトをあしらって品の良さをプラス。

グレーパンツを忍ばせスタイリッシュに導く

 

優しげな印象のベージュロングカーディガンを、スタイリッシュなグレーパンツとスニーカーで大人カジュアルへと更新。色のトーンを統一したことで、一体感のある装いに整います。ベージュのハットをさらっと足して、顔周りにお洒落心をトッピング。

ボトムを軽やかにすれば垢抜ける

 

ナチュラルなベージュカーディガンは、深いVネックや袖にボリュームのあるものを選んで無難を脱却。そこにぱきっと切れの良いシャープな白パンツを合わせることで、スタイリッシュに導くことができます。ニュアンス配色がぼんやりしないよう、太めの黒ベルトを足してメリハリをプラス。

鮮烈な赤が縦長シルエットを強調

 

ネイビーのロゴカットソーとデニムパンツのカジュアルルックを、マキシカーディガンを使って映える着こなしへとランクアップ。ぱっと目を引く鮮烈な赤が、縦長シルエットを強調してスタイルアップ効果を引き上げています。すっきり見えるよう、ヘアはラフなお団子に。

レオパードカーディガンで遊び心を覗かせて

 

チェック柄のグレーコート、黒パンツ、白パンプスを合わせた端正な着こなしを、レオパード柄のカーディガンを使って適度にドレスダウン。モノトーンだからこそ淡い淡いピンクがよく映えて、遊び心感じる着こなしに着地します。

【アイテム #1】「パンツ」コーデが様になる着こなし術


プレーンなトップスにはない立体感がありながらも、どんなパンツにも合わせやすい汎用性の高さを備えたカーディガン。パンツルックが様になるコーディネート術をご紹介します。

モノトーンだからこそ甘いアイテムもお手のもの

 

グレーカーディガンと黒パンツのクールな組み合わせは、カーディガンの柔らかな見た目で親近感を演出。モノトーンコーディネートだからこそ、ビッグカラーブラウスのような甘いアイテムも大人らしく着こなせます。

ざっくりカーディガンとスキニーパンツでメリハリ作り

 

ざっくり編みのカーディガンを、さらりと羽織りとして活用。スキニーパンツを合わせメリハリラインを形成すると美バランスです。インナー以外全て黒で統一することで、シックにきまりシンプルカジュアルが様になります。

ニット素材で柔らかなムードに包まれて

 

リブキャミソールとパンツのセットアップに、ロングカーディガンをさっと引っ掛けてレイドバックなムードをオン。オフホワイトとエクリュの組み合わせなので、柔らかにきまります。ルーズにならないよう、足元にはポインテッドトゥのブーツをオン。

ネイビーパンツで知的に着こなして

 

カラーブロックが新鮮なベージュカーディガンに、ネイビーパンツをかけ合わせ知的な雰囲気をメイク。ピンストライプかつクロップド丈なので、美脚効果抜群です。きれいめなシルエットにマッチするよう、小物もきちんと感あるものをセレクトすると好バランス。

ベージュパンツならカラーカーディガンも馴染みやすい

 

ナチュラルな印象のベージュパンツなら、ぱきっとしたカラーカーディガンも取り入れやすく、さらに上品にまとめることができます。ワッフル素材のカーディガンで、シンプルな着こなしに抑揚を授けて。

デニムパンツ合わせでキャッチーに

 

遠くからでも目を引くネオンピンクのカーディガン。お目立ちアイテムだからこそ、親しみ慣れたデニムパンツを合わせるのが正解。イエローのバッグやゼブラ柄パンプスを添え、プレイフルな着こなしを堪能。

【アイテム #2】「スカート」合わせで上品に


もともと品の良さがあるカーディガンなので、スカートをかけ合わせることでレディな佇まいを実現することができます。スニーカーでほんのりカジュアルダウンした着こなしや、ちょっぴりモードに傾けた着こなしなど、テイストの異なるルックをピックアップしたのでお気に入りを見つけてみてくださいね。

ネイビーで統一してノーブルに

 

カーディガン×小花柄スカートの優雅な組み合わせは、ノーブルなネイビーを選ぶことで品の良さを上乗せ。気張って見えるのは避けたいので、足元は黒スニーカーで外すと今っぽくまとめることができます。

タイトシルエットでとことんきれいめに

 

コンパクトなカーディガンに、膝下丈のタイトスカートを添えてとことんきれいめにこだわったスタイル。優しいベージュに、ぱきっとした白とポインテッドトゥパンプスを加えることで、切れよく導くことに成功しています。

異素材ミックスで叶える立体ワンカラーコーデ

 

コーディネートをワンカラーに絞るときには、異素材を組み合わせることが成功への鍵。ニットカーディガンに、立体感が増すプリーツスカートを合わせメリハリを。さらにインナーとして淡いグレータートルニットを忍ばせ、奥行きを演出しています。小物は、グレーと馴染みの良いシルバーをセレクト。

淡く優しいピンクに任せれば華美になりすぎない

 

エレガントな柄のサテンスカートは、程よくルーズなカーディガン合わせで肩肘張らない着こなしへ。優しげな表情の淡いピンクなら、華美になりすぎる心配もありません。足元のコンフォートサンダルがこなれ見えに貢献。

カモフラージュ×レザーでかっこよく

 

カーディガン×スカートというフェミニンな組み合わせも、カモフラージュ柄とレザー素材を選ぶことでこんなにクールな表情に。スカートのタイトラインがストイックさを助長し、颯爽と歩く様が絵になるスタイルが完成します。

ネイビー×黒で落ち着いた表情へ

 

ネイビーのカーディガンに、黒のサテンスカートとブーツをかけ合わせ落ち着いた配色を意識。ケーブル編みかつドットの刺繍が施されたカーディガンなので、お堅く見える心配もありません。仕上げに白のミニバッグをちょこんと添え、色が沈むのを防止。

カーディガンを挟んで奥行きを作る

 

黒のトップスとジャケット、そしてネイビースカートが間延びしないよう、明るいブラウンのカーディガンを間に挟むことで奥行きのある着こなしへ。ジャケットとカーディガンの色を拾ったブーツを添え、まとまりある装いを作っています。

【アイテム #3】「ワンピース」でフェミニンにきめて


ワンピースとカーディガンを組み合わせ、見た目にもぬくもりたっぷりなフェミニンコーディネートを作るのはいかがでしょうか。今っぽく垢抜けるためのコーディネート術をチェックしてみてくださいね。

ざっくりカーディガンを足してドレスダウン

 

気品あるネイビーやカシュクールデザインがエレガントなワンピースは、ざっくり編みのカーディガンで外すのが吉。白を選びつつ、スニーカーも同色にすることでメリハリある着こなしへと導くことができます。

オーバーサイズのカーディガンでリラックス

 

シンプルでシックな黒のワンピースと華奢ストラップサンダルのコーディネートに、大きめサイズのカーディガンをさらっと肩掛けしてレイドバックなムードをオン。オーソドックスな白黒の組み合わせに、鮮やかピンクがよく映えて。

黒とネイビーで甘さ控えめに

 

一見フェミニンな着こなしも、品格のあるネイビーと黒の組み合わせなら甘さ控えめに着地。あえて長め丈のカーディガンを選び、ずるっと着こなすと気張らないお洒落が叶います。

色味と素材の違う白を小気味よく

 

オフホワイトのサテン生地ドットワンピース、ふわっとしたロングニットカーディガン、ぱきっとした白のスニーカー…。色味や素材の異なる白アイテムを融合させ、リズミカルな着こなしを叶えています。カーディガンはジャスト丈ではなく、ロング丈を選んでリラックスさせるのが今のムードにマッチ。

ざっくり編みロングカーディガンを足して着映える

 

ペイズリー柄のワンピースに、黒のロングブーツ。きちんと感ある組み合わせを、ロングカーディガンを使ってドレスダウン。ざっくり編みとロング丈が存在感あるアイテムなので、着映えが叶います。

ウエストマークしてメリハリラインを手に入れる

 

白地の小花柄ワンピースに、グレージュのニットカーディガンという穏やかな組み合わせは、ベルトを使ってウエストマークしメリハリを形成。そこにロング丈のブラウンソックスブーツを加えれば、フェミニンなだけじゃないモードミックスな着こなしが完成します。

PHOTO :
Getty Images