着るだけで美しくなる「理想のワードローブ」vol.2

着こなしがシンプルになるこれからの季節、ますます重要になるのが、選び取るアイテムひとつひとつが放つ“存在感”です。

ベーシックの真髄を深く理解する知的な美意識とおしゃれの冒険を品よく楽しむバランス感覚を備えた大人の女性のワードローブに本当に必要なものは?

その答えは、上質素材とつくりのよさにこだわりながら、旬の洗練へのアプローチも忘れないブランドが矜持をもって発信する「名品」にありました! 選びの視点、優秀ポイント、活躍例をまとめた「理想のワードローブ」をご紹介します。

堂々たる存在感と春夏に映える清涼感が両立!フェンディのホワイト・アイコンバッグ6選

左から/「モン トレゾール」¥143,000【サイズ:縦18×横12×マチ10cm】[カーフレザー]・「バゲット」ミディアム¥283,000【サイズ:縦14×横26×マチ4cm】[ナッパレザー]・「バゲット」ラージ¥333,000【サイズ:縦18×横33×マチ5.5cm】[ナッパレザー]・「ピーカブー エックスライト」¥431,000【サイズ:縦25×横30×マチ15cm】[カーフレザー]・「ピーカブー エックスエス」¥406,000【サイズ:縦16×横19×マチ16cm】[ナッパレザー]・「ミニ ピーカブー」¥406,000【サイズ:縦18×横23×マチ11cm】[ナッパレザー×パイソン](フェンディ ジャパン)

自分らしさを「名品」で表現すること、季節感をラグジュアリーに楽しむこと。洗練を知る大人の女性が描くおしゃれの願いをかなえてくれるのがフェンディです。

着こなしに清涼感が欲しいこれからの季節、断然、気になるのは、澄んだエレガンスを醸すホワイトバッグ! そこで、1997年にお目見えした「バゲット」、2008年デビューの「ピーカブー」、2018年誕生の新星「モン トレゾール」とそれぞれの時代を代表するアイコンバッグの最旬アイテムをピックアップしました。

クリーミー配色のニットとパンツに白のスニーカーを合わせてリッチなカジュアルスタイルに。エンボスロゴの大きめ「バゲット」で上品な遊び心を演出。バッグ「バゲット」ラージ¥333,000【サイズ:縦18×横33×マチ5.5cm】[ナッパレザー]・ニット¥95,000・パンツ¥135,000・靴¥110,000(フェンディ ジャパン)
女らしく端正なネイビーワンピースに投入して、華やかな迫力と清涼感をプラス。サングラスとパンプスでクール・モードな女優気分で着こなして。バッグ「ミニ ピーカブー」¥406,000【サイズ:縦18×横23×マチ11cm】[ナッパレザー×パイソン]・ワンピース¥260,000・サングラス¥45,000・靴/参考商品(フェンディ ジャパン)

ひと言でホワイトといってもトーンが微妙に異なるだけでなく、高度な技術で「FF」ロゴをエンボスしたり、煌めくビジューを配したり、カラフルなプレシャスレザーやアイコン柄のライニングでさりげなく遊んだり。改めて「名品」と呼ばれるバッグの豊かな表現力に感嘆します。

揺るぎないクラス感がありながらおしゃれ心を刺激する存在であり続ける。「名品」バッグこそが、着こなしをブラッシュアップさせるキーアイテムなのです。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
戸田嘉昭・小池紀行・池田 敦(パイルドライバー)
STYLIST :
白井艶美
COOPERATION :
PROPS NOW
EDIT&WRITING :
岡本治子、喜多容子(Precious)