「help、assist、save」は同じ「助ける」という英単語だけれど、それぞれどんなシーンに使う?

「help」「assist」「save」

「助ける」を意味する3つの英単語、「help」「assist」「save」…それぞれ、どんな場合に使う英単語でしょうか? これらは中学生向け英和・和英辞典で、明確に違いを説明されている英単語たちです。

というわけで、クイズです。「help」「assist」「save」、次のどの場合に使う英単語でしょうか? ひとつずつ当てはめてみてください。

1:同僚の企画書類の作成を「助ける」。

2:溺れている子供を「助ける」。

3:高齢の父がコートを着るのを「助ける」。

・・・さてさて、正解は?

正解?不正解?…ニュアンスの違いが正しく理解できていますか?

1:assist 「人を援助する」など、やや形式ばった手助けを意味するので、仕事を助ける場合はassistが正解!

2:save 危険な状況から「救う」際に使うので、saveが正解!

3:help  「ひとりではできない作業を手伝うこと」全般を意味するので、helpが正解!

1と3は「かしこまった状況か否か」で、微妙な使い分けをします。1はhelpでも間違いではありませんが、assistのほうがよりふさわしく、3にassistを使用するのは大げさすぎる、といったニュアンスです。

せっかく英語を使う際には、より自然な表現を使いこなしたいですね!

参考文献:プログレッシブ中学英和・和英辞典(小学館)
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: