ウィーンが現代にもたらした芸術のすべてを網羅!

2019年に日本とオーストリアの外交樹立150周年を迎えることを記念し、東京・六本木の国立新美術館と大阪・中之島の国立国際美術館にて、「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展が開催。先行して4月24日から始まった国立新美術館の会場には、早くもたくさんの人が訪れています。

ウィーンでは、19世紀末から20世紀初頭にかけて、絵画や建築、工芸、デザイン、ファッションなど、それぞれの領域を超えて、新しい芸術を求める動きが活発化。ウィーン独自の煌びやかな文化が花開いたこの時期は「世紀末芸術」とも呼ばれ、画家ではグスタフ・クリムトやエゴン・シーレ、オスカー・ココシュカ、建築家ではオットー・ヴァーグナー、ヨーゼフ・ホフマン、アドルフ・ロース、デザイナーのコロマン・モーザーなどが登場。

本展は、この現代にも大きな影響を与えているウィーンの世紀末文化を、18世紀の女帝マリア・テレジアの時代から「近代化(モダニズム)への過程」という視点で紐解く新しい試みの展覧会となっています。

マルティン・ファン・メイテンス《マリア・テレジア(額の装飾画:幼いヨーゼフ2世)》(1744年 油彩/カンヴァス216.2x162.5cm)ウィーン・ミュージアム蔵(写真手前)
当時の生活様式がわかる展示も多数。

クリムト、シーレといったウィーン世紀末の巨匠が一堂に!

本展では、クリムト、シーレ、ココシュカらウィーン世紀末の巨匠が遺した作品の数々を一挙展示。肖像画から市民の生活を描いた油彩画など当時の時代背景がわかる作品に加え、素描、ポスターなどのグラフィックも加わり、モダニズムの黄金時代を築いた作家たちがお互いに影響しあった様を感じ取ることができます。

また、今回展覧会ポスターにも使われているクリムトが最愛の女性を描いた《エミーリエ・フレーゲの肖像》は、撮影可能。日本国内の展覧会でここまで著名な作品が撮影できるのはまれな機会です。フラッシュ撮影禁止などルールを守って、この貴重な機会を楽しんでみて。

エゴン・シーレ《美術批評家アルトゥール・レスラーの肖像》(1910年 油彩/カンヴァス99.5x100cm)(写真左)
グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》(1902年 油彩/カンヴァス178x80cm)ウィーン・ミュージアム蔵
クリムトが実際に着用していたガウンも展示。

音楽の都・ウィーンと音楽家たちの逸話にも触れて

ウィーンの一教師の家庭に生まれ、そこから音楽家への道を駆け上ったシューベルト。音楽家たちが上流階級のパトロンの援助を受けて作曲する時代から自らが書きたい作品を創り上げるように変化する時代を感じさせる絵画も展示されています。

シューベルトが仲間たちと音楽を奏でるなかで、メンバーの屋敷で開催された集まりは「シューベルトの夜会(シューベルティアーデ)」と呼ばれるように。その様子がウィーンの邸宅から郊外へのピクニックなどで描かれています。

シューベルトのようにピクニックやホームパーティーで音楽を楽しむときに「シューベルティアーデする」なんて表現を使っていたのでしょうか。会場にはシューベルトが着用していた眼鏡も展示されています。

ヴィルヘルム・アウグスト・リーダー《作曲家フランツ・シューベルト》1875年ごろ(油彩/カンヴァス96x79cm)ウィーン・ミュージアム蔵(写真右)

展覧会の最後のお楽しみ!関連グッズが大充実

美術展などを訪れて、高揚感をもって出口に出たとき。その気持ちを日常に取り入れることができるグッズは近年さまざまなものがつくられています。今回もたくさんありましたが、いくつかピックアップしてみました。

やはり多いのが、《エミーリエ・フレーゲの肖像》をモチーフにしたもの。刺しゅうをほどこしたキーホルダーは、作者のクリムト版もあり。また、サンリオの人気キャラクター「マイメロディ」の頭巾の部分に取り入れたボールチェーンぬいぐるみなども。

刺しゅうキーホルダー(エミーリエ/クリムト)各¥1,512(税込)
ボールチェーンぬいぐるみ¥1,350(税込)

ウィーンの老舗洋菓子店「デメル」の焼き菓子「ショコラーデントルテ」も、《エミーリエ・フレーゲの肖像》をイメージしたオリジナルの限定パッケージで登場。こちらは数量限定なので見つけたら即買いで!

「デメル ショコラ―デントルテ」¥1,728(税込)※売り切れ次第販売終了
トートバッグはなんと全14種類!
トートバッグは¥1,620〜¥5,616(税込)

問い合わせ先

 

  •  
  • 大阪展
  • 会場/国立国際美術館
  • 会期/2019年8月27日(火)~12月8日(日)
  • 休館日/毎週月曜日 ※ただし9月16日、23日、10月14日、11月4日は開館、翌日休館
  • TEL:06-6447-4680
  • 住所/大阪府大阪市北区中之島4-2-55

 

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2019.5.9 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子