フェアリーのような可憐な少女から、172㎝の長身とスタイルの良さやガーリーな魅力を備えた21歳へ。他のハリウッド女優にはないイノセントな魅力と変貌自在な高い演技力で、数々の名作に出演しています。

2014年公開のディズニー映画『マレフィセント』では、ヒロインのオーロラ姫を熱演。愛らしいプリンセス姿は印象深く、世界中を虜にしました。

そんな彼女が現在夢中になっているバッグが、CELINE(セリーヌ)の「C(セー)」バッグ。知的で洗練されたイメージのある新作バッグですが、エルがスタイリングするとガーリーなムードも感じさせます。おしゃれの幅が広がりそうな、この「C(セー)」バッグが主役のコーディネートをチェックしてみましょう。

イノセントに、マニッシュに。セリーヌの「C(セー)」バッグを主役にしたエル・ファニングの上品スタイル4選

■1:可憐なワンピを「端正な表情のバッグ」で引き算コーデ

ゴールドのチェーンストラップは、シングル使いで長めに使うのがエル流。

バストにフリルが施されたイノセントなワンピに、「C(セー)」をワンショルダーでコーディネート。通常なら軽やかな素材や甘めな雰囲気のバッグを合わせがちですが、エルが選んだのは端正な表情のセリーヌの新作バッグ。ゴールドチェーンを効かせて、甘めなワンピにさりげなく品格が生まれました。

■2:ヴィンテージ感あるデニムスタイルも「シックなバッグ」でエレガントに

インにはタートルネックのカットソーを。清潔感あるホワイトを選んで、プレッピーなニュアンスもプラス。

リーバイス501風のヴィンテージデニムには、ピンストライプのWブレストジャケットを合わせてマニッシュ&クラシカルな装いに。シンプルなアイテムの組み合わせも「C(セー)」をプラスすれば、ちょっぴりゴージャスな印象にスイッチします。ヴィンテージ感あるスタイルも、上品に仕上げるあたり、早くもベテラン並みのセンスを発揮しています。

■3:個性的なボリュームワンピには「ゴールドチェーン」をアクセサリーがわりに

バッグとブーツを上質なレザーで合わせているのもポイント。

バルーンシルエットのアームやエンパイアラインのシルエットなど。ちょっぴり難しそうなデザインのボリュームワンピもサラリと着こなすエル。足元も太めヒールのブーツで抜け感をあえてつくらないコーディネートが新鮮です。

デザイン性の強いスタイルには、「C(セー)」バッグのチェーンをアクセサリー代わりに用いて、ミニマルに。バッグは斜め掛けしてラフなイメージに仕上げました。バランスの取れたスタイリングテクニックは流石です!

■4:洗練されたホワイトコーデに「ブラックバッグ」の存在感を投下

コートを脱いだ姿まで計算されたバイカラーコーディネート。ブラックの分量は少なめに。

一瞬で惹きつける完成されたコーデはこちら! ミニマルな全身ホワイトのスタイリングは、さりげなくモードなニュアンスを感じさせるのがエル流です。

ワントーンのスタイリングを引き締めたのは、ブラックの「C(セー)」バッグの存在感でした。一気に、エレガントでレディーなスタイルへと格上げさせた巧みな着こなしテクニックは、いますぐ参考にしたいもの。


世界的にも注目されているセリーヌの新作バッグ「C(セー)」。エルは、チェーンをシングル使いのロングにして、ちょっぴり肩の力を抜いたスタイルがお気に入りのご様子。正当派なスタイルにはもちろん、イノセントな雰囲気のコーデや個性的なシルエットのワンピにもマッチする、おしゃれの幅が広がる万能さが、このバッグの魅力です。

着こなし次第で、幅広いスタイリングを楽しめる、オンでもオフでも取り入れやすいバッグを、早速チェックしてみてください!

商品の詳細はこちらからご覧ください

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
阿部有希
EDIT :
石原あや乃