避暑感を演出!京都発の「和文化」が味わえる究極のかき氷とは?

宇治茶の老舗として知られる、京都の福寿園が手がけるレストラン「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮 東京駅グランルーフ店」。

多くの人々が行き交う東京駅の八重洲南口改札を出ですぐ、東京駅グランルーフ店の三階にあります。ランチタイム、カフェタイム、ディナータイム、とそれぞれの利用シーンでこだわりのメニューが展開されています。

福寿園は、寛政二年(1790年)の創業以来、茶一筋に歩み続けている京都の老舗茶舗。代々築きあげてきたお茶づくりの伝統の技を生かしながら、常に新しい技術を取り入れたティーライフを提案する、日本が誇るブランドです。

毎年、夏の風物詩として展開されているかき氷のメニューには根強いファンも多く、今年も満を持して「宇治抹茶氷」と「京のほうじ茶氷」が期間限定で登場します!

老舗茶寮ならではの「日本茶」を使ったかき氷は、それぞれ約1か月半の限定!

■1:抹茶づくしの宝箱│宇治抹茶氷【7月1日(月)~8月15日(木)】

「宇治抹茶氷」¥1,512 限定20食(1日)提供時間/11:00~なくなり次第終了 販売期間/7月1日(月)~8月15日(木)

お盆までの期間に登場するのが「宇治抹茶氷」。京都・福寿園こだわりの宇治抹茶を用い、ふわっと口のなかでほどけていく食感と香りがたまりません。繊細な抹茶のかき氷の上に、ほどよい甘みに炊かれた大豆、福寿園オリジナルの和菓子、そして抹茶アイスが添えられています。

甘さと渋さがほどよいバランスで整えられ、色味のコントラストも上品でキリッとした大人の仕上がり。どんな人でも食べやすい、「京の雅」が堪能できる、珠玉の逸品。お好みで抹茶シロップをかけて、抹茶づくしの宝箱を楽しむのもアリです。

■2:晩夏を惜しむような大人の香り│京のほうじ茶氷【8月16日(金)~9月30日(月)】

「京のほうじ茶氷」¥1,512 限定20食(1日)提供時間/11:00~なくなり次第終了 販売期間/8月16日(金)~9月30日(月)

こちらはお盆を過ぎた晩夏に登場する予定の「京のほうじ茶氷」。去りゆく夏の思い出を追いかけるような、お茶の味わいの深さや残り香をゆっくりと味わえる、これまた抹茶とは違う、魅力のあるお味。福寿園が厳選する良質の煎茶を焙じた「平安ほうじ茶」を用いた、オリジナルメニューです。

ほどよく甘く炊かれた大豆と、栗の甘露煮、蓮餅、ほうじ茶アイスがトッピングされています。お好みで、ほうじ茶と黒蜜のソースをかけることもできます。ふわっとした食感、甘さと渋さの絶妙なバランスがやみつきになりそう!


ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮 東京駅グランルーフ店 フロア内観

行き交う人々の多さでいつも混雑しているイメージの東京駅ですが、「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮 東京駅グランルーフ店」は、電話での席予約も可能とのこと。

旅行や帰省などのついでに立ち寄るもよし、避暑地で過ごすティータイムを味わいに行くも良し、日本文化を堪能しながら、贅沢な時間の過ごし方を愉しんでみてはいかがでしょうか?

※掲載価格はすべて税込です。画像はすべてイメージです。

店舗情報

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。