黒パンツを使ったおしゃれな夏コーデを雑誌『Precious』から集めました。ワイドパンツやテーパードパンツの着こなし方、スニーカーとの合わせ方や黒パンツに合う靴の色など、女性をおしゃれに見せるテクニックをたっぷりとご紹介します。

【目次】

夏の黒ワイドパンツコーデ


【1】黒ワイドパンツ×黒ノースリーブニット

ニット・パンツ・ベルト(ラルフ ローレン〈ポロラルフ ローレン〉)、バングル・時計・リング・バッグ(ブルガリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ニット・パンツ・ベルト(ラルフ ローレン〈ポロラルフ ローレン〉)、バングル・時計・リング・バッグ(ブルガリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

コンパクトニットにゆったりと優雅に揺れるワイドクロップドパンツを合わせて、モードなフィット&フレアシルエットを演出。黒の分量が多い着こなしには、ノースリーブやクロップド、ストリングス靴といった、効果的に肌を見せるアイテムで、セクシーに仕上げるのが旬のスタイルです。

【2】黒ワイドパンツ×白シャツ

ジリアン・ダヴィソン 撮影/©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジリアン・ダヴィソン 撮影/Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ファッションディレクターのジリアン・ダヴィソンは、オーバーサイズのシャツとハイウエストのワイドパンツで、知性とモード感が両立した格上のモノトーンスタイルを実現しています。

【3】黒ワイドパンツ×白ニット

ニット(オルドス ファッション ジャパン)、パンツ(オールウェイズ〈ナンバー エム〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、アルテミス・ジョイエリのチェーン・マッティオリのトップ(アルテミス・ジョイエリ)、GEORGES LARONDELLEのバングル・MODERN WEAVINGのバッグ(GALERIE VIE 丸の内店)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
ニット(オルドス ファッション ジャパン)、パンツ(オールウェイズ〈ナンバー エム〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、アルテミス・ジョイエリのチェーン・マッティオリのトップ(アルテミス・ジョイエリ)、GEORGES LARONDELLEのバングル・MODERN WEAVINGのバッグ(GALERIE VIE 丸の内店)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

優雅に揺れるワイドパンツで、最愛・モノトーンを鮮度アップ。

【4】黒ワイドパンツ×白Tシャツ

5分そで白Tシャツ・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
5分袖白Tシャツ・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

すっきりと端正な印象の「5分袖白Tシャツ」は、ワイドパンツに合わせてエレガントに着るのが今年流。ロングスカートのようなボリューム感のあるパンツは、歩く姿を優雅に見せ、気負いのない、大人のラグジュアリーを演出してくれます。

レディース夏の黒パンツコーデ


【1】黒パンツ×黒ブラウス

ブラウス・パンツ(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、リング・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、リング・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

上下を異なる黒のテキスタイルで仕立てつつもネイビーのラインがおそろい感を醸す「新顔セットアップ」。辛口配色を華やかモードに導く、フリルや艶素材を駆使したディテールがときめくポイントです。そのぶん、小物は上質シンプルを意識し、クリーンに着こなして。

ブラウスは、フリル使いの前立てにネイビートリミングを施したコットンローン素材。ストレートパンツは、ストライプ調の織り柄ネイビーと艶黒コンビの側章を配した、落ち感のよいポリエステルウール素材です。

【2】黒パンツ×黒シャツ

シャツ・パンツ・ベルト・ピアス(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
シャツ・パンツ・ベルト・ピアス(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

複雑な幾何学模様を組み合わせたワザあり! のレースシャツ。ベーシックなシャツカラーをベースにしつつも、前立てとカフスにたっぷりと施されたフリルデザインが、グッチならではのラグジュアリーな世界感を表現します。パンツも黒を合わせて、「ダブルG」のロゴベルトで小粋に着こなしましょう。

【3】黒パンツ×黒コート

アンスクリアのコート・ペリーコの靴(アマン)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(スーパー エー マーケット〈ステー〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
アンスクリアのコート・ペリーコの靴(アマン)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(スーパー エー マーケット〈ステー〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

おなじみのトレンチもシアーなコットンオーガンジーなら、真夏でも活躍。ジョグパンツ×ヒールサンダルで華奢な足首を強調しましょう。

【4】黒パンツ×白ブラウス

バッグ『シシリー 62』・ブラウス・パンツ・ネックレス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグ『シシリー 62』・ブラウス・パンツ・ネックレス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

スマートなスクエアフォルムの『シシリー 62』に付属のストラップを取り付けて、はつらつとしたエレガンスが香り立つショルダーバッグに一新。フリンジを配した幅広ボウが優雅に揺れるシルクブラウス+黒の細身パンツにぴりりと効かせれば、「かっこよくて女らしい!」と称賛される着こなしに。ミーティングから夜の華やかな席まで美しさに自信がもてます。

【5】黒パンツ×ボーダーTシャツ×レザージャケット

バッグ スモール『ブック トート』・レザージャケット・Tシャツ・パンツ・イヤリング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグ スモール『ブック トート』・レザージャケット・Tシャツ・パンツ・イヤリング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

バイカータイプのレザージャケットを肩がけしたスタイリッシュなパンツスタイル。そこにカジュアルすぎるバッグでは、エレガントな大人の女性には物足りない…。マットな質感のスムースカーフスキンで仕上げたピンクのトートで、クリーンな女力を香らせましょう。

【6】黒パンツ×白ブラウス×ハット

ブラウス(エスケーパーズ〈NEHERA〉)、パンツ (Theory〈Theory〉)、ハット(アマン〈アルテサーノ〉)、バングル(ザ ストア バイシー 代官山店〈アグメス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(GALERIE VIE 丸の内店〈K.JACQUES〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ブラウス(エスケーパーズ〈NEHERA〉)、パンツ (Theory〈Theory〉)、ハット(アマン〈アルテサーノ〉)、バングル(ザ ストア バイシー 代官山店〈アグメス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(GALERIE VIE 丸の内店〈K.JACQUES〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

小物で白をさらにトッピングすることで、ラフィアやレザーなど、さまざまな表情の白がコーディネートに加わり、モノトーン配色でも堅すぎない雰囲気に仕上がります。

【7】黒パンツ×白シャツ

時計(パテック フィリップ)、シャツ・パンツ(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
時計(パテック フィリップ)、シャツ・パンツ(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ほんのり透け感のあるシルクのシャツはカマーベルトがアクセントになったマニッシュなパンツと合わせて、定番のモノトーンスタイルに迫力をプラス。さらに手元に品格を宿すのは、本格派の大ぶり時計です。ホワイトアリゲーターのベルトと、マザーオブパールフェースが醸し出す上品な白の世界は、ビッグサイズで存在感はありつつも優しげな印象に。ジュエリーはいっさいつけず、潔く時計のみに。

【8】黒パンツ×白シャツ

シャツ・バッグ(リシュモン ジャパン〈アライア〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
シャツ・バッグ(リシュモン ジャパン〈アライア〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

後ろ側の裾が特徴的なテイルシャツが主役のカジュアル。ウエスト周りをスッキリと見せつつ、気になるヒップをさりげなくカバーし、体型補正もしてくれるデザインも秀逸。変化球のシルエットにトライすることで、白シャツ×スティックパンツの定番スタイルもドラマティックな印象に。メリハリのある黒と白のモノトーンで、さらにすっきり度もアップします。

【9】黒デニムパンツ×黒ブラウス

ブラウス(ユナイテッド・アローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、バングル・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ブラウス(ユナイテッド・アローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、バングル・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

黒のラッフルトップス+黒デニムという全身黒の装いが重たくならないのは、ノースリーブで大胆に肌を見せ、足首をのぞかせているから。甘口のフリルトップス、ニュートラルなデニム、辛口のレザーバッグ…と黒でも多彩な表情や質感のものを合わせることで、華やいだ印象に仕上がります。光をまとうようなゴールドジュエリーでも、ニュアンスアップ。

【10】黒パンツ×白ブラウス

ブラウス(ADORE)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ブラウス(ADORE)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

華ブラウス×黒パンツで、上品モードなスタイルに。シャリ感の効いた軽やかなコットンブラウスは、長めのカフやボートネックなどさりげないデザインに旬のモード感が香ります。チェーンバッグやアンクルストラップのパンプスで、女らしいエッセンスを! 首元に黒のネックレスを添えれば、顔周りがぐっと引き締まります。

【11】黒パンツ×黒ドットブラウス

ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、時計・バングル・リング※すべて予価(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、時計・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

夏だからこそ、遊びのある柄を取り入れて、フレッシュな印象を手に入れたいもの。透け感のあるシルクに白のドットが描かれたブラウスなら、この季節にふさわしい涼しげなイメージも漂います。黒の面積が多いときには、いかにメリハリをつくるかが大切に。落ち感のあるタックパンツを合わせたら、仕上げにワイドベルトを加えて、着こなしにリズムを。

【12】黒パンツ×白ブラウス

オリヴィア・パレルモ 撮影/©IMAXtree/アフロ BY:『Precious8月号』小学館、2018年
オリヴィア・パレルモ 撮影/IMAX tree・アフロ BY:『Precious8月号』小学館、2018年

不動の人気ファッショニスタ、オリヴィア・パレルモは、育ちのよさを感じさせるフェミニン・モノトーンの達人。ボウブラウスにモードなフレアパンツを合わせるセンスに注目です。

【13】黒デニムパンツ×黒カットソー×黒カーディガン

 撮影/©Splash/アフロ BY:『Precious8月号』小学館、2018年
撮影/Splash・アフロ BY:『Precious8月号』小学館、2018年

スタイルのよさを生かした、潔くシンプルな「全身黒」。まとめ髪や肩がけしたカーディガンでカジュアルに仕上げるのが好感度の決め手です。

【14】黒パンツ×白ブラウス

パンツ・ブラウス・バッグ・サングラス・靴(グッチ ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年
パンツ・ブラウス・バッグ・サングラス・靴(グッチ ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

夏の日差しにクールに映える、王道のモノトーン配色は、プレーンに着るよりも、素材感を重ねて、主張のある華やかさを演出するのが、断然気分です。GGパターンのマクラメレースがキャッチーなブラウスで、視線を上に誘導するのも、「すっきり映え」のテクニック。小物には、グレーパイソンの部分使いが効いたバンブーハンドルバッグをトッピングして、モードなラグジュアリー感をプラスしましょう。

【15】黒パンツ×白Tシャツ×黒ケープ

カシミア混のフード付きケープ・カシミア混のトラベルパンツ・クロスボディバッグ・トロリー『ホライゾン55』・トロリーにかけたウエストポーチ・時計・ブレスレット・iPhoneⅩケース・サングラス・靴(ルイ・ヴィトン)、Tシャツ/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年
カシミア混のフード付きケープ・カシミア混のトラベルパンツ・クロスボディバッグ・トロリー『ホライゾン55』・トロリーにかけたウエストポーチ・時計・ブレスレット・iPhoneⅩケース・サングラス・靴(ルイ・ヴィトン)、Tシャツ/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

ふわりとニットケープをまとい、快適なはき心地のリラックスパンツとサンダルで出発。機内でのくつろぎを優先しながら、上質な黒とモダンな小物使いで、洗練されたジェットセットスタイルを。

夏の黒テーパードパンツコーデ


【1】黒テーパードパンツ×黒Aライントップス

YOKO CHANのトップス・YOKO CHAN essenceのパンツ (YOKO CHAN)ネックレス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
YOKO CHANのトップス・YOKO CHAN essenceのパンツ(YOKO CHAN)、ネックレス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

フリルが肩先を品よくカバーするAライントップスと足首見せパンツは、しっかりとしたストレッチ素材。きちんと感がありつつ快適で、シワにもなりにくいのが優秀です。カゴバッグとヌーディーなサンダルを投入して、今の季節に映える抜け感を演出しましょう。

【2】黒テーパードパンツ×白ブラウス

ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード×グレンウッド〉)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード×グレンウッド〉)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ブラックデニムを選んだカジュアルな日でも、どこかにリッチ感を漂わせたいもの。そんなときは、カットソーではなく、「華ブラウス」の出番! フロントにはピンタックを、袖にはレースを施したリッチな一枚を主役に、ゴールドチェーンのバッグやボリュームリングでスパイスをきかせましょう。

【3】黒テーパードパンツ×白ブラウス

ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(ebure)、バングル※すべて予価(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(ebure)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

「黒×白」という研ぎ澄まされた配色だからこそ、微妙なシルエットがおしゃれの印象を左右。さらりと着心地のよいVネックの白ブラウスは、ふんわりとした袖やドロップショルダーに、旬のディテールが凝縮。一見スカートにも見える、ハイウエストパンツは黒を選び、スタイルアップへと導くメリハリを味方にしましょう。

【4】黒テーパードパンツ×黒トップス

 撮影/©Christian Vierig/getty images Entertainment BY:『Precious8月号』小学館、2018年
撮影/Christian Vierig・getty images Entertainment BY:『Precious8月号』小学館、2018年

オールブラックの着こなしの差し色として注目したいのが、鮮やかな赤。サングラスとサンダルでピリッと効かせるのが小粋さの秘密です。

レディース黒パンツ×スニーカーコーデ


【1】黒パンツ×白スニーカー×黒ブラウス

ブラウス・パンツ(ebure)、ブレスレット・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スニーカー(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ(ebure)、ブレスレット・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スニーカー(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

服はあくまでも黒で統一し、小物で少量の白を効かせる、が成功の秘訣。ブラウスはドロップショルダーのゆったりしたデザイン。ハイウエストのパンツにタックインして、メリハリあるフォルムをつくりましょう。

【2】黒パンツ×白スニーカー×黒トップス

トップス・パンツ・バッグ・スニーカー(オンワードグローバルファッション〈ジル サンダー〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、リング(ラリック銀座店)、リング(デ・プレ〈アリアナボウサード〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
トップス・パンツ・バッグ・スニーカー(オンワードグローバルファッション〈ジル サンダー〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、リング(ラリック銀座店)、リング(デ・プレ〈アリアナボウサード〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

品格を漂わせる厚手コットンのショートトップスは、両サイドにベンツと調節可能なベルト付き。潔く腕を出し、ワイドパンツとの縦長のシルエットで、クールなモード感を極めましょう。

【3】黒デニムパンツ×白スニーカー×ブラウンシャツ

シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バングル・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、スカーフ(ボータレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バングル・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、スカーフ(ボータレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

シャツ+デニムというオーソドックスな着こなしも、ブラウンのコットンリネンシャツ&ブラックデニムというセレクトで、今年らしく洗練させて。辛口度の高い着こなしには、ゴールドジュエリーで女らしさを添えることが必須です。

【4】黒パンツ×黒スニーカー×黒プルオーバー

プルオーバーニット・キャミソール(Theory luxe)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、サングラス(カレン ウォーカーギンザ シックス店)、ペンダント・ネックレス・バングル・時計※すべて予価(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(TASAKI〈TASAKI por RELIQUIAE〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
プルオーバーニット・キャミソール(Theory luxe)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、サングラス(カレン ウォーカーギンザ シックス店)、ペンダント・ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(TASAKI〈TASAKI por RELIQUIAE〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

モードをさりげなく取り入れているN.Y.セレブの人気は、絶妙なおしゃれ感をもたらすジョグパンツに移行中。プルオーバーニットからのぞく肌の抜け感で、リラックス感のあるスタイルに仕上げましょう。

黒パンツに合う靴の色


【1】黒パンツ×白ローファー

ジレ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット(ebure)、パンツ(コロネット〈アバティ〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ブレスレット・リング(ポメラート・ジャパン)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ジレ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット(ebure)、パンツ(コロネット〈アバティ〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ブレスレット・リング(ポメラート・ジャパン)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ジャケットを着なくても、きちんと感を与えるジレに注目。全身黒の着こなしに、ほんの少しだけ白を効かせましょう。

【2】黒パンツ×シルバーパンプス

ヴァレンティノ ガラヴァーニの靴・サングラス・バッグ・ヴァレンティノのTシャツ・デニム(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年
ヴァレンティノ ガラヴァーニの靴・サングラス・バッグ・ヴァレンティノのTシャツ・デニム(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

シンプルが心地よく、そして自信をもって楽しめるようになった世代だからこそ、今また新鮮に映る、白Tシャツの潔さ。足元にキリッと輝くシルバー靴を選んだのは、コットンの清潔感を引き立てるため。あえて色を投入しないことが、夏のモノトーンを成功に導く鍵になります。ジュエリーのごとく光を反射する、辛口なスタッズが大人の迫力をもたらしてくれます。

【3】黒パンツ×黒ヒールパンプス

ブラウス・パンツ・イヤリング・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
ブラウス・パンツ・イヤリング・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

とろみのあるシルクトップスに、斜めに配したゴールドボタンがシルエットを引き締める足首見せワイドパンツ。一見するとシンプルだけれど、素材の表情とシルエットが今らしさを表現し、モード感のあるサマーブラックスタイルを後押ししてくれます。

重く見えがちな黒一色の着こなしにこそ有効なのが、肌見せというテクニック。体のパーツのなかでも華奢な首筋や足首、潔く見せた腕が、着こなしに軽やかさと清涼感を授けます。

夏の黒パンツコーデの関連記事