夏のミモレ丈スカートの着こなしを雑誌『Precious』から厳選。大人可愛いミモレ丈スカートを、足元にも注目してセンス良く着こなすコーデを集めました。サンダル、スニーカー、パンプスごとに紹介しているので、気分に合わせた着こなし方をぜひ参考にしてみてください。

【目次】

ミモレ丈スカートとサンダルを合わせたサマーコーデ


【1】ラップ風ミモレ丈スカート×サンダル

マックスマーラのニット・スカート・バッグ・スポーツマックスの靴(マックスマーラ ジャパン)、ペンダント・バングル/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
マックスマーラのニット・スカート・バッグ・スポーツマックスの靴(マックスマーラ ジャパン)、ペンダント・バングル/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ベーシックな色を掛け合わせて、洗練されたコーディネートに。しっとりと肌になじむシルク混のニットとコットンのスカートで、どんなシーンでも映える好感度の高い着こなしを。

ミモレ丈のスカートは、ラップ風のデザインや、巧みにあしらわれたギャザー&タックが、旬のエッセンスをもたらします。仕上げにクリーンな白のバッグを合わせることでアースカラーの着こなしにメリハリが生まれて。

【2】タイトミモレ丈スカート×サンダル

ブラウス・スカート(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、 バングル・リング(ピアジェ)、サングラス・バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ブラウス・スカート(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、バングル・リング(ピアジェ)、サングラス・バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

シルク混のやわらかな生地が優しく揺れて、大人の色香を引き立てるベージュブラウス。こまかなギャザーがきれいなふくらみを描く袖や肩のフリルで、顔周りはジュエリーいらずの華やかさに。ブルーの生地にグリーンのマクラメレースを重ねた重厚スカートで、毅然としたいい女スタイルが完成します。

【3】リネンミモレ丈スカート×サンダル

ブルゾン・トップス・スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、デルフィーヌ・シャルロット パルモンティエのブレスレット・ダニエラ・デ・マルキのリング(H.P.FRANCE)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ブルゾン・トップス・スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、デルフィーヌ・シャルロット パルモンティエのブレスレット・ダニエラ・デ・マルキのリング(H.P.FRANCE)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

白ブルゾンは、チュールとシルクオーガンジーのダブルフェース。白の薄手ジャージートップス&アイシーブルーのリネン混スカートで、繊細な色と素材合わせを楽しみましょう。

【4】グレーミモレ丈スカート×サンダル

Tシャツ(エイトン 青山)、スカート・ペンダント・リング・バングル/右手・左手(ファンエンパイヤ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
Tシャツ(エイトン 青山)、スカート・ペンダント・リング・バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

『パーフェクト ショートスリーブ』と名付けられた天竺Tシャツは、リピーターが後を絶たない定番名品。腕の収まりをよくするために、袖山を高く設計。着心地のよさにつながるうえ、丸みを帯びた大人の体型をカバーしてくれます。

シックな色調のバーガンディカラーが洗練されたムード。着こなしは袖口を折り返してアレンジを加え、Tシャツと同色のスカートを合わせてワンピース風に着こなしましょう。

ミモレ丈スカートとスニーカーを合わせた軽やかコーデ


【1】黒ミモレ丈スカート×スニーカー

靴『CH871』(チャーチ 表参道店)、シャツ(ebure)、スカート(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バングル(DES PRES〈アリアナ ボウサード〉)バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
靴『CH871』(チャーチ 表参道店)、シャツ(ebure)、スカート(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バングル(DES PRES〈アリアナ ボウサード〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

スカートスタイルの足元を白スニーカーにチェンジするだけで、黒の装いが軽やかに。カーフスキンの白にゴールド使いが映える、洗練が際立つ一足なら効果絶大です。

【2】グレーミモレ丈スカート×スニーカー

靴『ディップ』(リエート〈サントーニ〉)、ニット(ebure)、スカート(Vince表参道店)、ネックレス(マダマ伊勢丹新宿店)、リング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
靴『ディップ』(リエート〈サントーニ〉)、ニット(ebure)、スカート(Vince表参道店)、ネックレス(マダマ伊勢丹新宿店)、リング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

グレーの色味もさることながら、シルエットの美しさも秀逸なレザースニーカーなら、洗練度抜群! シンプルなスカートスタイルのこなれ感を加えてくれます。

【3】レザータイトミモレ丈スカート×スニーカー

ジャケット・スカート・ブレスレット・バッグ・スニーカー(フェンディ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート・ブレスレット・バッグ・スニーカー(フェンディ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

涼やかな透け感を楽しむジャケットに、レザーのタイトスカートというモダンでフェミニンな組み合わせ。いつもならパンプスで仕上げるところを、今年はスニーカーを投入するカジュアルセンスが素敵です。インパクトのあるボリュームソールでも、肌なじみのいい上品なベージュトーンだから挑戦しやすく、脚も長く見えます。

ミモレ丈スカートとパンプスを合わせた上品コーデ


【1】プリーツミモレ丈スカート×パンプス

アントネッリのブラウス・ハイアリンのスカート(ストラスブルゴ)、イヤリング・ブレスレット・時計(シャネル)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
アントネッリのブラウス・ハイアリンのスカート(ストラスブルゴ)、イヤリング・ブレスレット・時計(シャネル)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

甘くなりすぎるからと躊躇していたプリーツスカートも、ピンストライプ柄がきいた「黒×白」配色ならば、海外セレブのようなクールな雰囲気さえ漂います。黒×白のバイカラーの透け感トップスやシルバーのバッグで、ひんやりとしたエッセンスを加えれば、真夏にふさわしい旬のスカートスタイルが完成します。

【2】プリーツミモレ丈スカート×パンプス

スカート・ブラウス・バッグ・ショルダーストラップ・サングラス・靴(フェンディ ジャパン)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年
スカート・ブラウス・バッグ・ショルダーストラップ・サングラス・靴(フェンディ ジャパン)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ベースの黒に溶け込ませるように配した、深いカーキグリーンとのカラーブロッキングが新鮮な気分を運ぶプリーツスカート。カーキの色味をつなげたエンブロイダリーレースのコットンブラウスで、フェミニンな女性らしさを高めましょう。スカートは、やや硬めのウール混生地でしっかりと折り目をつけたプリーツがつくる端正なAラインシルエットが、エレガントな雰囲気。

【3】レースミモレ丈スカート×パンプス

スカート・トップス(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、ブレスレット(シャンテクレール 東京店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年
スカート・トップス(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、ブレスレット(シャンテクレール 東京店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

主役にした着こなしも、控えめな質感で抑えたオールブラックならドレッシーになりすぎず、シックに決まります。足元のフラットパンプスは鮮やかな赤で外しつつ、マットな風合いのスエードを選ぶのが正解。

スカートは、中央を星形に抜いたアイレットレースの愛らしさと、片側をティアードにした優雅なアシンメトリーシルエットとの大胆なコントラストが魅力です。

【4】モダンミモレ丈スカート×パンプス

スカート・ニット(ブラミンク)、ピアス(DES PRES〈エレナ ローナー〉)、ネックレス(RHC ロンハーマン〈ハルポー〉)、ぺランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
スカート・ニット(ブラミンク)、ピアス(DES PRES〈エレナ ローナー〉)、ネックレス(RHC ロンハーマン〈ハルポー〉)、ぺランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

モダンなスカートに、靴でさらなる輝きをトッピング。こうして光沢感をちりばめることで着こなしにリズムが生まれます。ワントーンのコーディネートは、素材や色でメリハリを効かせましょう。

【6】カーキミモレ丈スカート×パンプス

スカート(ebure)、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ペンダント・ブレスレット・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
スカート(ebure)、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ペンダント・ブレスレット・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

カーキにも似たドライな「ローリエ」は、ほかの色をミックスするよりも、同色でまとめることで、凛々しい持ち味が際立ちます。

メインのスカートはハリのある生地が描くストレートシルエットが、ビジネスにふさわしい端正さと女らしさをアピール。上下ローリエが単調にならないよう、シルクサテンのブラウスと、素材コントラストが生まれるようにコーディネート。

夏のミモレ丈スカートコーデ関連記事