暑い夏は、ピリッと辛いカレーがおいしい季節ですよね。辛さで体がポカポカして、汗をかきながら食べるのがまた格別ではないでしょうか。

また、外は暑いのに室内は冷房で体を冷やしすぎてしまう夏は、夏バテでぐったりする人も多いもの。そんなときにも、スパイスたっぷりのカレーは胃腸を元気にしてくれます。

まさに「夏はカレー!」という気分にぴったりなのが、東京・八丁堀にリ・オープンしたこだわりの野菜と食材を取り扱うデイリーストア&スパイスカレースタンド「arcina(アルチーナ)」。

「arcina」の店舗外観・内観画像
東京・八丁堀駅から徒歩6~7分のところにある「arcina」。

もともとは、農薬や化学肥料をいっさい使わずにつくられる野菜や、安心・安全にこだわって丁寧につくられた食材や調味料などを販売するセレクトショップとして、2018年にオープンしたお店。

その「アルチーナ」が、こだわりの食材を取りそろえるお店ならではの上質な野菜・肉・スパイスを使用したカレーと、自家製の酵母シロップを使用した新メニューを主軸に、「オーガニックなファーストフード」を提案する新しいお店として、2019年8月7日(水)にリ・オープンすることに。

新メニューのカレーは、極上の素材を使った2種類

「『つくば鶏』とオーガニック野菜のスパイシーチキンカレー」と「オーガニック野菜と『保美豚』のドライカレー」の画像
すべてこだわりの契約農家から取り寄せた野菜などを使用しているスパイスカレー。

今回、新たに販売するのは「『つくば鶏』とオーガニック野菜のスパイシーチキンカレー」と「オーガニック野菜と『保美豚』のドライカレー」の2種。そして、自家製の酵素シロップを使ったラッシーとスイーツです。

■1:ココナッツミルクでまろやかに仕上げた「『つくば鶏』とオーガニック野菜のスパイシーチキンカレー」

「『つくば鶏』とオーガニック野菜のスパイシーチキンカレー」の画像
「『つくば鶏』とオーガニック野菜のスパイシーチキンカレー」S(ハーフ)¥550、M(通常)¥750、L(1.5倍)¥980

抗生物質など不使用で特別飼育された「つくば鶏」のもも・むね肉を、オーガニックや自然栽培の野菜と共に煮込んだスパイスカレー。

オーガニックココナッツミルクを使用しているので、まろやかな中辛味に仕上がっています。

スパイスは、独自に調合するパウダースパイスのほか、胃腸によくリラックス効果もあるとされるホールクローブと、ポリフェノールを含むブラックマスターシードを特徴的に配合。

やわらかなつくば肉と旬の野菜がごろごろと入っているのでボリュームも満点。がっつり食べたい男性にはもちろん、ココナッツミルクの風味のおかげで、辛いものが苦手な方でも食べられるのもうれしいですね。

■2:季節の野菜がたっぷり!「オーガニック野菜と『保美豚』のドライカレー」

「オーガニック野菜と『保美豚』のドライカレー」
「オーガニック野菜と『保美豚』のドライカレー」S(ハーフ)¥550、M(通常)¥750、L(1.5倍)¥980

こちらも抗生物質なしでつくられている『保美豚』に、オーガニックや自然栽培の野菜がみじん切りでたっぷりと入っているドライカレー。にんじん、玉ねぎ、生姜など、とにかく野菜がたくさん使用されているので、野菜のうまみを感じたい方、栄養をとりたい方にはぴったり。

さわやかなクミンシードの香りと、オーガニックのドライフルーツもアクセントになっています。

こちらも野菜のジューシーさ、自然な甘さがたっぷりと感じられるため、辛いものが苦手な方でもおいしくいただけますよ。

「カレー2種(ハーフサイズ)+日替わり野菜のサイドディッシュ2~3種」の画像
「カレー2種(ハーフサイズ)+日替わり野菜のサイドディッシュ2~3種」¥1,480

カレーは単品のほかに、日替わり野菜のサイドディッシュとのセット(¥920)か、“発酵”ラッシー1種とのセット(¥1,150)が選べます。

2種類のカレーをどちらも楽しみたいという欲張りな方には、ハーフサイズのカレー2種と日替わり野菜のサイドディッシュ2~3種のセットも。

2種セットについているモロヘイヤのスープは、葉野菜にありがちな苦味がなく、飲みやすい味になっています。クミンシードがさわやかさをプラスし、いいアクセントに。

シャドウクイーンとレッドムーンという品種のじゃがいものサイドディッシュの画像
今が旬のシャドウクイーンとレッドムーンという品種のじゃがいものサイドディッシュ。

スープやサイドディッシュ、カレーに使用される野菜は旬のものを使用しているため、季節ごとにどんどん変わっていくそう。店主の平山亜紀さんは「1か月後には、まったく違うものになっているかも」と話します。

訪れる時期によって、さまざまな味わいが楽しめそうですね。

■3:酵素シロップのさわやかな味わいが特徴のラッシー

酵素シロップを使用した「arcina」オリジナルのラッシーの画像
酵素シロップを使用した独特の風味がアクセントの、カレーにぴったりのラッシー。

カレーといえばラッシーですが、「arcina」のラッシーはひと味違います。

提供されるラッシーは「“発酵”ベジフル・酵素・ラッシー」(¥550)と「“発酵”シトラス・ソイ・ラッシー」(¥600)の2種。

前者はクリーミーな「木次乳業」の低温殺菌牛乳とヨーグルトを使用しています。後者は、「木次乳業」のヨーグルトにこだわりの有機豆乳を使用し、3種のプロテインをプラス。オーガニックの柑橘が添えられています。

どちらもおいしいだけでなく、栄養がたっぷりとれるところが美容と健康に気を遣う女性には特にうれしいポイントですね。

また、ラッシーに自家製の酵素シロップを使用しているところが「arcina」ならでは。

酵素シロップの画像
酵素シロップは熱を加えないでつくるため、素材の栄養がそのまま摂れるのがうれしい。

酵素シロップは、旬の野菜と果物をじっくりと砂糖につけて自然発酵させたもの。熱を加えないため、生のままの酵素やビタミン、ポリフェノールなどの栄養素が摂れるんです。

「“発酵”ベジフル・酵素・ラッシー」にはそのとき旬の酵素シロップを、「“発酵”シトラス・ソイ・ラッシー」にはハーブの発酵シロップを使用しています。

■4:オーガニックのアイスクリームを使用した酵素スイーツも

「arcina」特製の酵素シロップは、スイーツにも。

「“発酵”カカオ・サンデー」の画像
「“発酵”カカオ・サンデー」¥680

3種の選べるアイスクリームに、酵素シロップで甘みをつけたカカオクリームとナッツをトッピングした「“発酵”カカオ・サンデー」。

「“発酵”ざくろソーダフロート」の画像
「“発酵”ざくろソーダフロート」¥750

酸味がきいたざくろソーダにシトラス酵素シロップを加えて、アイスクリームを浮かべた「“発酵”ざくろフロート」。

どちらも酵素シロップがきいた、独特のスイーツとなっています。

また、ドリンクとして酵素シロップを水で割った酵素ジュース(¥250)も販売。ほかにも、オーガニックのコーヒー豆や茶葉を使用したカフェラテ、アールグレイティなどの定番メニューも用意されています。

ぜひ、カレーやスイーツと合わせて楽しんでみてください。


ドリンクも含めて、すべてのメニューはテイクアウト可能、スーパーでは手に入らないような極上の素材を使ったカレーが手軽に楽しめるのはうれしいですね。

店主の平山さんは、自身も会社員だった経験から、今後オフィス街でカレーとコーヒーの専門店を出店することも視野に入れているそう。

夏バテしそうな暑さの今、「arcina」の栄養たっぷりのスパイスカレーをおいしくいただいて、元気をチャージしてみませんか?

※商品の価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

  • arcina 
  • 営業時間/平日10:00~19:00、土日11:00~18:00(L.O.17:45)
  • 定休日/火曜・第2・第4日曜・祝日・年末年始
  • TEL:050-5437-0622
  • 住所/東京都中央区湊2‐14‐1 リベルタ銀座イースト1F 

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2020.3.7 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
小林麻美