レオパード柄、レース、ツイード──1985年のデビュー以来、変わらぬドラマティックなスタイルで、セレブリティをはじめ世界中の女性を魅了し続けるドルチェ&ガッバーナ。

©Massimo Listri

その待望の旗艦店が2016年9月10日(土)、青山・表参道にオープン。

ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナ、ふたりのデザイナーが東京の新店舗で目指したのは、世界中のどこにもない空間をつくること。そこで起用されたのが、フランス人デザイナー、グエナエル・ニコラが東京に設立し、グローバルで活躍するデザインスタジオ、CURIOSITY。

コンセプトは光と影。ブランドのルーツであり、変わらぬインスピレーション源であるシチリアのまばゆい太陽と、それが落とす濃密な影を、漆黒の空間に設置された400個ものプロジェクターが、光を投げかけることで表現しています。

©Massimo Listri

1階にはメンズ、ウィメンズのウェアとバッグ&シューズが、2階にはフォーマルウェアやイヴニングとともに、ファインジュエリーがラインナップ。ブラックセラミックのタイルが敷きつめられた黒が基調の空間は、中央にゴールドの階段が灯火のように配され、1階から2階へと導いてくれます。また、オープンを記念して、青山店でしか手に入らない限定アクセサリーも多数登場。



ドルチェ&ガッバーナ「青山旗艦店」限定バッグ 左から/シシリー¥285,000・ドルチェ ボックス¥299,000・フォンバッグ¥129,000・ドルチェ ボックス¥299,000(すべて税抜)

ブティック内には重厚なオペラが絶えず流れ、プログラミングされたプロジェクションは、ときに暗く、ときに明るく、刻一刻と移ろいながら、店内を浮かび上がらせます。

ドラマティックなドルチェ&ガッバーナの世界が、これ以上ないほどに表現されたブティック──ファッションがもつ高揚感を味わいに、秋いちばんのショッピングに訪れたいスポットです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.9.1 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
文/吉川 純