ヘルムズデール Helmsdale[南青山]

大人のパブで味わう黄金色のエール

イングランドとスコットランドの代表的ビールと言えばエール。ロンドンの万国博覧会を訪れた世界中の人々が驚愕した、クリスタルパレスの輝きに象徴されるように、国家として発展し続けた19世紀中期の英国。エールは、その繁栄の波に乗って、市場を世界に大きく広げていった。

建国の父と称されたアメリカの政治家ベンジャミン・フランクリンは、名を成す以前の18世紀前半、ロンドンで植字工として働いたことがある。

その頃の思い出として、英国の職人たちが朝から夜まで、ことあるごとに1パイントのエールを飲んでいたことを、驚きと共に自伝に書いている。産業革命によって労働者が都市に集まり、同時にエールの需要がうなぎ登りに増えていった時代でもあった。

大麦麦芽を原料にする英国伝統のビール、エールは、カロリーも高く食事を補うものとして、特に労働者の生活には欠かせない飲料とされていた。

ロンドン万国博覧会を経た1870年代には、ひとりあたりのエールの消費量は年間160リットル。ジンやウイスキーなどのスピリッツが6リットルだから、その量の多さは群を抜いている。その後も愛され続けたエールだが、1960年頃から急速に勢いを失う。世界的に流行した軽快なドイツ系のラガービールに人気の座を譲ることになったのだ。

「エールの悪口を言う人間はイギリス人の名に値しない」。

作家ジョージ・ボロー(1803〜81年)のこの言葉は、栄華に満ちたこの時代を生きた英国人たちが胸に刻んだ、誇り高きプライドとも言えよう。

1996年にオープンした老舗スコティッシュパブ。分厚いナラ材のテーブルをはじめ、各所に木材を使ったインテリアの店内には、英国の田舎町にあるパブのような温かさが漂う。スコッチウイスキーの充実ぶりは当然だが、オープン時から扱うエールの代表格、バスペールエールを目当てに通う客が多い。樽詰めのバスペールエールが丁寧に注がれていくU.K.1パインドグラスは泡が限りなく少なく、深い黄金色に満たされる。
時間を忘れてしまうような居心地のよさ、これがパブの魅力なのだろう、と感じられる空気が満ちる店内。英国人客のほとんどがカウンターでの立ち飲みスタイルだという。オーナー自らスコットランド現地で学んだ料理も評判。自慢のフィッシュ&チップスにはバスペールエールで溶いた衣ころもを使うという、こだわりようだ。

【お問い合わせ】
■Helmsdale ヘルムズデール
東京都港区南青山7-13-12 南青山森ビル2F
TEL:03-3486-4220
アクセス/渋谷駅から徒歩約7分(最寄りの出口は16番出口)
http://www.helmsdale-fc.com/info.html

クレジット :
撮影/荒木大甫 構成・文/堀けいこ