華やかな生菓子や焼き菓子を取り扱う老舗洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ(Henri Charpentier)」。1969年にオープンした兵庫・芦屋市の喫茶店に起源をもつブランドで、現在、全国の百貨店で90店舖以上を展開しています。

スイーツ_1,いちご_1,ショップ_1,手土産_1,プレゼント_1
アンリ・シャルパンティエの代表商品「フィナンシェ」

創業以来、素材や製法にこだわり続けてきたアンリ・シャルパンティエ。1975年の発売以来、「まねのできないおいしさ」を求め、進化し続ける代表商品の 「フィナンシェ」をはじめ、多彩な洋菓子が店頭に並びます。

「大切な日の大切な人への贈りもの」に選ばれるブランドとして、百貨店のほか、喫茶を中心とした路面店、法人向けサービス、海外展開など、幅広い販売チャネルで展開しています。

そんなアンリ・シャルパンティエですが、お店を始めるきっかけとなったのは「とあるひとつのデザート」だったそうです。

本記事ではアンリ・シャルパンティエの誕生秘話や、お店の想いなど、アンリ・シャルパンティエを経営するシュゼットの広報担当者さんにお伺いしました。 

アンリ・シャルパンティエの始まりは「クレープ・シュゼット」から

スイーツ_2,いちご_2,ショップ_2,手土産_2,プレゼント_2
アンリ・シャルパンティエの「クレープ・シュゼット」

「クレープ・シュゼット」は、すべてのカフェで共通して提供しているメニューで、創業者の蟻田尚邦氏がレストランでの修行時代に感銘を受け、喫茶店をはじめるきっかけとなったデセール(デザート)です。

オレンジ果汁で軽く煮たクレープに、リキュールを注ぐと青い炎が立ち上がります。炎の向こうで幸せそうな笑顔を見せるお客さんを見て、「たったひとつのデザートがこんなにも人を幸せにするのか」と蟻田氏は大きな衝撃を受けたそうです。

スイーツ_3,いちご_3,ショップ_3,手土産_3,プレゼント_3
フランベするときの青い炎が、より幸せな気分にさせてくれます

「私たちは当時から今も変わらず、ワゴンでテーブルまでお運びし、お客様の目の前でフランベして仕上げるスタイルを貫いています。レストランのコースでしか味わえないような、本格的なデセールや、こだわり抜いてつくったお菓子を通じて、お客さまひとりひとりに『幸せ』『喜び』『驚き』をお届けすることを第一に考えています」(担当者)

スイーツ_4,いちご_4,ショップ_4,手土産_4,プレゼント_4
創業当時のアンリ・シャルパンティエ芦屋本店

また、開業当時、喫茶店はサラリーマンの休憩場所のようなところが多く、本格的なデセールを味わえて、上品なひとときを過ごせるような喫茶店はとてもめずらしい存在だったそうです。

現在、「クレープ・シュゼット」は芦屋本店、銀座メゾン、酒蔵通り店の3店舗で提供しており、その中でも芦屋本店は、創業当時と同じ場所で現在も営業しているそうですよ。

アンリ・シャルパンティエの代表菓子2選

続いて、アンリ・シャルパンティエを代表する洋菓子を2種類、ご紹介いただきました。

■1:フィナンシェはギネス世界記録™5連覇!「フィナンシェ・マドレーヌ詰合せ」

スイーツ_5,いちご_5,ショップ_5,手土産_5,プレゼント_5
アンリ・シャルパンティエの「フィナンシェ」

1975年の発売より、40年以上人々に愛され続けているフィナンシェ。誕生以来、素材やレシピを何度も見直し、さらなるおいしさを求めて進化し続けている商品です。

そんなフィナンシェは2019年、年間販売個数でギネス世界記録™5連覇を達成。人々に最も愛されるフィナンシェとして、多くの支持を得ています。

アンリ・シャルパンティエと言えば、このフィナンシェなどの焼き菓子をイメージする方も多いのではないでしょうか? 

香りに優れたマルコナ種とフリッツ種のアーモンドをブレンドし、北海道産のオリジナル発酵バターを使用しています。世界一のフィナンシェを目指す、アーモンドと発酵バターの重厚な香りを楽しめます。

スイーツ_6,いちご_6,ショップ_6,手土産_6,プレゼント_6
「フィナンシェ・マドレーヌ詰合せ」32個入り ¥4,000(税抜)

定番商品のひとつ「フィナンシェ・マドレーヌ詰合せ」は、フィナンシェに加え、創業時から愛され続けている、ふっくらした貝がら形が愛らしいマドレーヌを詰め合わせたもの。マドレーヌは、ラム酒、瀬戸内レモン、蜂蜜を使ったさわやかな香りが特長です。

お歳暮や、大切な方へのご挨拶や手土産、冠婚葬祭でのギフトなど、様々なシーンに最適な商品ですよ。

■2:ロゴマークの3本のろうそくの火をイメージした「ザ・ショートケーキ」

スイーツ_7,いちご_7,ショップ_7,手土産_7,プレゼント_7
「ザ・ショートケーキ」¥570(税抜)

アンリ・シャルパンティエの生菓子を代表する「ザ・ショートケーキ」。ロゴマークに使われている「燭台の3本のろうそくの火」をイメージした、3粒のいちごで飾りつけました。

スイーツ_8,いちご_8,ショップ_8,手土産_8,プレゼント_8
アンリ・シャルパンティエのロゴマーク

たっぷりとサンドしたクリームは、ミルクの味が凝縮されて濃厚な味でありながら、すっと消える口どけのよさが魅力です。柔らかい生地とクリーム、甘酸っぱいいちごのマッチングを楽しめる定番のケーキですよ。


「シュゼットでは、『我々の使命』として『たったひとつのお菓子から、心ときめくシーンを演出する』を掲げており、創業者の想いを従業員全員が共有し、日々立ち返れるようにしています。『フィナンシェ』をはじめとする多くのギフト商品・生菓子を、販売員ひとりひとりの手から、感謝の気持ちとともにお届けしております」(担当者)

40年以上、人々に親しまれ続けてきた洋菓子のおいしさと、大切に守られ続けられてきたお店の想い。

全国展開するアンリ・シャルパンティエの販売店舗はもちろん、時には伝統の「クレープ・シュゼット」をいただきに、カフェまで足を伸ばしてみませんか?

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
伊東ししゃも