白ワイドパンツを履きこなした、大人の女性の冬コーデまとめ。ファッション誌『Precious』から、おしゃれ度の高い、白ワイドパンツの冬の着こなし方を厳選してお届けします。

カラーコートなどのトレンドアウターと合わせたり、オフォスでもOKなキレイめに仕上げたりと、白ワイドパンツを使ったコーデのおしゃれ鮮度を更新しましょう。

【目次】

冬の白ワイドパンツコーデ


【1】白ワイドパンツ×ベージュカーディガン×白トップス

カーディガン・トップス・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
カーディガン・トップス・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

極薄で透け感のあるトップスと、マットなパンツを黄みがかったクリーミーホワイトで統一したワントーンコーデに、黄みが強いベージュのカーディガンをプラス。モヘア混の起毛素材が、リッチな表情を与えて。

【2】白ワイドパンツ×黒コート×黒ブラウス

コート・ブラウス(J&M デヴィッドソン 青山店)、パンツ(ブラミンク〈ブラミンク〉)リング(エストネーション〈ベアトリス パラシオス〉)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ブラウス(J&M デヴィッドソン 青山店)、パンツ(ブラミンク〈ブラミンク〉)リング(エストネーション〈ベアトリス パラシオス〉)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ブークレ・ヤーンがつくり出すループ状のくるんとした風合いを、ブラックのチェスターコートでかっこよく。たっぷりとした前身ごろとは対照的に、バックスタイルはすとんと落ちるようなクリーンなシルエット。着こなしは、黒の艶ブラウスと白のワイドパンツを合わせて、凛々しくエレガントに。

【3】白ワイドパンツ×イエローコート×白ニット

ウールカシミヤのコート・ニット・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ウールカシミヤのコート・ニット・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

程よい袖ぐりのドルマンスリーブから生まれる、まろやかなシルエットのラップコートに、白のワイドパンツを合わせた装い。女らしいタイトスカートから流行のワイドパンツまで、合わせるボトムを選ばないのも、マックスマーラのコートが長く愛される理由のひとつ。

無造作にまとっても、きちんと感のあるピークドラペルのテーラードカラーに気品が宿ります。上下とも洗練のオフホワイトでまとめて、イエローの幸福オーラを堪能したい。

【4】白ワイドパンツ×ボルドーコート×白ニット

コート・ニット・パンツ・バッグ(ebure)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ・バッグ(ebure)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ボルドーのダッフルコートでつくる、こっくりリッチな休日コーディネートです。温もり素材のホワイトを上下で合わせた、ワントーンのリッチ配色が、リュクスな印象に導きます。

【5】白ワイドパンツ×バイカラーガウン×グレーカットソー

ガウン・カットソー・パンツ(ジルサンダージャパン.ジル サンダー+.) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ガウン・カットソー・パンツ(ジルサンダージャパン.ジル サンダー+.) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

カシミア混の温もりあるバイカラーのニットガウンをはおり、水平線に広がる壮大な景色を眺めて。リラックスした装いでも、エレガントな雰囲気を演出するガウンはリバーシブル仕様。クリーミーカラーのワントーンでまとめて、リッチな冬のカジュアルへと仕上げて。

【6】白ワイドパンツ×グレーニット

ニット(トラデュイール)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、スニーカー『チーム』・ピアス・ブレスレット・バッグ・スカーフ(エルメスジャポン)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャン ロス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ニット(トラデュイール)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、スニーカー『チーム』・ピアス・ブレスレット・バッグ・スカーフ(エルメスジャポン)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャン ロス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

白スニーカーを履きたい日は、清潔感あふれるベーシックカラー方向に仕上げると、コーディネートしやすいもの。選んだのは、心地よく足を包むメッシュ&レザーの白スニーカー。ソールのかかとに適度な厚みがあり、ワイドパンツとのバランスも良好です。

明るいネイビーを差し色にした、好感度の高い着こなしは、休日だけでなく、職種によってはオンタイムにも通用する、知性ときちんと感を備えています。

【7】白ワイドパンツ×ベージュニット

バッグ・ニット・パンツ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、ピアス・シルバーの大ぶりリング・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ニット・パンツ・バッグ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、ピアス・シルバーの大ぶりリング・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ベージュのざっくりニットにワイドパンツを合わせ、キャメルの靴でグラデーションさせた、カジュアルなベージュグラデコーデ。メキシコのツバ広帽を、たたんで仕立てたようなジル サンダーの『ソン ブレロバッグ』の、はっきりしたブルーの光沢レザーで、明るくハッピーなムードを振りまく。

【8】白ワイドパンツ×グレーニット×白タンクトップ

タッセル付きプルオーバーニット(edit & co〈. edit & co.Cowichan〉)、タンクトップ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(マックスマーラジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、カシミアのブランケット(三喜商事〈アニオナ〉)、ソファ『ワイヤーフレームソファ』・テーブル『イームズレクタンギュラーコーヒーテーブル』・ラグ『マハラム セミスラグ』(ハーマンミラーストア) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
タッセル付きプルオーバーニット(edit & co〈. edit & co.Cowichan〉)、タンクトップ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(マックスマーラジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、カシミアのブランケット(三喜商事〈アニオナ〉)、ソファ『ワイヤーフレームソファ』・テーブル『イームズレクタンギュラーコーヒーテーブル』・ラグ『マハラム セミスラグ』(ハーマンミラーストア) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

手仕事の風合い豊かなウールのローゲージニットは、染め色もナチュラルで健やかな休日スタイルにぴったり。エクリュなトーンでシックにまとめたい。

オフィスにもおすすめの冬の白ワイドパンツコーデ


【1】白ワイドパンツ×ベージュカーディガン×ライトベージュニット

カーディガン・プルオーバー(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(Theory luxe)、ネックレス・ピアス・リング(TASAKI)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴/オーダー価格(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
カーディガン・プルオーバー(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(Theory luxe)、ネックレス・ピアス・リング(TASAKI)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴/オーダー価格(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

永遠の美人配色「ベージュ×白」で颯爽と。ワイドめの白パンツを合わせ、人気配色を今の気分に。『アメリカン・ヴォーグ』の編集長、アナ・ウィンターに倣って、首元にはボリュームパールを。

【2】白ワイドパンツ×ベージュブルゾン×イエローニット

ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、ニット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(マックスマーラジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、ニット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(マックスマーラジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

オーバーサイズのブルゾンに、落ち感のあるワイドパンツ…。淡いモカベージュが描くボリュームシルエットに、インナーの蛍光イエローが引き締め効果を発揮。表情をも明るく輝かせるビタミンカラーは、ほんの少し投入しただけでも気分が盛り上がり、インパクトは絶大です。

【3】白ワイドパンツ×ベージュコート×白ニット

コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉) ネックレス(TASAKI)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉) ネックレス(TASAKI)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

モカベージュのノーカラーコートに、きれいめ白パンツを重ねてクリアに見せつつ、ワンポイントできれい色を投入。ミモザイエローはモカブラウンとも相性がよく、華やかでありながら、こなれた印象に。

【4】白ワイドパンツ×黒ジャケット×白シャツ

ジャケット(ニールバレット ギンザシックス)、シャツ(ジャンポールノット 青山店)、パンツ(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、イヤリング・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、ペランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ジャケット(ニールバレット ギンザシックス)、シャツ(ジャンポールノット 青山店)、パンツ(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、イヤリング・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、ペランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

くすみのない白のパンツが、会食やパーティなどの暗がりのシーンに映える、ジャケットのハンサムなスタイル。バンドカラーのコットンシャツも、白で統一すれば、華やぎも十分。視線を集める、リッチなジャケットスタイルが完成します。白と黒のモノトーンのバッグ&靴をリンクさせれば、都会的な印象に。

【5】白ワイドパンツ×ゴールドベージュジャケット×イエローブラウス

ジャケット・ブラウス・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(TASAKI)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ジャケット・ブラウス・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(TASAKI)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ラメ糸を織り込んだコットンリネンのツイードジャケット、シルクサテンのインナー、そしてメタリックのバッグからロングパールにいたるまで、ゴールドベージュにきらめく光沢を重ねたラグジュアリーなレイヤード。アクセントとなる濃厚なイエローは、全体に溶け込みつつ、インナーで見え隠れするくらいに、さりげなく色を効かせて。

【6】白ワイドパンツ×ネイビージャケット×ネイビーニット

ジャケット(三喜商事〈ストラネス〉)、ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年
ジャケット(三喜商事〈ストラネス〉)、ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力。とろみのあるオフ白のワイドボトムが軽快さをもたらして。

【7】白ワイドパンツ×白カーディガン×白プルオーバー

カーディガン・プルオーバー・付け襟・パンツ・バッグ(三崎商事〈エルミダ〉)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
カーディガン・プルオーバー・付け襟・パンツ・バッグ(三崎商事〈エルミダ〉)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

アイシーな色を重ねた、ワントーンのパンツコーデです。ホワイトカシミヤの贅沢さをリブ編みのロングカーディガンとプルオーバーで満喫! さらに、スワロフスキー・クリスタルとパールをちりばめた付け襟で、顔周りに美人オーラを授ける一方、優雅なワイドパンツ、大人かわいいファーストラップ付きバッグを投入。遠目にもはっと目を引くホワイトグラデーションの着こなしが完成しました。

関連記事