Chief Petty Officer(アメリカ海軍下士官)の略称で、作業用ユニフォームがルーツのCPOジャケット。

シャツカラーと、胸に大きなフラップ&パッチポケットが特徴になっていて、秋冬からのトレンドアイテムです。

日本ではもちろん、海外でも流行中のようです。

海外セレブたちの間でも、多数のおしゃれ上級者が取り入れていたので、お手本にしたいスタイリングを見ていきましょう。

肩の力の抜けたリラックス感をアピールできる!CPOジャケットでつくるコーデ4選

■1:カイア・ガーバーは…×パーカとの合わせは軽快カジュアルの完成度が高まって、絵になるコーデに

ジャケット_1
白のニット帽がスタイリングに明るさをプラス。目立つアイテムに白を取り入れると、一気に軽やかな印象に。

ブルー×黒のCPOジャケットを着こなしたモデルのカイア・ガーバー。

インはオールブラックでまとめて、すっきりした印象に。シャツカラーなので、パーカのフードをのぞかせると、アクティブさが高まります。

黒レギンスの足元は、ボリュームスニーカーで重心を下にしているので、脚長効果をもたらす良好バランスに。

休日のスポーティーカジュアルにぜひ取り入れるとかっこよく決まる、お手本にしたいコーデです。

■2:ソフィア・リッチーは…カーキを主役にシックな大人配色でまとめた理想のクラスカジュアル

ジャケット_2
ジャケットにボリュームがあって、抜き襟になっているので、ヘアはアップにしてコンパクトにまとめて正解。

モデルのソフィア・リッチーは、BIGサイズのCPOジャケットを愛用していました。

ヒップ下の長めの丈で、襟をやや抜いた着こなしアレンジはこなれたムードが漂い、かっこよく決まります。

カーキに合わせて、キャメル、オフホワイトといったドライなトーンの配色でまとめているところも、リッチで大人っぽい雰囲気の決め手に。

BIGサイズを選ぶと、軽いアウター感覚で、理想のリラックスカジュアルができ上がります。

■3:エマ・ロバーツは…ウエストマークすればモードさが引き出され、洗練エレガンスにも対応可能

ジャケット_3
スカーフタイプのカチューシャが華やかなアクセント。センスのいい色味だからおしゃれ度がグッとアップ。

L.A.で友人と街歩きしているところを見かけられた女優のエマ・ロバーツ。

白のCPOジャケットを、ウエストをキュッとマークして着こなしていました。

同じカラーリングのパンツをセットアップ風にコーディネートしているのと、このウエストをマークした着こなしアレンジで、カジュアルな雰囲気ではなくエレガントさが高まっています。

インにはレオパード柄のインナーを合わせて、モード感を切れよく表現。バッグとサンダルは、引き締め効果のある黒でシャープに。

■4:ケンダル・ジェンナーは…ブルーのインナーをアクセントにオール黒でシャープにまとめて大人っぽく

ジャケット_4
足元はハイテクタイプの白スニーカーでスマートに。ソールにボリュームがあるので、脚長効果が期待できます。

モデルのケンダル・ジェンナーがN.Y.でSNAPされたときの着こなしです。

黒のベーシックなCPOジャケットを着ていますが、インにきれいなブルーのタートルを合わせているので、上半身に華やいだモードさをアピールでき、スタイリッシュな印象に。

トップスと雰囲気をマッチさせたレザー風の艶パンツも、上下のバランスがよく着映えを発揮しています。

ちょこんと手に持ったバッグはルイ・ヴィトンのマルチカラーのモノグラム。

小さいながら、カラフルでアクセントに十分な存在感を放っています。


流行のCPOジャケットは、セレブたちもこぞって取り入れ、それぞれの個性を生かした着こなしやアレンジを楽しんでいました。

ただカジュアルなだけでなく、リラックススタイルや品のいいモードエレガンスにも自由自在着こなせます。

ぜひ新たにワードローブに追加して、コーディネートを新鮮に仕上げてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀