パンツスタイルの中でも定番の、ベーシックな黒のパンツ。今回は、黒パンツを使った春コーデを、ファッション誌『Precious』からピックアップしました。人気のワイドパンツの履きこなし方や、オフィスでも使えるきれいめスタイルなど、主に40代の女性に参考にしていただきたい大人コーデをそろえました。

【目次】

40代のためのレディース黒パンツの春コーデ


【1】黒パンツ×ベージュロングジレ×黒カットソー

ジレ(三喜商事〈バンフォード〉)、カットソー(Vi nce 表参道店)、ドゥロワーのパンツ・セルジオ ロッシの靴(ドゥロワー 六本木店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ペンダント(showroom SESSION〈カオル〉)、バッグ(リシュモンジャパンセラピアン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジレ(三喜商事〈バンフォード〉)、カットソー(Vi nce 表参道店)、ドゥロワーのパンツ・セルジオ ロッシの靴(ドゥロワー 六本木店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ペンダント(showroom SESSION〈カオル〉)、バッグ(リシュモンジャパンセラピアン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

カーディガン代わりの活躍が期待される、シンプルに徹したロングジレ。ダブルフェースの素材が、軽やかなシルエットを可能に。シンプルなロングジレがフレームとなり、インのカットソーとパンツを黒でつなげることで、ロング&リーンが実現。スマートな印象へと導きます。

【2】黒パンツ×黒ジャケット×白Tシャツ

ジャケット・Tシャツ・パンツ(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス・ペンダント・バングル(ブシュロン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジャケット・Tシャツ・パンツ(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス・ペンダント・バングル(ブシュロン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

自信と信頼を授けてくれる、ハンサムな仕立てのウールシルクのダブルジャケットを主役にしたスタイリング。Tシャツの上からさらりとはおるだけで、着こなしが決まります。肩ひじ張らずに、いつでも笑顔で輝いていたい――そんなポジティブなマインドをもつ女性にこそ、軽やかなジャケットスタイルがよくお似合い。

【3】黒パンツ×黒ジャケット×黒カットソー

ジャケット(カオス丸の内)、カットソー(エイトン 青山)、デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス・ネックレス・バングル(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット(カオス丸の内)、カットソー(エイトン 青山)、デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス・ネックレス・バングル(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

美しい芸術に触れて、感性に潤いをもたらしたい休日スタイルは、オールブラックの装いで、辛口な女らしさを表現。スモーキングジャケットでキリッとさせたぶん、ポインテッドの靴や、フレッドの繊細なジュエリー使いで、艶めきをプラスして。重たい印象にならないよう、光や艶を意識的に加えるのが成功するコツです。

【4】黒パンツ×黒ジャケット×黒ニット×白シャツ

ジャケット・シャツ襟とそでが着脱可能なニット・パンツ・ベルト・バッグ・靴(ラルフローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット・シャツ襟とそでが着脱可能なニット・パンツ・ベルト・バッグ・靴(ラルフローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

ハンサムなかっこよさを演出できる、モノトーンのテーラード×細身のパンツというオンスタイル。でもシンプルすぎるベルトでは退屈に見えてしまうことも。留め具部分がメタリックな輝きを放つベルトで、リッチな華やぎをプラスしたい。白襟、白カフスのあしらいにも、端正な美しさが感じられて。

【5】黒デニムパンツ×ベージュカーディガン×ベージュニット

カーディガン・ニット(スローン)、デニム(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(アマン〈ア ヴァケーション〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン・ニット(スローン)、デニム(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(アマン〈ア ヴァケーション〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ベージュ系ツインニットに、J.M. WESTONの白ローファーを合わせ、ハンサムな雰囲気に着こなしたデニムスタイル。ノンウォッシュのブラックデニムなら、ニットアンサンブルを合わせた定番のトラッドスタイルも、軽やかにアップデートされます。

【6】黒デニムパンツ×ピンクブラウス

デニム(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店)、ネックレス(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バングル(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ソコ〉)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス(ドゥロワー 丸の内店)、デニム(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)、ネックレス(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バングル(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ソコ〉)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

シルクブラウスの甘さをブラックデニムで中和させて、旬の気分を取り入れたエレガンス・カジュアルです。

【7】黒デニムパンツ×柄トップス

デニム(マインド〈マインデニム〉)、トップス(オットデザイン〈ルーム エイトブラック〉)、ピアス・ブレスレット・リング(TASAKI)、時計(A.ランゲ&ゾーネ)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
トップス(オットデザイン〈ルーム エイトブラック〉)、デニム(マインド〈マインデニム〉)、ピアス・ブレスレット・リング(TASAKI)、時計(A.ランゲ&ゾーネ)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ワンウォッシュで黒の深みを生かしたデニムなら、女性らしい着こなしにもよく似合います。マットブラックのメタルボタンなど、細部にもこだわりが光って。

【8】黒パンツ×グレーシャツワンピース×白カットソー

シャツワンピース (ebure)、アバティの長袖カットソー・エアロンのパンツ(コロネット)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ブレスレット(ラリック ジャパン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
シャツワンピース (ebure)、アバティの長袖カットソー・エアロンのパンツ(コロネット)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ブレスレット(ラリック ジャパン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

黒の占める割合を増やし、グレーの着こなしをハンサムに。全体の印象が辛口になりすぎないよう、はおる気分で着るシャツワンピースなど、装いのなかにしなやかに揺れるアイテムを用いましょう。

【9】黒パンツ×黒ジャケット×白カットソー

ジャケット・カットソー・パンツ(Theory luxe)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ジャケット・カットソー・パンツ(Theory luxe)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

シルクの光沢と、しなやかな落ち感のあるパンツは、ジャケットを合わせるだけで端正な着こなしに。パールネックレスとサテンのバッグで女らしいツヤを差せば、パーティーにもぴったりです。

【10】黒パンツ×白ブラウス

バッグ『シシリー 62』・ブラウス・パンツ・ネックレス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ・ネックレス・バッグ『シシリー 62』(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

スマートなスクエアフォルムのバッグ『シシリー 62』に付属のストラップを取り付けて、はつらつとしたエレガンスが香り立つショルダーバッグに一新。フリンジを配した幅広ボウが優雅に揺れるシルクブラウス+黒の細身パンツにぴりりと効かせれば、「かっこよくて女らしい!」と称賛される着こなしに。これで、ミーティングから夜の華やかな席まで美しさに自信がもてます。

【11】黒パンツ×白シャツ

シャツ・バッグ(リシュモン ジャパン〈アライア〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
シャツ・バッグ(リシュモン ジャパン〈アライア〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

後ろ側のすそが特徴的なテイルシャツが主役のカジュアル。ウエスト周りをスッキリと見せつつ、気になるヒップをさりげなくカバーし、体型補正もしてくれるデザインも秀逸。変化球のシルエットにトライすることで、白シャツ×スティックパンツの定番スタイルもドラマティックな印象に。メリハリのある黒と白のモノトーンで、さらにすっきり度もアップ。

【12】黒パンツ×ベージュコート×グレーニット

コート・ラメニット・パンツ・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
コート・ラメニット・パンツ・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

サンローランのトレンチコートは、セットインスリーブとハリのある素材で、よりほっそりとしたシルエットを強調できる一着。色もコクのあるサーブル(=サンドベージュ)がシック。日本限定版なので、小柄な体型でも映える素材やフォルム、日本人の黄み肌に映えるベージュといった配慮がうれしい。ライナーには1971年のコレクションで発表されたスターモチーフが、あしらわれています。

【13】黒デニムパンツ×黒ジャケット×白カットソー

ジャケット・ラメ入りカットソー・デニム・ネックレス・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ジャケット・ラメ入りカットソー・デニム・ネックレス・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

襟にサテン地をあしらった、コンパクトなシルエットの定番スモーキングジャケット。タキシードの品格を備えた端正な一着は、スティックパンツでドレスアップもできるけれど、あえて今っぽくTシャツとデニムでカジュアルダウンするのがおすすめ。黒のハンドバッグを合わせれば、きちんとした印象をキープできます。

【14】黒パンツ×黒ジャケット×白Tシャツ

Tシャツ・ジャケット・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
Tシャツ・ジャケット・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

白Tシャツをブレザーに合わせて旬のこなれ感を演出。顔周りを明るく見せる効果も必見。

【15】黒パンツ×白ブラウス

パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

パンツは後ろウエストがゴム仕様なので、トップスをインしても窮屈さを感じないのが利点。レースブラウスを合わせれば、辛口フェミニンなエレガントスタイルを、快適に楽しめます。鮮やかレッドのチェーンバッグと透明素材×パテントのヒールパンプスで、大人の女性らしいセンシュアルな魅力を加速させて。

【16】黒パンツ×ベージュコート

コート・スカーフ・パンツ・バッグ・靴(バーバリー・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・スカーフ・パンツ・バッグ・靴(バーバリー・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

オーバーサイズ&長め丈が今の気分と共鳴するコート『ウエストミンスター』を、気負いなく着こなして。ヴィンテージチェックなどが描かれたシルクスカーフを首元に巻けば、英国風の品格スタイルが完成します。

【17】黒パンツ×グレーコート×黒ニット

コート(マッキントッシュ青山店)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、イヤーカフ・時計・バッグ(ブルガリ ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート(マッキントッシュ青山店)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、イヤーカフ・時計・バッグ(ブルガリ ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

洗練されたスタイルでありながら、透けるほどに薄いテクニカルナイロン素材で仕立てた一着は、今っぽくこなれた雰囲気。撥水性を備えているので、急な天候変化にも対応できます。オールブラックの装いに、スレートグレーがシックに映えて。

【18】黒パンツ×ベージュコート

コート(ロエベ ジャパン)、ニット(トラデュイール)、パンツ(Theory)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、ピアス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
コート(ロエベ ジャパン)、ニット(トラデュイール)、パンツ(Theory)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、ピアス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

オーバーサイズシルエットとミッドカーフ丈が、旬度の高いトレンチコート。黒地にイエローのフラワープリントライニングが、意表をつく楽しさを与えます。コットンシルク生地なので、ベルトをきゅっと巻きやすく、メリハリのきいた女性らしいシルエットで着こなすことが可能に。

【19】黒パンツ×白ブラウス

ブラウス・パンツ(ランバン ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ(ランバン ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

見た目の優雅さとは違い、ブラウスの着用感は意外にもさらりと快適。ストレッチ性を備えた細身の黒パンツは、足首がのぞく丈が軽やかな知性を表現。これぞ、女らしくてかっこいい着こなしの最旬本命! 

40代のためのレディース黒ワイドパンツの春コーデ


【1】黒ワイドパンツ×黒コート×白トップス

コート・トップス・パンツ・靴(イザ〈ニナ リッチ〉)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
コート・トップス・パンツ・靴(イザ〈ニナ リッチ〉)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

やわらかな素材でゆとりのあるシルエットのニナ・リッチのトレンチコートに、首のつまった白トップスとワイドパンツを合わせたスタイリング。前をオープンにして、端麗モノトーンの装いをいきいきと表情豊かに。歩くたびに優雅に揺れるシルエットで、好印象に! 

【2】黒ワイドパンツ×グレージャケット×グレーブラウス

ジャケット※阪急うめだ限定・ノースリーブブラウス・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・ネックレス(シャンテクレール 東京店)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ぺルゴ〉)、バッグ(伊勢丹新宿店 本館1階〈モワナ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジャケット※阪急うめだ限定・ノースリーブブラウス・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・ネックレス(シャンテクレール 東京店)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ぺルゴ〉)、バッグ(伊勢丹新宿店 本館1階〈モワナ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

ランダムなストライプに、スパンコールが施されたしなやかなジャケットは、従来のジャケットの堅苦しさを払拭し、ここまで遊びのある表情へと昇華。艶やかな質感が大人の肌を美しく見せる、シルクのノースリーブをインに合わせて。ジュエリーとバッグはシルバー&ブラックできりっとした表情に。

【3】黒ワイドパンツ×黒ブラウス

ブラウス・パンツ(ebure)、ブレスレット・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スニーカー(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ(ebure)、ブレスレット・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スニーカー(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

服はあくまでも黒で統一し、小物で少量の白を効かせる、が成功の秘訣。ブラウスはドロップショルダーのゆったりしたデザイン。ハイウエストのパンツにタックインして、メリハリあるフォルムをつくりたい。

【4】黒ワイドパンツ×黒トップス

トップス・パンツ・バッグ・スニーカー(オンワードグローバルファッション〈ジル サンダー〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、リング(ラリック銀座店)、リング(デ・プレ〈アリアナボウサード〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
トップス・パンツ・バッグ・スニーカー(オンワードグローバルファッション〈ジル サンダー〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、リング(ラリック銀座店)、リング(デ・プレ〈アリアナボウサード〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

品格を漂わせる厚手コットンのショートトップスは、両サイドにベンツと調節可能なベルト付き。潔く腕を出し、ワイドパンツとの縦長のシルエットで、クールなモード感を極めたい。

【5】黒ワイドパンツ×白シャツ

バッグ『DG ガールズ』・シャツ・パンツ・イヤリング・バングル(ドルチェ&ガッバーナジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
シャツ・パンツ・イヤリング・バングル・バッグ『DG ガールズ』(ドルチェ&ガッバーナジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

どこかクラシカルな香りが漂うボックス型のバッグに、ゴールドのイニシャルロゴが映えて。「かごバッグ」を斜めがけして、白シャツ×黒ボトムのベーシックな着こなしに変化をもたらすのも、おしゃれの醍醐味。端正なフォルムなので、ワンピースなどフェミニンな装いに合わせても素敵です。

40代のためのレディース黒パンツのきれいめコーデ


【1】黒パンツ×イエローブラウス

ブラウス・パンツ(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス・時計(カルティエ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
ブラウス・パンツ(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス・時計(カルティエ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

まるでスカーフを巻いたような襟元や、肌が見え隠れするそでのカッティングなど、知的でありながら、女らしさをさりげなく主張する、華やぎブラウスを主役にしたオフィス・スタイル。優しいカモミールイエローの色調やシルクジョーゼットのしなやかな質感は、仕事相手を和ませるだけでなく、着ている本人をも心地よくさせ、気分を上げてくれそう。

【2】黒デニムパンツ×オレンジブラウス

デニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス(プロポデザイン)、バングル(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、デニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、、サングラス(プロポデザイン)、バングル(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

フリルがあしらわれたほんのり甘いノースリーブブラウスは、細身シルエットのデニムで受け止めて、すっきりとしたバランスに仕上げましょう。

【3】黒デニムパンツ×白シャツ

デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、シャツ(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、ピアス・スカーフ・レザーブレスレット・エナメルブレスレット・靴(エルメスジャポン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
シャツ(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス・スカーフ・レザーブレスレット・エナメルブレスレット・靴(エルメスジャポン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

独自に開発したデニム地は、一度知ったら虜になるほど、ソフトでフィット感が抜群! 端正な着こなしを目指したい日は、清潔感のある白シャツを合わせましょう。エルメスのスカーフやブレスレットで、品格を添えるのも忘れずに。

【4】黒パンツ×白ブラウス

ブラウス・パンツ・時計・イヤリング・バッグ (フェンディ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ・時計・イヤリング・バッグ (フェンディ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

たっぷりとしたボウをゆるやかリボン結びにしたブラウスも端麗パンツも、しなやかなシルク仕立て。そこに、パープルベルベットの名品バッグ『バゲット』をぴりりと効かせて…。気品あふれる王道エレガントな着こなしを華やかな小物で彩りましょう。

【5】黒パンツ×ライトグレージャケット×白ブラウス

ジャケット・ブラウス(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス『スライスド』(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、キャリーケース『オリジナル キャビンS』(リモワ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
ジャケット・ブラウス(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス『スライスド』(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、キャリーケース『オリジナル キャビンS』(リモワ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

目面のきめ細やかなサマーウールのテーラージャケットは、丸みのあるラペルが女らしく、トップグレーの色味も上品な雰囲気。パンツは、通年で着られる薄手ウールのダブルフェース素材。きちんと感がありながらも、しなやかなフィット感で、快適な着心地がかないます。

【6】黒パンツ×黒シャツ

シャツ・パンツ・ベルト・ピアス(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
シャツ・パンツ・ベルト・ピアス(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

複雑な幾何学模様を組み合わせたワザあり!のレースシャツ。ベーシックなシャツカラーをベースにしつつも、前立てとカフスにたっぷりと施されたフリルデザインが、グッチならではのラグジュアリーな世界感を表現する。全身を黒に、「ダブルG」のロゴベルトで小粋に着こなしたい。

【7】黒パンツ×黒コート

アンスクリアのコート・ペリーコの靴(アマン)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(スーパー エー マーケット〈ステー〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
アンスクリアのコート・ペリーコの靴(アマン)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(スーパー エー マーケット〈ステー〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

シアーなコットンオーガンジーでさっそうとした軽快な雰囲気をまとう、オールブラックのトレンチコーディネート。ジョグパンツ×ヒールサンダルで、華奢な足首を強調して。

【8】黒パンツ×白シャツ

ヴァレンティノのシャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ヴァレンティノのシャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

たっぷりとしたバルーンスリーブの白シャツは、それ一枚で気品さえ漂って。華やかなシャツを主役にするために、ボトムは黒の細身パンツですっきりと。ここでヒール靴を合わせると、堅い印象になりすぎてしまうおそれも…。ポインテッドトウのフラット靴で、足元には抜け感をもたらして。

白シャツはストレッチのきいたコットン素材はシワになりにくく、なめらかな仕上がりに。ボウタイは、ゆるく結んだり、首回りに巻いたりと、自在なアレンジを楽しめます。

【9】黒パンツ×黒レースジャケット×白Tシャツ

レ・コパンのジャケット・エルマンノ シェルヴィーノのパンツ (サン・フレール)、Tシャツ(トラデュイール)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、ストール (三喜商事〈バンフォード〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
レ・コパンのジャケット・エルマンノ シェルヴィーノのパンツ (サン・フレール)、Tシャツ(トラデュイール)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、ストール (三喜商事〈バンフォード〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

このスタイリングを担当したスタイリスト・押田比呂美さんは「ブラックレースはどんなシーンでも女性を美しく包む、計り知れない力を秘めています。白カットソーやバッグを合わせて、清々しいムードを取り入れたいもの」と話します。パンツやストールにさりげなく施された白の刺しゅうやラインが、リズミカルな印象に。

【10】黒パンツ×カーキプルオーバー

プルオーバー(ブルネロ クチネリ ジャパン)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ネックレス『スライスド』(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
プルオーバー(ブルネロ クチネリ ジャパン)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ネックレス『スライスド』(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

フローラルパターンの刺しゅうも、ヘンプやローシルクがメインの素材感なのでドレッシーすぎず、カジュアルな表情に。

春の黒パンツコーデの関連記事