ワンピース一枚で出かけたくなるような、暖かで清々しい陽気がいよいよ近づいてきました。そこで今回は、40~50代におすすめしたい、シャツワンピースが主役の春コーデを、雑誌『Precious』よりご紹介します。

最旬のシャツワンピースや、人気のストライプシャツワンピース、リネンシャツワンピースなどを軽やかに纏った、大人の洗練コーデをお届けします。

【目次】

40~50代の春のシャツワンピースコーデ


【1】幾何学柄シャツワンピース×白バッグ

ワンピース(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ロングシャツ風デザインのバンドカラー・シャツワンピースに白小物をぴりりと効かせて、クール&シンプルな佇たたずまいに。陰影豊かな幾何学柄ワンピースになじむ、ダークカーキの靴ですっきり着こなして。さらに白のバッグやジュエリーで、オフィスで好感度の高い澄んだ気品をトッピング。

【2】ブルーシャツワンピース×グレーカーディガン

ワンピース(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、カーディガン(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ワンピース(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、カーディガン(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

シャツワンピースに合わせた多連ネックレスやメタリックな靴が、リッチに見えるポイントです。

【3】白シャツワンピース×ベージュパンツ

ワンピース/共布ベルト付き・パンツ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サンダル(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年
ワンピース/共布ベルト付き・パンツ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サンダル(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年

旅の1日目は清々しい気分でスタートしたいから、選んだのは比翼仕立てのシャツワンピース。ベージュのパンツと合わせて、ヨーロッパマダムのようなこなれた着こなしを目指したいもの。イエローゴールドのバーピアスを耳元に添えて、顔周りを明るく。

【4】グレーシャツワンピース×白カットソー×黒パンツ

シャツワンピース (ebure)、アバティの長袖カットソー・エアロンのパンツ(コロネット)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ブレスレット(ラリック ジャパン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
シャツワンピース (ebure)、アバティの長袖カットソー・エアロンのパンツ(コロネット)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ブレスレット(ラリック ジャパン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

黒の占める割合を増やし、グレーの着こなしをハンサムに。全体の印象が辛口になりすぎないよう、はおる気分で着るシャツワンピースなど、装いのなかにしなやかに揺れるアイテムを用いましょう。

【5】キャメルシャツワンピース×ブラウンブーツ

撮影/AFLO BY:『Precious12月号』小学館、2018年 撮影/©AFLO BY:『Precious12月号』小学館、2018年
撮影/AFLO BY:『Precious12月号』小学館、2018年 撮影/©AFLO BY:『Precious12月号』小学館、2018年

キャメルのシャツワンピースがあれば、削ぎ落とした着こなしでも、センスよい華やぎスタイルが実現可能! グリーンのストーンピアスとモスグリーンのバッグをリンクさせて、絶妙な配色コーディネートに。ビッグフォルムのサングラスも装いにメリハリをもたらす鍵になります。

【6】白シャツワンピース×白バッグ

ワンピース・バッグ(フェンディ ジャパン〈フェンディ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・バッグ(フェンディ ジャパン〈フェンディ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

一見シンプルなシャツとギャザースカートのセットアップのように見えるけれども、実はウエスト部分がつながっているという凝ったデザイン。スカートのふんわりしたラインに対し、シャツ襟の辛口な印象、さらにウエストを強調した縦のステッチなど、モードな要素を取り入れているのが特長。ハリのあるパリッとした質感のコットンドレスなので、白でも大げさになりすぎず、夏の太陽の下で着るのにふさわしい、爽やかさが演出できます。モダンなバッグをプラスしてテイストミックスすることで、今っぽくまとまるのも魅力のひとつ。

【7】白シャツワンピース×白パンツ

コットンのシャツワンピース・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、シルバーのバングル『エルサ・ペレッティ ボーンカフ』・シルバーのリング『エルサ・ペレッティウェーブリング』(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/KEI OGATA BY:『Precious6月号』小学館、2018年
コットンのシャツワンピース・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、シルバーのバングル『エルサ・ペレッティ ボーンカフ』・シルバーのリング『エルサ・ペレッティウェーブリング』(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/KEI OGATA BY:『Precious6月号』小学館、2018年

白いコットンシャツのもつ清潔感を全身にまとう。カフタンシャツのワンピースは、サイドにスリットが入り、パンツとの重ねが優雅に映える。白いパンツはもちろん、デニムにも似合うカジュアルさが心地いい。

【8】ブラウンシャツワンピース×ライトグレーカーディガン

スニーカー・カーディガン・ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長友善行 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
カーディガン・ワンピース・スニーカー(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長友善行 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ブラウンのシャツワンピースと淡いグレーのロングニットガウンの優しい組み合わせが、きれいめスニーカーの抜け感があることで、ほっこりしすぎず、より今どきなたたずまいに。

40~50代の春のストライプシャツワンピースコーデ


【1】多色ストライプシャツワンピース×キャメルバッグ

ワンピース(エミリオ・プッチ ジャパン)、ベルト(アマン〈アトリエ アンボワーズ〉)、ピアス・リング(イレアナ・マクリ伊勢丹新宿店)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース(エミリオ・プッチ ジャパン)、ベルト(アマン〈アトリエ アンボワーズ〉)、ピアス・リング(イレアナ・マクリ伊勢丹新宿店)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

多色使いの美柄ストライプのシルクシャツワンピースを、柄とリンクするキャメルのベルトとバッグで引き締めて。たおやかなきちんと感が信頼感を呼び込む決め手。シルクの比翼仕立てシャツワンピースは、きれい色×アート柄の縦ラインが、知的な華やぎを醸し出します。

【2】ライトグレーストライプシャツワンピース×ライトグレーカーディガン

ワンピース・カーディガン・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年
ワンピース・カーディガン・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

バンドカラーのネックラインを縁どるように「ルーチェ」をあしらったシャツワンピース。辛口のピンストライプ柄に、フェミニンな華やかさが加わり、大人にふさわしい一着に。ウエストの片側にあしらわれたドローストリングでギャザーを寄せると、アシメトリーなシルエットが生まれるところも魅力。足元には、レザースニーカーを合わせリラックスした休日スタイルを。

40~50代の春のリネンシャツワンピースコーデ


【1】ベージュリネンシャツワンピース×白カーディガン

カーディガン(コロネット〈アバティ〉)、ワンピース(エリオポール代官山)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
カーディガン(コロネット〈アバティ〉)、ワンピース(エリオポール代官山)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

シティ・リゾートへの旅で、アクティブに動く日を想定したスタイリング。リネンのシャツワンピースに、カーディガンを重ねて、シックな街並みに似合うカラートーンに。アクセントに、旅のワクワク気分を盛り上げる、カラフルなバッグを携えて。

春のシャツワンピースコーデの関連記事