大人のためのナチュラルメイクを、ベース、チーク、アイメイク、眉、リップのパーツごとに、詳しくご紹介。ただ薄いというだけでなく、30・40代のお悩みをカバーし、自然に若々しさを叶えるワンランク上のナチュラルメイク方法をまとめました。

【目次】

初心者でもOK!30~40代からの大人のナチュラルメイク【ベースメイク&チーク】


ナチュラル美肌を作るメイク方法

「ベースメイクでは、真っ先にハイライトをなじませることで、内側から発光するようなツヤ感が生まれます。肌が明るくなり、くすみや顔色の悪さが気にならなくなりますよ。あとはコンシーラーでシミや毛穴を部分的にカバーし、チークで血色感をプラスすれば、透明感のある若々しいベースメイクが完成します」(へア&メイクアップアーティスト・シバタロウさん)

1:ハイライトをTゾーン、目の下、あご先にオン

ファンデを塗る前にハイライトを仕込んでトーンアップ。
ファンデを塗る前にハイライトを仕込んでトーンアップ。

ファンデーションの前に、ハイライトを顔全体にのせます。下地として使用することでくすみのない、ワントーン明るい肌に。影になりやすい目の下、光を受けやすいTゾーンやあごにぼかし入れて、自然な立体感を与えて。

2:指でファンデーションを顔から首筋にのばす

厚塗りにならないよう少量を薄く伸ばし、たたき込む。
厚塗りにならないよう少量を薄く伸ばし、たたき込む。

顔の中心からフェイスラインに向かって、ファンデーションをのばします。厚塗りにならないよう、少量を指になじませ、薄くのばすのがポイント。顔全体に広げたら、スポンジなどで、毛穴が見えなくなるまでトントンとたたき込む。

3:コンシーラーで小鼻の赤みやクマを消す

小鼻の赤みやクマ、シミなどはコンシーラーでカバー。*画像内の商品は販売終了
小鼻の赤みやクマ、シミなどはコンシーラーでカバー。*画像内の商品は販売終了

気になる小鼻の赤みやくま、シミにはコンシーラーを。コンシーラーを塗りすぎると、メイクがヨレたり浮いてしまうので、薄くのばすように塗るのがコツ。

4:フェイスパウダーをうっすらとはたくようにオン

ハイライトのツヤを消さないよう、うっすらと。
ハイライトのツヤを消さないよう、うっすらと。

フェイスパウダーをつけすぎると厚塗り感が出てしまい、老けた印象になってしまいがち。ブラシに含ませたら手の甲でよくならしてから肌にのばすと、ハイライトのツヤを消すことなくナチュラルな仕上がりに。

5:チークを少しずつぼかし入れる

ブラシでぼかしながら少しずつのせ、指で仕上げる。
ブラシでぼかしながら少しずつのせ、指で仕上げる。

チークは、頬骨からこめかみに向けて斜め上に入れる。一度に色をのせるのではなく、少しずつブラシでぼかし入れるのが正解。仕上げに指でたたき込むと肌にピタッと密着し、にじみ出るような自然な血色に。

【ナチュラルで健康的なベースメイクの完成】

透明感のある若々しい肌に。
透明感のある若々しい肌に。

40代の肌悩みをカバーする春の軽やかメイク【ベース&チーク編】

透明感が増す、ナチュラルなチークの塗り方

本来ピンクは透明感のある色なので、くすみ肌にふわーっとなじませても色は濁り、リフトアップ効果も得られない。いきなりピンクをぼかすのではなく、先にハイライトを仕込む下準備で、肌のくすみを払拭してからのせるのが得策です。

ハイライトをのせる範囲は、小鼻脇の位置からこめかみ手前まで楕円形に、頬骨よりも少し上までのせること。これで頬の高さがグッと上がり、顔立ちがシャープに! つまりたるみ解消にもなるので、大人はハイライトがセットされているものを選ぶべき。

色は肌に溶け込むようになじむピーチピンクがベストで、ハイライトをのせた範囲よりも少し下の、頬骨を中心に楕円形に塗布を。この2ステップが透明感&リフトアップがかなう、最も効果的な塗り方です。

1:初めにハイライトを頬骨より少し上までのせる

ブラシにとり、小鼻の脇からこめかみ手前まで、 頬骨の上にはみ出すように塗布。目の下のくぼみもふっくら見せる効果が。
ブラシにとり、小鼻の脇からこめかみ手前まで、 頬骨の上にはみ出すように塗布。目の下のくぼみもふっくら見せる効果が。

2:頬骨の上を中心に楕円形にピンクチークを重ねる

黒目の位置の延長線で小鼻の脇あたりが起点。次にこめかみ手前に向かって、頬骨を中心に楕円形にぼかしていく。
黒目の位置の延長線で小鼻の脇あたりが起点。次にこめかみ手前に向かって、頬骨を中心に楕円形にぼかしていく。

【ふっくらとリフトアップしたナチュラルチークの完成】

くすみや黄ばみを払拭して透明感を引き出す若返り効果あり。
くすみや黄ばみを払拭して透明感を引き出す若返り効果あり。

大人はハイライトが必要でした! くすみやたるみを解消する「ピンクチーク」の塗り方とは?

初心者でもOK!30~40代からの大人のナチュラルメイク【アイメイク】


ナチュラルに目元を引き締めるアイラインの引き方

目をぱっちり見せようと、黒で締めすぎてしまうのは逆効果! 目のフレームが強調されてかえって小さく見えてしまいます。ナチュラルに目をぱっちりさせたいなら、ブラウンの2色使いが正解! ブラウンには、奥行感を出しながら優しい印象に見せる効果があるのです。

(左から)やわらかな目元を演出するナチュラルブラウン。ナチュラグラッセ アイライナーペンシル 02 ¥2,800(セット価格/ネイチャーズウェイ)(使用色)、光沢感のあるプラムブラックは、きちんと感を出したいときに。M・A・C アイ コール プルネラ ¥2,200、赤みがかったパールブラウンは肌なじみ抜群。NARS コーライナー 8231 ¥2,800、光の当たる角度できらり輝くゴールデンブラウン。THREE メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 07 ¥3,000(使用色)
(左から)やわらかな目元を演出するナチュラルブラウン。ナチュラグラッセ アイライナーペンシル 02 ¥2,800(セット価格/ネイチャーズウェイ)(使用色)、光沢感のあるプラムブラックは、きちんと感を出したいときに。M・A・C アイ コール プルネラ ¥2,200、赤みがかったパールブラウンは肌なじみ抜群。NARS コーライナー 8231 ¥2,800、光の当たる角度できらり輝くゴールデンブラウン。THREE メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 07 ¥3,000(使用色)

黒のリキッドライナーはキリッとさせたいアイメイクのときには有効ですが、「大人のナチュラル」はペンシルタイプを使います。色はダークブラウンとパールブラウンの2色を用意しましょう。

ダークブラウンは上まぶたの引き締め用に、パールブラウンは目尻のニュアンス用に使います。

1:ダークブラウンを目のインサイド(粘膜)に入れる

まつげとまつげの間をダークブラウンのペンシルで埋める。
まつげとまつげの間をダークブラウンのペンシルで埋める。

年を重ねるとまつげもやせて減るせいか、まつげとまつげの間にすき間が生まれます。正面から見たときに白い粘膜が見えてしまうと、目がぼやけてしまう原因に。まずは、この部分をダークブラウン(ナチュラ グラッセ)のペンシルで埋めましょう。

たるみでまぶたが目にかぶって見えにくい場合は、指でまぶたを軽く引き上げると描きやすくなります。ペン先をまつげの下側から入れたら、左右に小刻みに動かしましょう。ここにしっかり色が乗るだけで、輪郭がくっきりするのがわかります。

2:まつげの上にダークブラウンのラインを重ねる

ペン先をまつげの上に置き、太さを出す。
ペン先をまつげの上に置き、太さを出す。

1でまつげの間を埋めたので、今度はまつげの上から太さを出します。太さの目安は、目を開けたときに茶色が少し見えるぐらいが理想。太く入れ過ぎてしまうと二重の幅がつぶれてしまい、逆に目が小さく見えてしまいます。ラインはあとからぼかすので、多少ガタついていてもOK。線は一気に描こうとはせずに、ペン先を小刻みに動かしてしっかりラインを入れましょう。

ラインは目のフレーム通りに引いていき、目尻から5mmぐらいはみ出たところで止めます。そのとき下がったまぶたを矯正しようと目尻を不必要にハネ上げてしまうと、古くさい印象になってしまうので気をつけて!

3:2で引いたラインを綿棒でぼかす

目に奥行き感を出すために、綿棒でぼかす。
目に奥行き感を出すために、綿棒でぼかす。

今回はナチュラルがテーマなので、2でラインがうまく描けた人も必ず綿棒でぼかしましょう。目頭から目尻に向かって、ラインの上側をそっとぼかすイメージで。こうすると目の際にはラインがしっかり引かれ、ラインの上側はグラデーションになり、まるでシャドウラインのような仕上がりに。これだけで目に奥行感が出ます。

4:下まぶたの目尻寄りにパールブラウンを入れる

下まぶたの目尻にラインを入れる。
下まぶたの目尻にラインを入れる。

「ナチュラルに仕上げたいから、下まぶたにはアイラインを入れません」これはNGです。大人のアイメイクはバランスが大切。下まぶたにも必ずラインを入れましょう。

ただし、入れるのは目尻から1/3ところだけに。全体に入れて囲んでしまうと締まりすぎて、目が小さく見えてしまうからです。色は上まぶた同様ダークブラウンでもいいのですが、パール入りのブラウン(THREE)を選択すると、目尻にニュアンスが生まれ華やかな印象になります。ここもあとからぼかすので、多少ガタついても気にせずに大胆に入れましょう。

5:最後に綿棒でぼかすのを忘れずに!

下まぶたにも綿棒を。
下まぶたにも綿棒を。

下まぶたは、目尻から目の中央に向かってぼかしていきます。こちらはラインの下側をぼかすと、グラデーションがつきます。パール効果でまばたきするたびにキラキラ輝いて、ぼやけたまぶたが明るく見えますね。

【ナチュラルな目元美人メイクの完成】

優しい印象なのに目力がアップ。
優しい印象なのに目力がアップ。

アイラインは「引いてからぼかす」と、優しく見えて&目力もアップ!

ナチュラルに目力アップが叶うアイシャドウの塗り方

左/透かしアイシャドウの場合…まつげがくっきり!、右/締め色を入れた場合…まつげが目立たない
左/透かしアイシャドウの場合…まつげがくっきり!、右/締め色を入れた場合…まつげが目立たない

目力というと、しっかりとアイシャドウで目元に立体感をつくり、引き締めないと! と思う方が多いのですが、実はこれ、逆効果になることが。冒頭でもお伝えした通り、目の大きさは上まつげから下まつげまでの先端から先端までを意味します。ということは、まつげの存在がしっかり見えないと目力が存分に発揮されないことになるのです。

締め色のアイシャドウをしっかり塗ってしまうと、まつげが濃い色に重なってあまり認識できません。それでも目力は出るかもしれませんが、大人の品格ある目力は宿りにくくなってしまうのです。しかし、水彩画のような透け感のあるアイシャドウなら、まつげをくっきりと際立たせる効果が出ます。

1:まぶたの中央にアイシャドウをおいてアイホールにのばす

まぶたの中央にアイシャドウを
まぶたの中央にアイシャドウを

塗るとき、まずはアイシャドウを薬指にとります。アイホール全体にのばしていくので、薬指の第一関節分を指にとってみてください。そして、ちょうど黒目の上あたりに薬指をのせましょう。

2:薬指でワイパーのようにしてなじませる

薬指でワイパーのように
薬指でワイパーのように

1で上まぶたにのせた薬指を、ワイパーのように左右に大きく動かしながら、のばしていきます。このとき、黒目の上がいちばん濃く、目頭と目尻に向かうにしたがって自然と淡くなるようにしましょう。すると、自然なグラデーションがついて、肌なじみがアップします。

3:下まぶたにも同じ色をスッとひと筋のせる

下まぶたにも同じ色を
下まぶたにも同じ色を

下まぶた用に、上まぶたにのせたのと同じアイシャドウをチップ、または綿棒にとる。黒目の下におき、目尻側、目頭側へとぼかす。涙袋分の幅になるようにのせるとちょうどよい。

ボンヤリ目元が若返る!品格を失わずにしっかり目力がアップする「簡単3ステップ」

ナチュラルなのにパッチリ見せるマスカラの塗り方

左/カールマスカラの場合…扇状に広がって存在感アップ!、右/ボリュームマスカラの場合…本数が少なく見えて逆効果
左/カールマスカラの場合…扇状に広がって存在感アップ!、右/ボリュームマスカラの場合…本数が少なく見えて逆効果

私たちは、目力のあるまつげ=ボリュームと思いがちです。確かに若いころならいいのかもしれません。ですが、品格のある大人の目力を目指すなら、断然まつげの長さとカールのふたつが必要になります。理由は、まつげ1本1本にはボリュームが出るものの、束になってしまい、まつげの本数が少なく見えてしまうから。

けれども、しっかり根元からカールさせて、まつげに長さを出し、扇状にキレイにセパレートすると、パッと華やいだ印象の、上品な目力がかなうようになります。このとき、下まつげにも長さをしっかり出すように塗ると、より効果的です。

1:上まつげを根元から持ち上げて目頭方向へ

上まつげを根元から持ち上げて
上まつげを根元から持ち上げて

マスカラは、ブラシをよくしごき、液を適度に落としてから塗るのが鉄則。ブラシを中央のまつげの根元に当て、目頭の方向に引くように持ち上げて塗ります。すると、自然と扇状に広がるように。

2:目尻側はブラシの先端で斜め上へと引き上げる

目尻側はブラシの先端で斜め上へ
目尻側はブラシの先端で斜め上へ

目尻側はブラシの面ではなく、先端を使って、まつげの根元からグッと押し上げるようにしながら塗っていきましょう。目尻側1/3までを、同じように先端で塗っておいてください。

3:下まつげは目尻から中央に寄せるように

下まつげは目尻から中央に
下まつげは目尻から中央に

下まつげに塗るときは、ブラシの先端など細かく塗れる部分を使い、目尻側から中央に向かって寄せるようにして塗ります。下まつげは目尻側に多く生えている場合があるため、下に長さを出すため、中央に寄せると効果的です。

4:最後に下まつげを下に向けて整える

最後に下まつげを
最後に下まつげを

中央から目頭の下まつげを下に向かって引くようにして塗ります。最後にまつげ全体をとかすようにして真下に向かって塗り、毛流れを整えればOK!

ボンヤリ目元が若返る!品格を失わずにしっかり目力がアップする「簡単3ステップ」

初心者でもOK!30~40代からの大人のナチュラルメイク【眉メイク】


ナチュラルで抜け感のある眉の描き方

明るいブラウンだけを使用した眉は、描き足した部分に目立つばかりかのっぺりとして見える。ダークトーンで整えた上に明るいパウダーを重ねると、ナチュラルに仕上がり立体感も生まれる。
明るいブラウンだけを使用した眉は、描き足した部分に目立つばかりかのっぺりとして見える。ダークトーンで整えた上に明るいパウダーを重ねると、ナチュラルに仕上がり立体感も生まれる。

「茶髪ブームのときに『眉は髪よりワントーン明るく』と言われていましたが、その名残なのか、髪色は落ち着いた今でも明るめ眉をキープしているアラフォー世代の方をよくお見かけします。

髪のトーンに合わせて、眉の色もトーンダウンさせるのが正解です。自眉と同じグレーもしくはダークブラウンのペンシルで、足りない部分を描き足してから、明るいパウダーを重ねてほんのり明るさを出すのが鍵。色を重ねることで、眉に自然な立体感と抜け感も加味されます」(ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさん)

左から/軽やかな描き心地で思いどおりのナチュラルな眉が描ける。角度しだいで、全体の形づくりも1本1本描き足すのもどちらも可能。カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングアイブロウペンシル(フラット)01 ¥3,500、長井さんコラボのミネラルカラーパウダー。アイホールにのせたオレンジを眉にもほんのり効かせて。ヤーマン オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルピグメント 01 ¥2,300、ハイライトカラーからアイラインとしても使えるダークカラーまで5色を1パレットに。アイシャドウとして使用できるのもうれしい。カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4,200
左から/軽やかな描き心地で思いどおりのナチュラルな眉が描ける。角度しだいで、全体の形づくりも1本1本描き足すのもどちらも可能。カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングアイブロウペンシル(フラット)01 ¥3,500、長井さんコラボのミネラルカラーパウダー。アイホールにのせたオレンジを眉にもほんのり効かせて。ヤーマン オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルピグメント 01 ¥2,300、ハイライトカラーからアイラインとしても使えるダークカラーまで5色を1パレットに。アイシャドウとして使用できるのもうれしい。カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4,200

1:足りない部分に眉を描き足す

眉頭〜眉山は斜め上向きに、眉山〜眉尻は床と平行気味にブラシを動かすと整いやすい。
眉頭〜眉山は斜め上向きに、眉山〜眉尻は床と平行気味にブラシを動かすと整いやすい。
アウトラインをとるのではなく、1本ずつ植毛するように毛流れに沿って描き足していくのがポイント。
アウトラインをとるのではなく、1本ずつ植毛するように毛流れに沿って描き足していくのがポイント。

アイブロウペンシル(ルナソル)のスクリューブラシで眉の毛流れを整えから、欠けた部分や足りない部分をペンシルで描き足していきます。

2:左右交互に整えていく

左右の眉を見比べて低い方は上側を、高い方は下側を描き足していくと左右対象に。
左右の眉を見比べて低い方は上側を、高い方は下側を描き足していくと左右対象に。
軽く肌をこするようにブラシを入れると、描いた眉が定着しやすく。
軽く肌をこするようにブラシを入れると、描いた眉が定着しやすく。

どちらか片方を仕上げて、もう片方を描き始めるのはNGです。同時進行で、左右交互に描き進めていくのが、左右対象に仕上げる秘訣。ペンシルで描き終えたら、再度スクリューブラシでとかし、眉をぼかしながら肌に定着させます。

3:パウダーをのせる

まぶたに使用したアイシャドをアイブロウと混ぜて使用するテクニックをぜひ取り入れて。
まぶたに使用したアイシャドをアイブロウと混ぜて使用するテクニックをぜひ取り入れて。
肌を染めるような感覚で、ブラシを軽く肌に押し付けるのがコツ。
肌を染めるような感覚で、ブラシを軽く肌に押し付けるのがコツ。

アイブロウパウダー(ルナソル)の右2色に、アイホールにも使用したオレンジのミネラルパウダー(オンリーミネラル )を混ぜてアイブロウブラシにとり、眉にふんわり重ねます。まぶたの色を眉にもほんのり感じさせることで目元が締まり、抜け感もアップ。

【ナチュラルで抜け感のある今どき立体眉の完成】

自眉のようにナチュラルに仕上がった今どき眉でこなれた印象に。
自眉のようにナチュラルに仕上がった今どき眉でこなれた印象に。

脱・明るめ眉!「暗めの立体眉」が今どき大人眉の正解です

初心者でもOK!30~40代からの大人のナチュラルメイク【リップメイク】


若々しくナチュラルなリップの塗り方

年齢とともに口周りが寂しく見えてくることがあります。そう見えてしまういちばんの要因は口角が下がって見えること。

そこで、メイクにひと工夫してみましょう。メイクで口角をキュッと上げて見せるだけで若々しい印象に変えることができます!

いちばんのポイントは下唇の口角部分にできる影を消すことです。この影をコンシーラーで消し、口角が下がって見える原因をまず解消します。

次に、下唇の口角部分をきっちりラインどりしないことが重要です。ラインをとってしまうと、下がっているのをより強調してしまうので避けましょう。

リップラインは、上唇を全体的にふっくらめに描き、下唇は中央のみに引いて、上下唇でハートの形になるように描いてみてください。下がり口角の寂しい印象からふっくらとした若々しい雰囲気に一気にアップグレードされるはずです!

1:唇の口角にコンシーラーを引く

やわらかいクリーム状のトーンアップコンシーラーを使います
やわらかいクリーム状のトーンアップコンシーラーを使います

コンシーラーを使って、口角を「く」の字に囲むようにラインを引きましょう。下唇の口角をやや長めに引いておくのがコツ。口角の存在感をくっきりと出しつつ、口角下の影をしっかり消し去るのが目的です。

2:コンシーラーを指でしっかりなじませる

リップライナーを塗る前に
リップライナーを塗る前に

1で引いたラインを指でリップラインに沿ってなじませていきます。口元はよく動く部分なので、しっかりなじませておくのがキレイに仕上げるポイントです。指だけで心配な人はスポンジでさらになじませてください。

3:上唇+下唇中央にリップラインを引く

リップライナーで上唇のラインをとる
リップライナーで上唇のラインをとる

唇の色になじみやすい、ベージュピンクのリップライナーで上唇のラインをとりましょう。上唇にボリュームを出したい人はふっくらめに。下唇は中央のみぷっくりと引きます。口角下は引かず、口紅で全体に直塗りをしてください。

【口角がキュッと上がったナチュラルリップの完成】

光感でほうれい線が消え去り、口角がUP
光感でほうれい線が消え去り、口角がUP

老けて見える「下がり口角」を解消!口角をキュッと見せるメイクのコツ


※商品の価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。