運命を切り開き、夢を叶える!最強のパートナージュエリー

「ポセション」という名の伝説の始まりは、1990年に発表されたイエローゴールド製のリング。中央に配されたリングを自由に回すことで、ジュエリーと持ち主の間に特別な関係を築き、ひらめきや勇気をもたらすお守りのような存在として、セレブリティからファッショニスタまで、世界中の女性たちに愛されてきました。

デビュー以降、リングが2本重なり合う姿が恋人たちを連想させることから、「永遠の愛」を象徴するジュエリーと呼ばれていた「ポセション」。誕生から25周年を迎えた2015年になると、女性たちの人生そのものにフォーカスした、よりパーソナルなジュエリーへと変身を遂げます。

最大の特徴である「動き」に着目することで、ふとした瞬間に指先で触り、リングを動かすたびに心をリラックスさせるような、安らぎのメッセージを「ポセション」に投影。この人生のターニングポイントにも寄り添う親密なシンボルは、世界を席巻しました。

1990年の誕生以来、メゾンの「顔」として、回転するラグジュアリージュエリーはイヤリング、ブレスレット、ペンダント、回転式ベゼルをもつウォッチと、多彩なアイテムへと派生。マラカイト、ターコイズ、カーネリアンなど、ピアジェを象徴するオーナメンタルストーンを味方に、豊かな色彩をまとわせ、数えきれないほどのデザインが生み出されていきます。

そして30年の歳月が流れた2020年9月、「Turn for Extraordinary(輝かしい未来を切り開くリング)」と銘打たれた数量限定のアニバーサリーエディションが発表に。1990年に華々しいデビューを飾った初代のイエローゴールドリングにオマージュを捧げ、同じくイエローゴールドの魅力を存分に発揮した新作バングル&ウォッチが登場しました。

ブレスレット_1,時計_1,高級時計_1,ダイヤモンド_1,限定品_1,名品_1
デビューから30周年を祝して登場した新生「ポセション」。アニバーサリーエディションは、3つのバングルと1本のダイヤモンドウォッチからなる全4型の構成。

3つのデザインで展開する30周年記念バングルのうち、日常使いにふさわしいのは程よいミディアムサイズの2本。回転するリング部分とオープンバングルの両端にパヴェダイヤモンド飾った華やかなタイプと、回転するリング部分のみにダイヤモンドをセットしたよりシンプルな1本。どちらも艶めいたゴールドの輝きは指先に触れ、リングを回すたびに愛おしさが増し、メゾンが誇る金細工職人の確かな手仕事を肌の上で感じさせる逸品です。

さらに、今年は凛とした印象のホワイトゴールド製の新作も仲間入り。自分の肌に似合うゴールドカラーを選び、白シャツに代表される定番ワードローブとコーディネートすれば、最良の自己演出が可能に。「ポセション」が持つポジティブなエネルギーに包まれて、いつもの装いが格段に華やぎます。

回転させれば、人生が光にあふれる!「ポセション」新作ジュエリー5選

■1・2:30周年を祝う、イエローゴールドの限定バングル

ブレスレット_2,ダイヤモンド_2,限定品_2,名品_2
「ポセション」バングル¥1,256,000【イエローゴールド・ダイヤモンド】※ブティック限定、30周年記念限定商品

詳しくはこちらから

ブレスレット_3,ダイヤモンド_3,限定品_3,名品_3
「ポセション」バングル¥588,000【イエローゴールド・ダイヤモンド】※30周年記念限定商品

詳しくはこちらから

■3・4:知的エレガンスを引き出すホワイトゴールドリング

指輪_1,ダイヤモンド_4,名品_4
「ポセション」リング¥1,088,000【ホワイトゴールド・ダイヤモンド】

詳しくはこちらから

指輪_2,ダイヤモンド_5,名品_5
「ポセション」リング¥616,000【ホワイトゴールド・ダイヤモンド】

詳しくはこちらから

■5:カーヴィなフォルムに遊び心を乗せたフープイヤリング

イヤリング_1,ダイヤモンド_6,名品_6
「ポセション」オープンフープイヤリング¥832,000【ホワイトゴールド・ダイヤモンド】

詳しくはこちらから


以上、ピアジェの代表作「ポセション」の歴史と新作をご紹介しました。回転するプレイフルな動きが、所有する人の一瞬一瞬を特別なものに変えるパーソナルなジュエリーを、手に取ってみてはいかがでしょう?

※掲載した商品はすべて税抜きです。

問い合わせ先

ピアジェ コンタクトセンター

TEL:0120-73-1874

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
愛甲悦子