立冬が過ぎ、そろそろ本格的な冬の到来。コートやストールなど、ファッションも冬支度が必要な季節となりました。冬支度の中で忘れてはならないのが、防寒肌着。最近は極薄でも十分暖かい化学繊維がたくさんあり、冬のおしゃれに重宝します。

ただ、今年は例年とは異なるニューノーマル時代の冬。ランジェリーライターの川原好恵さんは「多かれ少なかれ感じているストレスを癒やしてくれて暖かい、優しく滑らかな肌触りの天然素材インナーがおすすめ」といいます。防寒肌着と呼ぶにはもったいない、麗しいデザインのインナーをご紹介いただきましょう。

新時代寄り添った下着選びの重要性をプロが指南。今、「天然素材のインナー」が支持される理由とは?

ランジェリー_1
新時代に求めるのは、肌触りがよく、肌に優しい天然素材のインナー

天然素材とは、植物繊維のコットンや麻、動物繊維のウール(羊毛)・獣毛(カシミア・アルパカなど)やシルクを使った素材先般を指します。古くから私達の生活に役立ってきた素材であり、繊維そのものに天然の機能性を備えています。

例えば、ウールは湿気を吸収すると熱を発する性質があり、絹は保温性に優れ冷え対策アイテムにも多く利用されています。そして、綿は吸水性も保温性もあり繰り返しの洗濯にも耐えるタフさがあります。

各メーカーはこれらの繊維の特徴を生かしつつ、肌着としての扱いやすさなどを考慮した混率の素材を選んで採用しているわけです。さらには、シルエットや着用感、カッティングやレース使いなど見た目の美しさ、ネックラインや袖口、裾の始末など細かい部分にこだわりながらデザインを完成させています。

デザインによっては、肌着としてだけでなくジャケットやカーディガンの下に着用できるものもあり、時代を超えて愛されている不変的なデザインも多い天然素材のインナー。肌着としては多少高額でも、それだけの価値を備えているといえます。

大人の女性にふさわしい、保温性に優れ肌触りも滑らかな「天然素材の名品インナー」4選

川原さんが選んだ天然素材のインナー4選がこちら。中には何年も販売されているロングセラーもあり、その実力は多くのファンのお墨付き。いずれも暖かく肌触りが優しいのはもちろんのこと、佇まいも美しい名品インナーです。

■1:「控えめなラグジュアリー」を表現した「ハンロの七部袖シャツ」

WOOLEN LACE七部袖シャツ
七部袖シャツ ¥20,000(ウール70%、シルク30%)/ハンロ(ワコール)

上質な天然素材を使ったインナーブランドといえば「ハンロ」。「控えめなラグジュアリー」とするブランドコンセプトがシンプルなデザインの肌着にも存分に生かされています。オーストリアの自社工場で編み立てられたリブニットは、とてもソフトで伸縮性に優れ、ボディーラインに程よくフィット。胸元と袖口にあしらった繊細なアイラッシュレースが上品さを醸し出します。

詳細はこちらから

■2:カシミア混の上質さを感じられる「ランジェリークのシンプルインナー」

アポロ長袖インナー
アポロ長袖インナー ¥15,000(綿90%、カシミヤ10%)/ランジェリーク(カドリールインターナショナル)

繊細なレース使いのモード感あるランジェリーが人気の「ランジェリーク」から今秋登場したのがコットンカシミアのインナー。極薄でありながら、カシミアならではの暖かさを備えています。そのカシミア混素材の上質さを感じられるよう、あえてデザインはシルプルに徹し、ネックラインに共生地のパイピングをあしらう程度に。一見、黒に見える色は実はネイビーブルー。上質な素材だからこそ表現できる色のニュアンスが楽しめます。

詳細はこちらから

■3:3つのネックラインデザインから選べる「オスカリートのリブニットインナー」

シルクウール
シルクウール L/Sトップ ¥16,000(ウール70%、シルク30%)/オスカリート(ラ グット シュクレ)
ランジェリー_2
左から シルクウール ハイネックトップ ¥17,000(ウール70%、シルク30%)・シルクウール T/Nトップ ¥18,000(ウール70%、シルク30%)/オスカリート(ラ グット シュクレ)

洋服のセレクトショップなどでも人気のイタリア発インナー「オスカリート」の定番リブニットシリーズ。毎年、新しい色を買い足す方も多いロングセラーアイテムで、品の良い光沢感も人気の秘密。同じ素材でクルーネック、ハイネック、タートルネックとあり、ジャケットの下のセーターとして着用するのもおすすめ。冷える季節には嬉しい、ヒップが隠れるほどの長めの丈です。

「シルクウール L/Sトップ」の詳細はこちらから

「シルクウール ハイネックトップ」の詳細はこちらから

「シルクウール T/Nトップ」の詳細はこちらから

■4:何枚もそろえたい「シュット!インティメイツの10色展開コットンシルクインナー」

COTTON SILK V-NECK①
10色展開されている、コットンシルクインナー
COTTON SILK V-NECK ②
コットンシルクVネックインナー ¥3,900/シュット!インティメイツ(インティメイツ)

綿の吸水性とシルクの保湿性を兼ね備えたオールシーズン活躍するシンプルインナー。人気商品ゆえ、色展開も年々増えて今では10色展開に。ライトベージュとチャコールグレーが今年の新色です。肩先までやや広めに空いたVネックは幅広いトップスと合わせやすくとても重宝。価格もお手頃なので色違いで揃えるリピーターも多く、ギフトとしても人気のアイテムです。

詳細はこちらから


あったかインナーは冬のおしゃれを陰で支える裏方的存在。「私の定番」と呼べるお気に入りのインナーはおしゃれの幅を広げるのはもちろん、ニューノーマル時代の冬に心地よさと安心感を与えてくれそうです。

【参考文献】

『ファッション入門講座 素材いろいろ』繊研新聞社

問い合わせ先

この記事の執筆者
文化服装学院卒業後、流通業界で販売促進、広報、店舗開発を約10年経験した後、フリーランスとして独立。下着通販カタログの商品企画などを経て、現在はランジェリーを中心に、雑誌、新聞、ウェブサイトなどで執筆・編集を行なう。モットーは「ラグジュアリーからプチプラまで」。国内外の展示会・店舗を幅広く取材する。
Instagram へのリンク
PHOTO :
Getty Images(Image)
WRITING :
川原好恵
EDIT :
石原あや乃