第一線で活躍する働く女性たちは、どのようなアイテムを持ち歩いているのでしょうか?

最新『Precious』1月号では、「2021年、働く大人の私を語る『バッグイン小物』理想形」と題した特集を展開し、『Precious』読者のバッグの中身を取材。それぞれのキャリアのなかで、定番化したものを見せていただきました!

この記事ではその一部をご紹介します。

今回バッグの中身を拝見させていただいたのは…

妹尾めぐみさん
「サブマリーナ」CEO
(せのお めぐみ)「パネライ」の日本での立ち上げやハイブランドのPRを複数経て、独立。マーケティングやブランドコンサルティングを手がける。

もの探しに慌てない、整理上手な小物を愛用

小物_1,バッグ_1,財布_1,文房具_1
1. エコバッグは「BAGGU」のシルバー。カジュアルにもエレガントにも合うデザインや、大容量なのにパッカブルな機能性を気に入って。2.「スマイソン」のトラベルケース。3. バッグが小さいときの三つ折り財布は、「バレンシアガ」。4.「クロエ」の長財布は薄手で、小銭入れが外付けなのが好み。5. 今は抗菌ハンドスプレーを持ち歩くように変化。「パーフェクトポーション」のアロマハンドスプレーはナチュラル成分由来で香りもいい。6. マスク入れを探していたなか、見つけた「ブルーボトルコーヒー」のマスクケース。テーブルに出しても恥ずかしくないデザインで、ボタンを留めて収められるのも魅力。 7.「スマイソン」のノート。「スマホやタブレットで打ち合わせにも対応していますが、デジタルガジェットを出しすぎるのは不向きに思えるシーンには、こちらを持参。ベーシックカラー小物のなか、こういう強めのピンクのポイント使いも好きなバランス」

「もの探しに時間をとられないよう、バッグの中は常に整理整頓を心がけています。重宝しているのが、『スマイソン』のトラベルケース。

本来はパスポートを入れるものなのですが、スリットポケットにポチ袋、Thank you card、付箋、名刺などの細かな必需品が収まり、とても気に入っています。

お財布も、バッグが小さいときはミニタイプにしてすっきりと整理。ふだんはなるべくお札を折りたくないので、長財布を使いますが、薄手のものを選び、領収書などをためずに使っています」

ここがこだわり!

「スマイソン」のトラベルケース
「スマイソン」のトラベルケース

「トラベルケースには、カードやチケットなど小さな紙類とペンを収納。右下のネイビーのカードは名刺。「名刺入れも持ち歩きますが、忘れて困ることのないよう、このケースや財布などにも分散させています」

※アイテムはすべて私物です。各ブランドへのお問い合わせはご遠慮ください。 

PHOTO :
唐澤光也(RED POINT)
EDIT&WRITING :
長瀬裕起子、古里典子(Precious)