一世を風靡した数々の名香が復活

1930年に、ナポレオンの子孫、プリンセス・ミュラによって創設されたフレグランスブランド「LE GALION(ル ガリオン)」。マリリン・モンローやブリジット・バルドーなど、時代を牽引してきたかつての銀幕女優たちをも魅了したフレグランスメゾンが、2014年に待望の復活。現代に蘇らせた「伝説」と呼ばれた名香の数々の魅力を紐解きます。

歴史に残る「ル ガリオン」の名香の数々

日本に本格上陸を果たしたのは2017年の7月のこと。『ミス ディオール』の生みの親としても知られる20世紀を代表する調香師のひとり、ポール・ヴァシェールが生み出したアイコンフレグランスをはじめ、一世を風靡した伝説的な香りの数々をご紹介します。

■1:名前のないミステリアスな香り『222(ドゥ ドゥ ドゥ)』(1930〜35年)

創業者であるプリンセス ミュラによって1930年から1935年の間につくられたとされる、名前のないフレグランス『222(ドゥ ドゥ ドゥ)』。オリエンタルなアンバーの調和をベースにつくられたミステリアスでセンシュアルな香りは、秘蔵フォーミュラとして現代に復活。ほのかなサンダルウッドと洗練されたレザーの香りが奏でる深みのあるブレンドは、男性にも好まれる、ユニセックスで使える香りです。
『222 オーデパルファム』100ml ¥18,500

■2:女性らしさを引き出す妖艶な香り『ソルティレージュ』(1936年)

ランバンで経験を積んだポール・ヴァシェールが、ル ガリオンで初めて手がけた『ソルティレージュ』。80種類以上の天然香料がブレンドされた香りは、「女性らしさを引き出す媚薬」として女性の間で話題になり、瞬く間にアイコンフレグランスの座を獲得。発売と同時に成功を収めたことでも歴史を刻んだ香りです。
『ソルティレージュ オーデパルファム』100ml ¥18,500

■3:媚びない女性が好む官能的な香り『スノッブ』(1952年)

『ティファニーで朝食を』、『上流階級』、『百万長者と結婚する方法』など、上流階級への憧れを反映した映画が大流行し、ファッションマガジンに登場するモデルたちは冷たく傲慢なムードをまとっていた1950年代。そんな時代性からインスパイアされた香り『スノッブ』は、強いパーソナリティを感じさせる官能的なブレンドが特徴。スパイシーなアクセントが個性を引き出してくれます。
『スノッブ オーデパルファム』100ml ¥18,500

■4:爽やかで中性的な香り『ホィップ』(1953年)

イギリスではエリザベス2世が27歳で女王に即位し、N.Y.ではグッゲンハイム美術館がオープン、そして、オードリー・ヘプバーンが『ローマの休日』でスターになるなど、時代が大きく変化した1953年。そんな記念すべき年に生まれたのは、何色にも染まらない、フレッシュで可能性に満ちた若々しい香り『ホィップ』です。もともとメンズ用に調香された香りはパートナーとシェアしたり、リフレッシュしたいときにもオススメです。
『ホィップ オーデパルファム』100ml ¥18,500

当時の香りをできるだけ忠実に再現しつつも、現代的にアレンジし新たに蘇った名香の数々。一斉を風靡した一筋縄ではいかない魅惑的なブレンドは、「自分」という個性を大切にしたい女性におすすめです。かつての銀幕女優たちがそうであったように、自分らしくいられる香りを見つけてみてはいかがでしょうか。

※価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃